fc2ブログ

『パニック・イン・スタジアム』

panicinstadium.jpg
Two-Minute Warning(1976)115分

Gentleman's Agreement監督:ラリー・ピアース 脚本:エドワード・ヒューム
原作:ジョージ・ラ・フォンテイン
撮影:ジェラルド・ハーシュフェルド 音楽:チャールズ・フォックス
製作:エドワード・S・フェルドマン
出演:ホリー警部:チャールトン・ヘストン(納谷悟朗)、バトン隊長:ジョン・カサベテス(羽佐間道夫)、マッキーバー:マーティン・バルサム(藤本譲)、ラムゼイ:ボー・ブリッジス(藤井敏夫)、ルーシー:マリリン・ハセット (佐藤由美子)、スティーブ:デビッド・ジャンセン(小林勝彦)、サンドマン:ジャック・クラグマン(高木均) 、ジャネット:ジーナ・ローランズ(平井道子)、コッブ:ウォルター・ピジョン(松村彦次郎)、スーザン:パメラ・ベルウッド(弥永和子)、ジェフリー:ジョン・コークス(石丸博也)、グリーン:アラン・ミラー(仁内建之)、ディレクター:アンディ・シダリス(村松康雄)、ビッキー:ジュリー・ブリッジス(高島雅羅)

水曜ロードショー版(ヘストン:納谷悟朗、カサベテス:羽佐間道夫)と日曜洋画劇場版(ヘストン:佐々木功、カサベテス:田中信夫)が収録されてて、まずは水曜版で。原題は「残り時間2分」、邦題は『パニック・イン・テキサスタワー』(1975)に因んだんだろーな。TVの『特別狙撃隊SWAT』好きとしては、SWAT映画初登場を観たくてシネラマ名古屋に観に行った。

NFLの優勝決定戦が行われた日曜日の話。犯人はPOVメインで顔はハッキリ見せないサスペンス。ヘストンは空撮映像を見てスナイパーの銃は30連マガジン付きの改造レミントン742ライフルだと見抜く。さすが全米ライフル協会会長!カサベテスのバトン隊長がテキパキと隊員に指示するのがカッコイイ。SWATは定番のM16だけど、Uzi持ってる隊員もいた。犯人を射殺したヘストン警部の銃はS&WのM15。

「Kiss My Ass!」が吹替えで「何さこの見掛け倒し!」だけど字幕だと「お尻にキスして」になってたw

NFLが許可しなかったんで「スーパーボウル」になってないけど、反省したのか『ブラック・サンデー』(1977)では許可してた。ジェフ・ブリッジス若いなあーって思ったら兄さんのボー・ブリッジスだった。

NBCのTV版はサイドストーリーの追加撮影で30分長くて、狙撃犯の強盗シーンや動機も描かれてる。45分短いネットワーク版は追加撮影を生かして劇場版を半分カット。
    関連映画
  • モブのパニックシーンは『ザ・デイ・アフター』(1983)で使用された
  • スタジアムでのスポーツイベントで無差別殺人は『ブラック・サンデー』(1977)、『サドン・デス』(1995)、『パニック・イン・スタジアム'99』(1998)、『ファイナル・スコア』(2018)
  • 邦題は『パニック・イン・テキサスタワー』(1975)から

関連記事

tag : 警察スナイパーSWAT吹替えLA

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ