fc2ブログ

『ベン』

Ben
Ben(1972)94分

Ben border=監督:フィル・カールソン 脚本:ギルバート・ラルストン、スティーブン・ギルバート
撮影:ラッセル・メティ 音楽:ウォルター・シャルフ
出演:ダニー:リー・ハーコート・モンゴメリー(池田真)、クリフ・カートランド:ジョセフ・カンパネラ(羽佐間道夫)、ビリー・ハットフィールド:アーサー・オコンネル(内田稔)、ベス・ガリソン:ローズマリー・マーフィ(谷育子)、イブ・ガリソン:メレディス・バクスター(小山茉美)、ジョー・グリア:カズ・ガラス(中田浩二)、ウイラード:ブルース・デイヴィソン(古川登志夫)

『ウイラード』ほど画質よくなかった。特にタイトルバックの前作の映像がオプチカルで劣化してる。劇場で観たとき、続編だとは知らんかったから、ヘンな始まり方だなーって思った。その数年後、テレビで『ウイラード』見て、ラストであーーーってなった。

監督変わって、ぽかーんと見てる人たちのPANとか、意味なさげな演出が目立つけど、ダニー君とベンが仲良くなっていくのはちゃんと描かれてる。心臓の病気のダニー君にとってはベンだけが友達。ダニー君を見るベンの目が優しい。ほんとに通じ合ってるみたい。

姉ちゃんがダニーを追って下水に飛び降りてメガネ落とすとこがイイ。クライマックス、火炎放射器によるネズミ一掃大作戦。ネズミの群れはWラシだけどすごい迫力。駆除作業員にネズミが数匹くっついてるだけで苦しんでるのが情けない。血もないし。ネズミが飛んでくるのはスタッフが投げてる姿が浮かぶ。

そしてラスト3分、「ベンのテーマ」が流れる中、瀕死のベンがダニーの部屋に帰ったショットは涙がドバーッと。子供の頃もここで泣いた。

映像特典はリー・ハーコート・モンゴメリーの2017年のインタビュー。ネズミを火炎放射するシーンだけCGIだって言ってるけど、違うから!
    関連映画
  • ウイラード』(1971)の続編
  • タイトルバックは『ウイラード』(1971)のクライマックス
  • 『ウイラード』(1971)のラストからつながる
  • 『ゴッド・フード』(1989)の白いネズミはソクラテスのオマージュ

関連記事

tag : ホラースリラー警察

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ