fc2ブログ

『太陽を盗んだ男』

The man who stole the sun
太陽を盗んだ男(1979)147分

The man who stole the sun監督:長谷川和彦 脚本:長谷川和彦、レナード・シュレイダー
原案:レナード・シュレイダー
撮影:鈴木達夫 音楽:井上尭之
製作:キティ・フィルム
出演:沢田研二、菅原文太、池上季実子、北村和夫、神山繁、佐藤慶、伊藤雄之助、風間杜夫、小松方正、水谷豊、西田敏行

1979年は上京した年。この映画を見たのは83年にテレ東でOAされた時なので、映画の舞台となった新宿・渋谷に大きな変化もなく。それが41年後に見てみると上京当時の東京に「うわーーーー」ってなる。懐かしすぎるよね。しかもノーカットで見たのはおそらく初めて。そしてやっぱり面白い!ゴジ組は逮捕覚悟のゲリラ撮影も厭わず。今じゃ絶対撮れない映画。

山下警部(菅原文太)とゼロ(池上季実子)が警視庁の屋上で豚汁食うシーンがある。2人とも「とんじる」でなくて「ぶたじる」って言ってる。そうだ、昔は「ぶたじる」言ってた。今は言わないよね。いつから「とんじる」になったんだろう?

太陽を盗んだ男
新宿ピカデリーで『スーパーマン』(1978)上映中。隣の新宿松竹では『男はつらいよ 翔んでる寅次郎 』(1979)、大ガードに緑の山手線。近くの喫茶店のガラスにミラノ座の『ハリケーン』(1979)の看板。城戸先生が潜む渋谷の東急百貨店本店

太陽を盗んだ男
歌舞伎町ヒューマックスビル。4Fにあるディスコ「ニューヨークニューヨーク」懐かしい!新宿座に『闇の狩人』(1979)の看板。スッキリ西新宿。城戸先生が歩いてるのはコマ劇場前(現在のTOHOシネマズ新宿)

太陽を盗んだ男
城戸先生はタバコ屋でハイライトを買う。菅原文太の山下警部もハイライト。ブンタなのにセブンスターじゃなかった

太陽を盗んだ男
ストーンズの初来日、武道館公演決定を伝える新聞。「マリファナ」は不問。実際は11年後の東京ドーム

陽を盗んだ男
菅原文太はヘリの高さは2mにしてくれと。それじゃあアオリで撮れないから5mは欲しいよね。本番は7m。それでもしっかり芝居してる!ヘリから飛び降りるショットはスタントマン
    関連映画
  • 城戸がTVで見てたのは『ウルトラマンレオ』(1974)
  • 城戸が口ずさんでいたのは『鉄腕アトム』(1963)の主題歌
  • 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009)で本作の主題歌を使用
  • 『ドキドキ!プリキュア』(2013)の城戸先生は本作から
関連記事

tag : クライムアクション警察ヘリ場所昭和日本

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ