fc2ブログ

1984年の『サマー・オブ・84』

Summer of 84
Summer of 84(2018)106分

Summer of 84監督:フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル
脚本:マット・レスリー、スティーヴン・J・スミス
撮影:ジャン=フィリップ・ベルニエ 音楽:ル・マトス
出演:デイビー:グラハム・ヴァーチャー(小林裕介)、イーツ:ジュダ・ルイス(永塚拓馬)、ウッディ:ケイレブ・エメリー(新田大地)、ファラデイ:コリー・グルーター=アンドリュー(平井貴大)、ニッキー:ティエラ・スコビー(沼田智佳)、マッキー:リッチ・ソマー(長野伸二)、ランドール:ジェイソン・グレイ=スタンフォード(西田翔一)、シーラ:ショーナ・ヨハンセン(水瀬郁)、ランダル:ジェイソン・グレイ=スタンフォード(西田翔一)、コルドウェル:ウィリアム・マクドナルド(青山哲志)、カイル:アレン・ブーフホルツ(高塚智人)、ブレンダ:スージー・カスティーロ(森原悟子)

Netflixで見た低予算カナダ映画。タイトルから『処刑教室』(Class of 1984)が浮かんだけど『おもいでの夏』(Summer of '42)だった。『フライトナイト』のバンパイアをシリアルキラーにしたような話。デイビーくんはマッキー警官が犯人だと確信して友達3人と証拠探し。自分たちが危険な目にあう。携帯電話もインターネットもない時代、80年代映画風な作りはよかったけど、なんか夏っぽくないのが惜しい。それにしても気の毒なウッディ。

ラストは犯人逮捕で安心して眠ったところを脱獄した犯人に襲われてブッ殺されて目が覚める、でもよかった。

Summer of 84
    関連映画
  • タイトルは『おもいでの夏(Summer of '42)』(1971)から
  • 近所の人を犯人と疑うのは『フライトナイト』(1985)
  • クローゼットに『ターボキッド』(2015)のスタチュー
  • デイビーはウッディと『未知との遭遇』(1977)を見ようとする
  • デイビーの部屋に『恐怖の火あぶり』(1979)のポスター
  • クラブハウスに『遊星からの物体X』(1982)のマクレディのウイスキー瓶
  • 観に行くなら『ジェダイの復讐』(1983)より『グレムリン』(1984)
  • ホラーテイストな少年グループは『グーニーズ』『エクスプロラーズ』(1985)『スタンド・バイ・ミー』(1986)『ドラキュリアン』『ロストボーイ』(1987)『SUPER8/スーパー8』(2011)『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』(2017)
関連記事

tag : クライム殺人鬼チーム1980sミステリー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ