fc2ブログ

『search/サーチ』

searching
searching(2018)97分、1.85 : 1

searching監督:アニーシュ・チャガンティ 脚本:アニーシュ・チャガンティ、セヴ・オハニアン
撮影:フアン・セバスティアン・バロン 音楽:トリン・バロウデイル
VFX:The LaB、ライジング・サン
出演:デビッド・キム:ジョン・チョー(浪川大輔)、ローズマリー・ヴィック:デブラ・メッシング(岡田恵)、マーゴット・キム:ミシェル・ラー(内山茉莉)、ピーター・キム:ジョセフ・リー(寸石和弘)

Netflixで見た。めちゃめちゃ面白かった。娘の失踪を巡るミステリーとしてよくできてるし、見せ方もうまい。こーゆーストーリー展開、好きなパターン。しっかりプロット・ツイスト。人物配置もうまくて伏線たっぷり。しかも2台のMacBook上で見せてスリリング。吹替えでも字幕も出して見るべき。

アンフレンデッド』(2015)のような全編がMacのデスクトップじゃないし、リアルタイムでもなかった。イントロは伏線としてWindows XPで数年、ここの時間経過の見せ方がうまい。

そして現在。Macになって失踪から5日の出来事。ニュース映像も組み込んでる。実在のWEBサイト、実在のサービス、実在のアプリケーションを駆使するので身近に感じる。ニュース番組のTV局や主人公の勤務先も実在。でも中身の素材は全部作ってある。葬儀サイトやバナー広告は架空。

QuickTime 7を使ってたことと、システム終了しようとするのが気になった。
    関連映画
  • 続編は『search/サーチ2』(2023)
  • 全編PC画面で進行する映画は『アンフレンデッド』(2015)、『ブラック・ハッカー』(2014)
  • facebookにあるローラ・バーンズは『アンフレンデッド』(2015)のキャラクター
  • ローズマリー・ビック刑事の名前は『ローズマリーの赤ちゃん』(1968)と『ザ・シールド ルール無用の警察バッジ』(2002)から
  • ローズマリー刑事の実績にあったマーリーとハリー&マーブは『ホーム・アローン』(1990)から
関連記事

tag : Apple警察救出ミステリーツイスト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ