ゾンビランド

Zombieland(2009)88分

zombieland.jpgヒューマントラスト渋谷は初めての劇場。売店のポップコーン、ホットドッグ、ポテトがうまそーだった。15時の回、すいとったけど、なぜかオッサンが目立った。

オープニングタイトルのスーパースローがすげえ。そんだけ。あ、406はちょっと萌えるけど。「ショーン・オブ・ザ・デッド」にインスパイアされたそうだが演出にセンスがない。ゾンビ好きが作った映画ではないので、ロメロへのリスペクトもない。ゾンビ設定は「28日後...」を参考にしてるので死者でなく感染者。それはいいんだけど、道中、遠景にゾンビの姿はない。

ウディ・ハレルソンのおかげでロードムービーにつきあっていけるし、ビル・マーレイの家で本人とゴーストバスターズごっこなんてめっちゃ楽しいけど,コメディ映画としてもゾンビ映画としても満足できんかった。

目指すは西の果てパシフィックランド。ゾンビがいない場所を目指すのはロメロの「サバイバル・オブ・ザ・デッド」と同じだが、この遊園地にゾンビがいない根拠はない。楽しいゾンビ狩りの舞台としては面白かったけどサスペンスはない。生き延びたところで名乗るのは「プレデターズ」もそうだったな。

ゾンビランドで生き残るためのルールは「怒りの荒野」でのガンマンの心得に通じるものがあるが、32のルールのうちたった10しかでてこないのは残念すぎる。だったら最初から10カ条でいいじゃん。

tag : ホラー コメディ ロードムービー ゾンビ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示