fc2ブログ

『紳士協定』

Gentleman's Agreement
Gentleman's Agreement(1947)118分

Gentleman's Agreement監督:エリア・カザン 脚本:モス・ハート
原作:ローラ・Z・ホブソン『紳士協定』
撮影:アーサー・C・ミラー 音楽:アルフレッド・ニューマン
製作:ダリル・F・ザナック
出演:フィル・グリーン:グレゴリー・ペック、キャシー:ドロシー・マクガイア、デイブ:ジョン・ガーフィールド、アン:セレステ・ホルム 、グリーン夫人:アン・リヴィア 、エレイン:ジューン・ハボック、ジョン:アルバート・デッカー 、ジェーン:ジェーン・ワイアット、トミー・グリーン:ディーン・ストックウェル

プライムで観た。アカデミー作品賞・監督賞受賞ってゆーエリア・カザンの代表作なのに観てなかった。ユダヤ人差別の映画って珍しい。反ユダヤ主義を扱うのタブーだったんだろうな、それこそ紳士協定。反ユダヤ主義についての連載を書きにNYにやって来たフィル。そのために自分がユダヤ人と偽って取材開始。暴力を受けるわけではないけど、あれ?小馬鹿にされてる…みたいな。

婚約者のキャシーと口論になるシーンが2つあってヒヤヒヤ。反ユダヤ否定派同士でも違いがあるんだなー。それをデイブがキャシーに解いてくれるのでわかりやすかった。要するにユダヤ人差別に反対の立場でも、思ってるだけじゃだめ。声に出して否定しなければ意味はない、沈黙は反ユダヤ主義を肯定してるのと同じってこと。大事なのは戦うこと。

明るい希望を予感するラスト。狭心症の母さんも「まだ死ねない、世界が変わる、世界中の人が平等になる新世紀、その最初だけでも見届けるまでは生きる」って、力強いわー。
関連記事

tag : ドラマNYオスカー人種差別クラシック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ