fc2ブログ

『我が家の楽園』

wagayanorakuen.jpg
You Can't Take It with You(1938)126分

Suspicion監督:フランク・キャプラ 脚本:ロバート・リスキン
原作:ジョージ・S・カウフマン、モス・ハート『それを持っては行けない』
撮影:ジョセフ・ウォーカー 音楽:ディミトリ・ティオムキン
製作:フランク・キャプラ
出演:アリス:ジーン・アーサー(渡邉絵理)、マーティン・バンダーホフ:ライオネル・バリモア(村松康雄)、トニー・カービー:ジェームズ・スチュワート(鈴木貴征)、アンソニー・カービー:エドワード・アーノルド(小高三良)、エシー:アン・ミラー (小林美穂)

実業家が庶民を地上げしようとするけど、改心して庶民の仲間になる、スクルージっぽい喜劇。ジェームズ・スチュワートわっか!でも30歳かー。吹替えの声は違和感あった。

スチュワートとアーサーのロマンスはサイドストーリー。メインは実業家のカービーさんと無職のバンダーホフさんの交流。バンダーホフさんがすんごいいい人で、やりたいことして楽しく生きる人生を選んだ人。その影響で家族も自由奔放なおもしろ世帯。カービーさんは金儲け主義の経営者だけど、悪い人じゃない。

後半、奥さんとトニーとでバンダーホフ家を訪ねたとこから真骨頂。ドタバタからの全員逮捕。深夜法廷で『素晴らしき哉、人生!』パターン。バンダーホフさんが簡単に家を売ろうするのは謎。会議をほっぽり出したカービーさん、バンダーホフさんのアドバイスでハーモニカの二重奏「Polly Wolly Doodle 」のいいシーン。さて、何が起こるかな?人が集まって踊り出して大団円。おおー、これこそ楽園!どんなに稼いでも、お金は持っていけないから、大事なのは友達ってメッセージだけど、友達だって連れていけないよね。
関連記事

tag : コメディオスカークラシック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ