fc2ブログ

光るミルク『断崖』

Suspicion
Suspicion(1941)118分

Suspicion監督:アルフレッド・ヒッチコック 脚本:サムソン・ラファエルソン、アルマ・レヴィル、ジョーン・ハリソン
原作:フランシス・アイルズ『レディに捧げる殺人物語』
撮影:ハリー・ストラドリング 音楽:フランツ・ワックスマン
製作:デヴィッド・O・セルズニック
出演:ジョニー:ケーリー・グラント(家中宏)、リナ:ジョーン・フォンテイン(安藤麻吹)、ビーキー:ナイジェル・ブルース (矢嶋俊作)、マクレイドロウ:セドリック・ハードウィック(加藤治)、エセル:ヘザー・エンジェル(渡邉絵理) 、イソベル:オリオール・リイ(深沢エミ)

吹替版があったのでプライムで観た。家中宏のケーリー・グラントが軽すぎて、ニック・ストークスみたいで違和感あった。吹替用の字幕が出んかった。ヒッチによると「ハリウッドで撮った2作目のイギリス映画」だって。ヒッチは気に入ってないらしい。あんな豪華なセットじゃないくて普通の家で撮りたかったそうで。

初めて観たときはすげーよかったんだけど、このタイプは『疑惑の影』の方が全然イイな。『レベッカ』に続いてジョーン・フォンテインってのはやっぱ、不安定な心理芝居とか気に入ってたんだろーな。不安になったり安心したりまた不安になったり。グラントのお気楽すぎて胡散臭い感じはさすがで、コメディのノリの中で不審な視線移動を見せたり、終盤の殺人者モードへの変化とかやっぱすごいなと。

ヒッチはラストが気に入らず、フォンテインは毒入りミルク飲んで死なせたかったんだってね。オレは現状のラストの方がイイと思う。グラント怖いし。でもターゲットが奥さんじゃなくて自分だったわけで、ツイストになってて好き。
Suspicion
グラントがミルクを持って階段を上がってくるシーン。ミルクが目立つように電球を仕込んで光らせてる
    関連映画
  • 『スティーブ・マーティンの 四つ数えろ』(1982)
  • 『ローズマリーの赤ちゃん』(1968)でもスクラブルで気付く
  • 『ボーイ・ミーツ・ラブ』(2004)TVで『断崖』を放映
  • 『ロスト・ボディ』(2012)の毒入りのグラスワインを持って階段を上る
関連記事

tag : ミステリーコメディオスカークラシック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ