fc2ブログ

1841年の『それでも夜は明ける』

12 Years a Slave
12 Years a Slave(2013)134分

12 Years a Slave監督:スティーヴ・マックイーン 脚本:ジョン・リドリー
原作:ソロモン・ノーサップ『12(トゥエルブ)イヤーズ・ア・スレーブ
撮影:ショーン・ボビット 音楽:ハンス・ジマー
出演:ソロモン・ノーサップ / プラット:キウェテル・イジョフォー(立木文彦)、マイケル・ファスベンダー(宮内敦士)、ベネディクト・カンバーバッチ(宮本充)、ポール・ダノ(関雄)、ポール・ジアマッティ(西村太佑)、ルピタ・ニョンゴ(竹田まどか)、サラ・ポールソン(瀬田ひろ美)、ブラッド・ピット(成田剣)、アルフレ・ウッダード(伊沢磨紀)

Nefflixで観た。まだ合衆国が48州、南北戦争前の実話だと。自由黒人のバイオリニスト、ソロモンがワシントンで誘拐されて奴隷として南部に売られちゃう。どーゆーこと?なになに?ドッキリ?気付いたら人じゃなくて物になってた。名前はプラット。屈辱と忍耐の奴隷生活が、いつまで続くのか、気が重かった。唯一、バイオリン弾くシーンは安心して観てられる。奴隷暮らしは『マンディンゴ』ほどキツくなかったけど。

最初の主人カンバーバッチは悪い人じゃなかったけど、その下の監督官が鬼畜野郎だった。首吊りにされて生死の境を彷徨うが、周囲はまったくの日常。苦しいよー、このシーン何分続くんだよー。

殺される前に転売されたのは残忍な農場主マイケル・ファスペンダー。綿の収穫ノルマが果たせないと鞭打ち。害虫が出たら鞭打ち。農場一の収穫を誇る女奴隷パッツィーにも肉が裂けるまで鞭打ち。打つ度に吹き出す血煙。『パッション』かよ。ファスベンダーよりパッツィーに嫉妬を燃やすサラ・ポールソンが怖かった。
    関連映画
  • 奴隷制度を描いた映画は『ヤコペッティの残酷大陸』(1971)、『マンディンゴ』(1975)、『ドラム』(1976)、『アミスタッド』(1997)、『ハリエット』(2019)
関連記事

tag : 実話人種差別ドラマ拷問オスカーバイオレンス誘拐

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ