fc2ブログ

『音楽』

音楽
音楽(2020)71分

音楽監督・脚本・絵コンテ・キャラクターデザイン・作画監督・美術監督:岩井澤健治
原作:大橋裕之「音楽 完全版」
撮影:名嘉真法久
音楽:伴瀬朝彦、剣持学人(GRANDFUNK)、澤部渡
出演:研二:坂本慎太郎、亜矢:駒井蓮、太田:前野朋哉、朝倉:芹澤興人、森田:平岩紙、髪ハネ:山本圭祐、マッシュルーム:大山法哲、大場:竹中直人

面白かった。ブッ飛んでて面白かった。登場人物がみんなイイ。ベタなロトスコープが新鮮でイイ。1秒12枚全原画みたいな迫力ある。シンプルなキャラが生々しくっていい感じ。楽器描くの大変だし、よくがんばったなー。

研二が笛吹きながら階段を駆け上がるカットは笑った。これはロトじゃなきゃ出せない。ライブ感はすげー出てた。カッコイイ。ロトじゃないカットもちょっとだけある。森田が古武術の曲を聞いたときのイメージは強烈だった。

人物はともかくたっぷりとった間や歩きのリピートが見てられる。背動がダイナミック。一部トレスしてない部分があった。タバコの煙が逆シートになってるのはなんでだろう。撮影ミスかな。ブラーの描き方はイマイチ。

続きを読む

tag : アニメーションチーム

『ウェンズデー』

ウェンズデー
Wednesday (2022)シーズン1全8話

Wednesdayショーランナー:アルフレッド・ガフ、マイルズ・ミラー
監督:ティム・バートン、ガンディア・モンテーロ、ジェームズ・マーシャル
脚本:アルフレッド・ガフ&マイルズ・ミラー、ケイラ・アルパート、エイプリル・ブレア
原作:チャーリー・アダムス「アダムス・ファミリー 」
撮影:デヴィッド・ランゼンバーグ、ステファン・ペーアソン
音楽:ダニー・エルフマン、クリス・ベーコン
VFX:ロケット・サイエンスVFX
出演:ウェンズデー・アダムス/グッディ・アダムス:ジェナ・オルテガ(遠藤瑠菜)、イーニッド:エマ・マイヤーズ(天野心愛)、タイラー:ハンター・ドーハン(岩中睦樹)、ゼイヴィア:パーシー・ハインズ・ホワイト(熊谷健太郎)、ウィームス校長:グウェンドリン・クリスティ(きそひろこ)、ガルピン保安官:ジェイミー・マクシェーン(増元拓也)、ソーンヒル先生:クリスティーナ・リッチ(小島幸子)、 キンボット博士:リキ・リンドホーム(園崎未恵)、ビアンカ:ジョイ・サンデー(高梁りつ)、エイジャックス:ジョージー・ファーマー(野津山幸宏)、ユージーン:ムーサ・モスタファ(永竹功幸)、ヨウコ:ナオミ・J・オガワ、ローワン:カラム・ロス(善養寺恭平)、モーティシア・アダムス:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(深見梨加)、ゴメス・アダムス:ルイス・グスマン(辻親八)、パグズリー・アダムス:ルイス・グスマン(永竹功幸)、フェスターおじさん:フレッド・アーミセン、ハンド:ビクター・ドロバントゥ

『アダムス・ファミリー』のキャラを使ったNetflixの学園ホラーミステリードラマ。『アダムス・ファミリー』に思い入れはないけど、このドラマはめっちゃよかった!全8話中、前半の4話までは監督がティム・バートン!細部まで贅沢にできてた。今年最高のドラマ。

両親の母校に編入されたウェンズデーが、幻視能力を使って殺人クリーチャーの正体を探る。クリーチャーデザインもティム・バートン。カッコイイ。ウェンズデーのキャラが超個性的で秀逸だね!冷酷で絶対友達いないタイプだけど、友達ができていく。遠藤瑠菜の吹替えがピッタリハマってる。1話でチェロを弾いてて、曲が「黒くぬれ」だと気づいて鳥肌たった。4話のダンスパーティーでのダンス、超カワイかった!振り付けはジェナ・オルテガ自身とのこと。

7話でちょっとだけ笑顔を見せる。
ウェンズデー

ネバーモアは「のけ者」と呼ばれる人型クリーチャー専門の高校なので、Xマンションをゴシックにしたいい雰囲気。ルームメイトのイーニッドちゃんは、変身できない人狼だけど、明るくて友達思いでウェンズデーと真逆のすんごいイイ子。校長と先生が191cmのグウェンドリン・クリスティと153cmのクリスティーナ・リッチで夢の競演。

ピルグリム・ワールドで「魔女裁判やってるよー、1日2回、2時と4時」

続きを読む

tag : ホラークライムクリーチャーミステリーコミック復讐保安官NetflixTVシリーズ学校

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル』

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル
The Guardians of the Galaxy Holiday Special(2022)44分

The Guardians of the Galaxy Holiday Special監督・脚本:ジェームズ・ガン
撮影:ヘンリー・ブラハム 音楽:ジョン・マーフィー
VFX:フレームストア、SPI、ロデオFX、ILM
アニメーション:Stoopid Buddy StoodiosStudio Moshi
出演:ピーター・クイル/スター・ロード:クリス・プラット(山寺宏一)、ドラックス:デイヴ・バウティスタ(楠見尚己)、マンティス:ポム・クレメンティエフ(秋元才加)、ロケット:ブラッドリー・クーパー(加藤浩次)、グルート:ヴィン・ディーゼル(遠藤憲一)、ネビュラ:カレン・ギラン(森夏姫)、クラグリン・オブフォンテリ:ショーン・ガン(土田大)、ヨンドゥ:マイケル・ルーカー(立木文彦)、コスモ:マリア・バカローヴァ(悠木碧)、ケヴィン・ベーコン:ケヴィン・ベーコン(安原義人)

MCUフェーズ4最後の作品で、ジェームズ・ガンがMCUに戻ってきたー。めっちゃよかった!笑って泣ける!ドラックスとマンティスのコンビ、オモロイ。ケヴィン・ベーコンを拉致するシーン笑える。ケヴィン・ベーコンの「Here It Is Christmastime」のシーンは感動した。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル

ピーターの少年時代の回想はロトスコープ。Flashだと思うけど、あんましうまくない。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル

続きを読む

tag : MCUヒーロークリスマスチーム

『陰謀論のオシゴト』パート2

Inside Job
Inside Job(2022)パート2全8話

Inside Jobショーランナー:シオン・タケウチ
キャラクターデザイン:ノーリー・キム 作画監督:マイケル・バース
制作:ジャム・フィルド・エンターテイメント
出演:レーガン・リドリー:リジー・キャプラン(清水理沙)、ランド・リドリー:クリスチャン・スレイター(梅津秀行)、ブレット・ハンド:クラーク・デューク(KENN)、JR・シャインポー:アンドリュー・デイリー(中根徹)、アルファベータ:(中野泰佑)、マイク:ブレット・ゲルマン(中務貴幸)、ジジ:ティシャ・キャンベル(福原綾香)、グレン・ドルフマン:ジョン・ディマジオ(吉田勝哉)、アンドレ:ボビー・リー(谷口悠)、評議会男:(岡田雄樹)、ロン・スタッドラー:アダム・スコット(宮崎遊)、モスマン:ロン・ファンチェス(高橋英則)、ケイト:チェリ・オテリ(葉瀬ふみの)、ノエル:アレックス・ハーシュ(大下昌之)、タミコ・リドリー:スージー・ナカムラ(葉瀬ふみの)、キアヌ・リーブス:ロジャー・クレイグ・スミス(時永ヨウ)

Netflixでパート2、吹替えで観た。作画がうまいので見入っちゃう。絵の密度はこんくらいが観やすい。なにがうまいって日常芝居がうまい。ハンドアクション含めて。表情もうまい。オーバーアクトでもなく感情表現が豊か。ただ、歩きでモーショントゥイーン?してるのが気持ち悪い。なんで3コマ打ちに変換しないんだろう。Harmonyだけど。

insidejob1.jpg
2話のキアヌ、笑ったー。レオもヴァンパイア。後半は新しいタイムラインがじゃんじゃん増殖して修復する展開。8話でエア・バディが出てきた!こいつを生かしたせいで犬の惑星になるかも?ってクリフハンガー。

続きを読む

tag : NetflixアニメーションコメディミッションバンパイアTVシリーズ

『キャシアン・アンドー』

andor.jpg
Andor(2022)シーズン1全12話

Star Wars: Tales of the Jedi監督:トニー・ギルロイ、スザンナ・ホワイト、ベンジャミン・カロン
脚本:トニー・ギルロイ、ダン・ギルロイ、ボー・ウィリモン、ステファン・シフ
原案:トニー・ギルロイ 原作:ジョージ・ルーカス『スター・ウォーズ』
音楽:ケヴィン・カイナー
撮影:アドリアーノ・ゴールドマン、フランク・ラム、ダミアン・ガルシア、ジョナサン・フリーマン
制作:ルーカスフィルム
出演:キャシアン・アンドー:ディエゴ・ルナ(加瀬康之)、ルーセン・レイエル:ステラン・スカルスガルド(菅生隆之)、モン・モスマ:ジュネヴィーヴ・オーライリー(さとうあい)、デドラ・ミーロ:デニース・ゴフ(浅野まゆみ)、シリル・カーン:カイル・ソラー(小林親弘)、ビックス・カリーン:アドリア・アルホナ(米田えん)、パータガス少佐:アントン・レッサー(高岡瓶々)、キノ・ロイ:アンディ・サーキス(相沢まさき)、ソウ・ゲレラ:フォレスト・ウィテカー(立木文彦)、クレヤ:エリザベス・デュラウ(佐古真弓)、B2EMO:デイヴ・チャップマン(長谷川敦央)、マーヴァ・アンドー:フィオナ・ショウ(一柳みる)
ブラッソ:ジョプリン・シブテン(広田みのる)、モスク:アレックス・ファーンズ(駒谷昌男)、メルシ:ダンカン・パウ(ふくまつ進紗)、クレム・アンドー:ギャズ・ビードル(小山剛志)、ネミック:アレックス・ローサー(朝比奈拓見)、シンタ:ヴァラダ・セィスー(千種春樹)、コーヴ:ヌーフ・オウセラム(田村真)、ブレヴィン:ベン・ベイリー・スミス(福田賢二)、ラグレット:マイケル・ジェン(佐瀬弘幸)、ロニ・ヤング:ロバート・エムズ(藤高智大)、ペリン:アラステア・マッケンジー(ボルケーノ太田)、ヴェル:フェイ・マーセイ(ニケライ・ファラナーゼ)、イーディ・カーン:(伊沢磨紀)、ジェンボック:(かぬか光明)、ターガ:トム・リード(関雄)、ゾール:ジョセフ・デイビーズ(板倉光隆)、テイ・コルマ:ベン・マイルズ(斧アツシ)、ダヴォ・スカルダン:リチャード・ディレイン(原康義)、リーダ:ブロンテ・カーマイケル(神戸光歩)

なんともSW感が薄いドラマだった。フェリックスやアルダニは地球と変わらん。近代的な部分は『THX 1138』や『フェイス/オフ』っぽい。異星人おらんしドロイド少ない。レジスタンスもの戦争ドラマとしては面白かった。

モン・モスマの家庭の事情は知りたくなかった。なんかイメージと違った。セレブなオバハンぶりが。中盤『ナバロンの嵐』みたいなミッションものが一番面白かった。刑務所で手作りしてたのはスーパーレーザーの部品だったのは予想通り。『ローグ・ワン』までの道のりは遠い。来年のシーズン2でつながるかな?

続きを読む

tag : スターウォーズ宇宙船TVシリーズDisney+ミッション

『嵐を呼ぶ男』

嵐を呼ぶ男
嵐を呼ぶ男 (1966) 95分

Disenghanted監督:舛田利雄 脚本:池上金男
原作:井上梅次
撮影:萩原憲治 音楽:伊部晴美
製作:日活
出演:国分正一:渡哲也、福島美弥:芦川いづみ、寺本比佐子:太田雅子、立花公子:橘和子、牧村阿矢:由美かおる、国分英次:藤竜也、チャーリー桜田:山田真二、国分貞子:山岡久乃、左京徹:内田稔、持永:藤岡重慶、バンドメンバー:杉良太郎、木下雅弘、杉山元、ジャズシンガー:朝丘雪路、国分健作:宇野重吉

APVで観た。裕次郎版のリメイク。よかった。渡哲也、藤竜也、山岡久乃、宇野重吉、みんな若いねー。渡哲也のやさぐれ感がカッコいい。武闘派の本領を発揮したケンカシーンも迫力あった。ドラム合戦前夜の襲撃で右手負傷、スティック落としてアドリブで歌い出すのは怪我の功名。

その後ジャンゴみたいに右手を潰されちゃってドラマー人生を絶たれるが「正ちゃんには歌があるわ!」そういえば『続・荒野の用心棒』と同じ年。弟は作曲家でなくレーサーで、その彼女は11PM時代の由美かおる。レースシーンは船橋サーキット。へー、船橋にあったんだー。父親は生きてて息子たちを応援する。

続きを読む

tag : アクション格闘兄弟リメイク

『魔法にかけられて2』

魔法にかけられて2
Disenghanted (2022) 119分

Disenghanted監督:アダム・シャンクマン 脚本:ブリジット・ヘイルズ
原案:ビル・ケリー
撮影:サイモン・ダガン 音楽:アラン・メンケン
製作:バリー・ソネンフェルド&バリー・ジョセフソン、エイミー・アダムス
出演:ジゼル:エイミー・アダムス(木村聡子)、モーガン:ガブリエラ・バルダッチーノ(田中なずな)、ロバート:パトリック・デンプシー(根本泰彦)、ナンシー:イディナ・メンゼル(林真里花)、エドワード:ジェームズ・マースデン(畠中洋)、マルヴィーナ:マーヤ・ルドルフ(島田歌穂)、ピップ:グリフィン・ニューマン(岩田光央)、ロザリーン:イヴェット・ニコール・ブラウン(鶏冠井美智子)、ルビー:ジェイマ・メイズ(おまたかな)、巻物:アラン・テュディック(三上市朗)、タイソン:コルトン・スチュワート(八代拓)

出だしのアンダレーシアに入ってくカットすげえ。あとはつまらんかった。だってタイトルが「Disenchanted(幻滅した)」だもん、そりゃ観たら幻滅するわ。前作の足元にも及ばんダメな続編。テスト試写で評価が悪くて、再撮影したんだけど、劇場公開は無理だった。エイミー・アダムスの二重人格演技が印象に残る程度。

続きを読む

tag : ファンタジーアニメーションコメディハイブリッド魔法ミュージカル続編

『シン・ウルトラマン』

シン・ウルトラマン
シン・ウルトラマン(2022)93分

シン・ウルトラマン監督:樋口真嗣 企画・脚本・コンセプトデザイン・総監修:庵野秀明
撮影:市川修、鈴木啓造 音楽:宮内國郎、鷺巣詩郎
デザイン:前田真宏、山下いくと、竹谷隆之
光学作画:飯塚定雄 VFX:白組
ウルトラマン / 禍威獣 / 外星人 オリジナルデザイン:成田亨
制作:TOHOスタジオ、シネバザール
製作:円谷プロダクション、東宝、カラー
出演:神永:斎藤工、浅見:長澤まさみ、滝:有岡大貴、船縁:早見あかり、宗像 :田中哲司、田村:西島秀俊、小室防災大臣:岩松了、狩場防衛大臣:益岡徹、早坂陸自戦闘団長:長塚圭史、大隅総理大臣:嶋田久作、中西誠一:山崎一、公安課加賀美:和田聰宏、政府の男:竹野内豊、内閣官房長官:堀内正美、首相補佐官:利重剛、メフィラス:山本耕史、ウルトラマン:古谷敏(モデル)、高橋一生(声)、ゾーフィ:山寺宏一、ザラブ:津田健次郎

Amazon Prime Videoに入ったので、好きな前半だけ観るつもりだったけど、結局最後まで観ちゃった。

続きを読む

tag : 怪獣リメイクエイリアンヒーローバディ侵略自衛隊チーム

『ゴジラvsキングギドラ』

ゴジラvsキングギドラ
ゴジラvsキングギドラ(1991)103分

Godzilla vs. King Ghidora監督・脚本:大森一樹 特技監督:川北紘一
製作:田中友幸
撮影:加藤雄大 音楽:伊福部昭
出演:エミー・カノー:中川安奈、寺沢健一郎:豊原功補、三枝未希:小高恵美、森村千晶:原田貴和子、土橋竜三:小林昭二、真崎洋典:佐々木勝彦、ウィルソン:チャック・ウィルソン、グレンチコ:リチャード・バーガー、林田首相:山村聡、新堂の秘書:吉満涼太、防衛庁長官:佐原健二、航空幕僚長:黒部進、M11:ロバート・スコット・フィールド、藤尾猛彦:西岡徳馬、新堂靖明:土屋嘉男

Netflixで観た。前作がよかったし、キングギドラってことで当時はめちゃくちゃ期待して観に行って、めちゃくちゃがっかりした。31年ぶりに観たけど、現実離れした話だし、安っぽい。白昼バトルにしたのは偉いけど。ラゴス島の自然光シーンはよかった。

キングギドラの地面影はマスク切ってなくて雑だし、光線にパワーがない。メーサーの光線作画もアニメっぽい。ドラットがソフビにしか見えないし、未来っぽくするためかドア開閉のSEがピロロロだったり、M11の走りがケムール人だったり、もうキリがない。

続きを読む

tag : 怪獣シリーズSci-Fi続編潜水艦WWIIタイムトラベルサイボーグ自衛隊航空機

『ゴジラvsビオランテ』

ゴジラvsビオランテ
ゴジラvsビオランテ(1989)105分

Godzilla vs. Biollante監督・脚本:大森一樹 特技監督:川北紘一
原案:小林晋一郎 製作:田中友幸
撮影:加藤雄大 音楽:すぎやまこういち、伊福部昭
出演:桐島一人:三田村邦彦、大河内明日香:田中好子、黒木翔:高嶋政伸、三枝未希:小高恵美、SSS9:マンジョット・ベディ、白神英理加:沢口靖子、山本技術部長:永島敏行、大和田圭子官房長官:久我美子、小山実防衛庁長官:中田博久、竹田科学技術研究部長:佐々木勝彦、山地統幕議長:上田耕一、権藤吾郎:峰岸徹、大河内誠剛:金田龍之介、白神源壱郎:高橋幸治、スーパーX2オペレーター:豊原功補、鈴木京香、TNNテレビのレポーター:相楽晴子

Netflixにあったので、超久々に観た。当時もすげえと思ったが、今観るともっとすげえ。よく作り込んでる。70ミリフィルムを使った芦ノ湖のPANする合成は今でも見応えあるし、透過光もこの頃までは控えめで好感。本編もよくできてて、セリフで説明しないで映像で見せる。

ゴジラと自衛隊との戦いがしっかり入ってて好き。大量の護衛艦、大量のヘリ。特にサンダービーム作戦、絵作りがすんごくイイ。メーサー車が壮観だし、広角での車両配置が絶妙。

ただ、ビオランテから出てくる沢口靖子だけは勘弁してほしい。強烈な違和感。あと、峰岸徹カッコつけすぎ。

続きを読む

tag : 怪獣シリーズ続編自衛隊

『アイス・ロード』

アイス・ロード
The Ice Road(2001)98分

The Ice Road監督・脚本:ジョナサン・ヘンズリー
撮影:トム・スターン 音楽:マックス・アルジ
出演:マイク・マッキャン:リーアム・ニーソン(谷昌樹)、ジム・ゴールデンロッド:ローレンス・フィッシュバーン、トム・ヴァルナイ:ベンジャミン・ウォーカー(虎島貴明)、タントゥ:アンバー・ミッドサンダー(田村睦心)、ガーティ・マッキャン:マーカス・トーマス(松川裕輝)、レネ・ランパード:ホルト・マッキャラニー、コディ:マーティン・センスマイヤー、シックル:マット・マッコイ、トマソン:マット・サリンジャー

本国ではNetflix映画。Amazon Prime Videoで観た。鉱山事故で生き埋めになった作業員を助けるために、25トンの装置を3台のトラックで湖の氷上を運ぶ。3台のうち、1台でも到着すればいいんだが、早々に2台沈んじゃう。

『恐怖の報酬』なんだけど、スリル不足。もっとハラハラさせてほしかった。爆破したり横転したりしても割れんもんだなー。タイヤチェーン装着や、横倒しから起こすとこがよくわからん。橋渡りもあったけど、困難さが足りない。渡りきったとこで崩落するけど、後から来たリーアムはどーやって渡ったのか?

雪崩を起こすのも仕掛けたダイナマイト1箇所なのに、3箇所で爆発する謎。リーアム・ニーソンとベンジャミン・ウォーカーの格闘がやたら長い。

続きを読む

tag : アクションチェイス冒険スリラー救出兄弟ミッション

『DAGON』

ダゴン
Dagon(2001)98分

Dagon監督:スチュアート・ゴードン 脚本:デニス・パオリ
原作:ハワード・フィリップス・ラヴクラフト「インスマウスの影」
撮影:カルロス・スアレス 音楽:カルレス・カセス
特殊メイク:DDT VFX:FILMTEL S.A
製作:ブライアン・ユズナ、フリオ・フェルナンデス
出演:ポール:エズラ・ゴッテン、バーバラ:ラクエル・メロノ、ウシア・カンバラ:マカレナ・ゴメス、エゼキエル:フランシスコ・ラバル、ヴィッキー:ビルギット・ボーファラル、ハワード:ブレンダン・プライス

APVにあった!製作年が2022年になってるけど、2001年のスチュアート・ゴードン版。初めて観た。かなりよかった!ヨットが座礁して、ポールとバーバラが助けを求めにスペインの港町インボッカへ。ホテルの汚さったらもう最悪。無口な住民は不気味すぎ。鱗があったり、エラがあったり、水かきがあったりで魚人のなり損ない。邪神ダゴンを崇める邪教集団。バーバラを拉致。こんなことになった伝説が中盤で語られる。

ダゴン
巫女のウシアは人魚かと思いきや、下半身はイカの足のイカ娘。この娘が妖艶で美しい!イカだけど。スペインの女優で当時23歳、これが映画デビュー作。親父の司祭は相当なクリーチャー。吸盤男オクトマンよりキモくてブランドルフライみたいなグロさ。

ダゴン
クライマックスは生贄の儀式。「いあいあ、くとぅるふ、ふたぐん」血だらけのバーバラが全裸で吊るされて井戸に降ろされる!『死霊のしたたり』のバーバラ・クランプトンを彷彿する阿鼻叫喚。井戸の底にはダゴン。一瞬しか見せないのがいい。ボディカウントは17人。バジェットは€4,200,000(約6億円)なので『フロム・ビヨンド』と同程度。にしちゃ、完成度高い。

続きを読む

tag : ホラーファンタジークリーチャー救出

『スクリーム』5

スクリーム
Scream(2022)114分

Scream監督:マット・ベティネッリ=オルピン、タイラー・ジレット
脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト、ガイ・ブジック
原作:ケヴィン・ウィリアムソン
撮影:ブレット・ジュトキェヴィッチ 音楽:ブライアン・タイラー
出演:シドニー・プレスコット:ネーヴ・キャンベル(根谷美智子)、ゲイル・ウェザーズ:コートニー・コックス(佐々木優子)、デューイ・ライリー:デヴィッド・アークエット(宮本充)、サム・カーペンター:メリッサ・バレラ(内田真礼)、リッチー・キルシュ:ジャック・クエイド(平野潤也)、アンバー・フリーマン:マイキー・マディソン(木下紗華)、タラ・カーペンター:ジェナ・オルテガ(逢田梨香子)、ウェス・ヒックス:ディラン・ミネット(上住谷崇)、ミンディ・ミークス・マーティン:ジャスミン・サボイ・ブラウン(杉山里穂)、チャド・ミークス・マーティン:メイソン・グッディング(須藤翔)、リヴ・マッケンジー:ソニア・ベン・アマル(田野アサミ)、ジュディ・ヒックス保安官:マーリー・シェルトン(甲斐田裕子)、ビリー・ルーミス:スキート・ウールリッチ(三木眞一郎)、マーサ・ミークス:ヘザー・マタラッツォ(米倉希代子)、ゴーストフェイスの声:ロジャー・L・ジャクソン(山野井仁)

権利がディメンションからスパイグラスに移って、ウェス・クレイヴン亡き後の1作目でタイトルが『スクリーム』なのでてっきりリブートかと思ったら『スクリーム4』から11年ぶりの続編だった。世の中に必要なスラッシャー。ホラー映画蘊蓄いっぱい。レギュラーメンバーも合流〜。吹替も同じメンバーなので違和感なし。スラッシャーとしては文句なしで楽しい。ただ、死神マスクじゃなくてゴーストフェイスって言って欲しかった。

劇中映画の『スタブ』と『スクリーム』はシンクロしてる。『スタブ8』を『スタブ』として作り直してる。シリーズものでまったくの新プロットはファンが許さないから無理。新しい角度が必要だけど新しすぎるとネットで炎上しちゃうから継続するストーリーが必要。新キャラの脇をレガシーキャラで固めて、リブートでも続編でもなくオリジナルに回帰する。

スクリーム
ゲイル、サラ、シドニーの最強トリオ
ボディ・カウントは8人。

続きを読む

tag : ホラーミステリー殺人鬼続編シリーズフランチャイズチーム

1888年の『エノーラ・ホームズの事件簿2』

エノーラ・ホームズの事件簿2
Enola Holmes 2(2020)129分

Enola Holmes 2監督:ハリー・ブラッドビア 脚本:ジャック・ソーン
原作:ナンシー・スプリンガー
撮影:ジャイルズ・ナットジェンズ 音楽:ダニエル・ペンバートン
VFX:スピンFX
出演:エノーラ・ホームズ:ミリー・ボビー・ブラウン(白石晴香)、シャーロック・ホームズ:ヘンリー・カヴィル(星野貴紀)、テュークスベリー子爵:ルイス・パートリッジ(上村祐翔)、ユードリア・ホームズ:ヘレナ・ボナム=カーター(高乃麗)、エディス:スージー・ウォコマ(村田遥)、グレイル警視:デヴィッド・シューリス(郷田ほづみ)、ミス・トロイ/モリアーティ:シャロン・ダンカン=ブルースター(佐古真弓)、レストレード警部:アディール・アクタル(佐々木祐介)、ミス・ハリソン:フィオナ・ショウ(佐藤しのぶ)、ドクター・ワトソン:ヒメーシュ・パテル(森宮隆)、サラ・チャップマン:ハンナ・ドッド、メイ:アビー・ハーン、ウィリアム・レイトン:ガブリエル・ティアニー、ベッシー・チャップマン:Serrana Su-Ling Bliss

Netflix映画。前作は面白かったが、もっと面白くなってた!史実をベースに、エノーラの小さな人探しと兄シャーロックの大きな陰謀がつながって合同捜査になる!編集もよくて、推理のパラパラアニメーションや、伏線再現のインサートが好み。科学捜査とアクション、母さんの教え、マッチ工場に舞踏会。見応えあったー。

ライオン・マッチ社が赤リンから白リンに変えて収益を増やした反面、マッチガールがリン中毒(リン中毒性顎骨壊死)で死んでいったのでサラ・チャップマンがストライキを起こしたってゆー流れが史実。スケジュールの都合でマイクロフトが不参加だが、ついにワトソン登場。

続きを読む

tag : 実話Netflix続編シリーズクライムミステリーアクションロンドンチェイス

『エルマーのぼうけん』

エルマーのぼうけん
My Father's Dragon(2022)99分

My Father's Dragon監督:ノラ・トゥーミー 脚本:メグ・レフォーヴ
原作:ルース・スタイルス・ガネット「エルマーのぼうけん
アニメーション・ディレクター:ファビアン・アーリンハウザー
音楽:ジェフ・ダナ、マイケル・ダナ
出演:エルマー:ジェイコブ・トレンブレイ(松本沙羅)、ボリス:ゲイテン・マタラッツォ(林卓)、デラ:ゴルシフテ・ファラハニ(樋口あかり)、セイワ:イアン・マクシェーン(乃村健次)、ネコ:ウーピー・ゴールドバーグ(礒部万沙子)、クワン:クリス・オダウド(多田野曜平)、ナレーター:メアリー・ケイ・プレイス(高島雅羅)

Netflixで観た。カートゥーン・サルーンの新作。多くのキャラやシーンでmohoが使われてる。シンプルなキャラがヌルヌル動くのはリグアニメだったか。日本の『エルマーの冒険』(1997)に続いて2度目の長編アニメーション映画化。日本のは関修一さんのキャラで「タンタン」風だったんだけど、こちらは見事にカートゥーン・サルーン調。エルマーとママの貧乏親子ぶりがエグい。ママがエルマーの貯めた金を使い果たすのはびっくり。りゅうはドラゴン、これがよくしゃべるし、結構うざいw

エルマーのぼうけん
日本版は背中に乗ってたけど、カートゥーン・サルーン版はジェットスクランダー式

監督は『生きのびるために』のノラ・トゥーミー。オレやピーター・ジャクソンと誕生日がいっしょ。60年、61年、71年。

続きを読む

tag : アニメーションNetflix子供冒険ファンタジー

2002年『糸』2019年

糸
糸(2020)130分

Yarn監督:瀬々敬久 脚本:林民夫
原案:中島みゆき「糸」
撮影:斉藤幸一 音楽:亀田誠治
出演:高橋漣:菅田将暉、園田葵:小松菜奈、高木玲子:山本美月、冴島亮太:高杉真宙、村田節子:倍賞美津子、富田幸太郎:松重豊、竹原直樹:成田凌、水島大介:斎藤工、桐野香:榮倉奈々、高橋結:稲垣来泉

Netflixで観た。よかった!よくできたドラマだった!ラストは予想通りだったけど、それでも泣けた。平成元年生まれの漣くんと葵ちゃん、2つの人生、山あり谷あり、それぞれ30年分。何度か交錯するのがいい。美瑛のロケーション美しい!

菅田将暉と小松菜奈はうまいなー。漣くんの奥さん、榮倉奈々もよかった。「泣いてる人がいたら抱きしめてあげて」や、ドングリぶつけて「行けよ、漣!」が見事にクライマックスにつながってく。タイトル前に切り離された二人の手が最後に再びつながる爽快感!

23分あるアバンタイトルが、もうラストシーンみたい!スローモーションに「糸」が流れる。『金八』加藤優編の「世情」シーンを思い出す。葵ちゃんがシンガポールでまずいカツ丼を泣きながら「大丈夫」って呟きつつ食うシーンでも流れる。ゆーっくり回り込みの名シーン、沁みる。「ファイト」と「時代」もええとこで使う。菅田将暉と小松菜奈、共演シーンは僅かだけど、この後結婚したらしい。
糸
大丈夫、、、大丈夫、、、

糸
美瑛から函館港まで6時間!劇中では15分くらいかと思った

続きを読む

tag : ドラマ子供裏切り場所

1949年の『エクソシスト ビギニング』エクソシスト4

eエクソシスト ビギニング
Exorcist: The Beginning(2004)114分

Exorcist: The Beginning監督:レニー・ハーリン 脚本:アレクシ・ホーリー
原案:ウィリアム・ウィッシャー、ケイレブ・カー 原作:ウィリアム・ピーター・ブラッディ
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ 音楽:トレヴァー・ラヴィン
出演:ランカスター・メリン神父:ステラン・スカルスガルド(津嘉山正種)、フランシス神父:ジェームズ・ダーシー(鉄野正豊)、ドクター・サラ・ノヴァック:イザベラ・スコルプコ(岡寛恵)、ジョセフ:レミー・スウィーニー(田野恵)、チューマ:アンドリュー・フレンチ(稲葉実)、グランヴィル少佐:ジュリアン・ワダム(松本大)、ジオネッティ神父:デイビッド・ブラッドリー(大木民夫)、ジェフリーズ:アラン・フォード(石森達幸)

レニー・ハーリンがシュレイダー版を90%再撮影したバージョン。おんなじ話だけどまったく違った映画になってる。ゴア描写もあるし、ホラー的インパクトも濃かった。悪魔に憑依されたサラの顔は一応リーガン風になってるし、パズズ像も出てきてエクソシストっぽかった。映画としては『ドミニオン』の方が上。

エクソシスト ビギニング
パズズ像見っけ

続きを読む

tag : ホラー悪魔シリーズスリラーゴア兄弟

1947年の『ドミニオン』エクソシスト5

Dominion: Prequel to the Exorcist
Dominion: Prequel to the Exorcist(2005)117分

Dominion: Prequel to the Exorcist監督:ポール・シュレイダー 脚本:ウィリアム・ウィッシャー、ケイレブ・カー
原案:ウィリアム・ピーター・ブラッディ
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ 音楽:トレヴァー・ラヴィン、アンジェロ・バダラメンティ、ドッグ・ファッション・ディスコ
出演:ランカスター・メリン神父:ステラン・スカルスガルド、フランシス神父:ガブリエル・マン、レイチェル・レズノ医師:クララ・ベラール、チェチェ:ビリー・クロフォード、ハリス軍曹:ラルフ・ブラウン、グランビル少佐:ジュリアン・ワダム

Netflixで観た。『エクソシスト』のプリクエルでメリン神父の若い頃の話。日本は劇場未公開にしてソフトも未発売。『エクソシスト』5作目なんだけど、元々は4作目『エクソシスト ビギニング』として製作された。でもモーガン・クリーク社が気に入らずお蔵入り。レニー・ハーリン監督で製作し直したのが『エクソシスト ビギニング』(2004)。でも興行失敗でこちらを『ドミニオン』と改題してお蔵出し。つまりプリクエルは『ビギニング』と『ドミニオン』でパラレルになっちゃった。同じシナリオでこんなに違う。脚本のケイレブ・カーはこちらがクソと貶すも、原作者はこちらをエレガントだと評価。どっちもどっちって感じ。

ヴィットリオ・ストラーロの映像美は素晴らしい。1944年の回想シーンは強烈。こっちはホラーでなくサイコロジカル・スリラー。憑依されるのはチェチェってゆー右半身に障害がある青年。パズズの顔のサブリミナルがあるけど、サタンって言ってる。悪魔メイクとハイエナのCGIがちゃちかった。

ドミニオン
発掘された教会のセットすげえ。『ビギニング』と同じセット

続きを読む

tag : ホラー悪魔シリーズ冒険スリラー

『ドライブ・マイ・カー インターナショナル版』

ドライブ・マイ・カー
Drive My Car(2021)179分

ドライブ・マイ・カー監督:濱口竜介 脚本:濱口竜介、大江崇允
原作:村上春樹「ドライブ・マイ・カー」など
撮影:四宮秀俊 音楽:石橋英子
出演:家福悠介:西島秀俊、渡利みさき:三浦透子、家福音:霧島れいか、高槻耕史:岡田将生

APVで観た。ロードムービーかと思ったら違った。大事なことは車の中で語られる。タイトルはRCかと思ったらビートルズの方だった。オープニングまで40分もあって、「帰ったら話したいことがある」って言ってたのに、帰ったら死んじゃってるし。なんじゃこりゃって思ったけど、広島に行ってから夢中になっちゃった。音の脚本作りの秘密、多言語演劇、あの独特な読み合わせ、屋外での立ち稽古、みさきの過去、長回し。

ドライブ・マイ・カー
タバコの演出がうまい。家福とみさきはタバコをうまそうに吸う。吸い方でわかる関係の変化。線香代わりにもなる。海外で高評価なのは謎だけど、ゆったりした心地よい映画だった。演出家の家福、脚本家の音、運転手みさき、役者の高槻。4人の関係が見事だった。特にダークなみさきちゃんよかったー。ラストではすっかり垢抜けててホッとした。

ドライブ・マイ・カー
「生き残った者は死んだ者のことを考え続ける。どんな形であれ、それがずっと続く。僕や君はそーやって生きていかなくちゃいけない、生きていかなくちゃいけない、大丈夫、僕たちはきっと大丈夫だ」

ドライブ・マイ・カー
3時間で唯一の楽しいシーン。でも画は暗め

続きを読む

tag : ドラマオスカー

2011〜2019年の『余命10年』

余命10年
余命10年(2022)124分

余命10年監督:藤井道人 脚本:岡田惠和、渡邉真子
原作:小坂流加「余命10年」
撮影:今村圭佑 音楽:RADWIMPS
出演:高林茉莉:小松菜奈、真部和人:坂口健太郎、富田タケル:山田裕貴、藤崎沙苗:奈緒、三浦アキラ:井口理、高林桔梗:黒木華、平田:田中哲司、梶原玄:リリー・フランキー、高林百合子:原日出子、高林明久:松重豊

APVで観た。ハマった。泣けた。『赤い疑惑』思い出した。小松菜奈イイ、うまい!いい映画だった。描かれるのは2011年〜2019年。シーンの空気感や登場人物がすっごい自然に入ってくる。丁寧に撮ってるなあ。2シーンあるモンタージュもめっちゃいい。こっちはまつりちゃんが余命10年ってわかっちゃってるからずーっと切ない。和くんと雪山で別れるシーン以降、まつりちゃんが何しゃべっても泣ける。定番の「まだ死にたくない」って泣くシーンもたまらんかった。「先生、特効薬まだあ?」

冒頭でまつりちゃんがビデオカメラを譲り受ける。パナのHDC-TM35。でも本体だけって、ACアダプターや取説もいるでしょ。そのカメラで撮りまくるまつりちゃん、かわいくてよかった。最後に病床でクリップを再生しては削除していくシーンはヤメテーーー!って思った。まつりちゃんが死の直前に観た別の時間軸の夢、パラレルのまつりちゃん幸せ。

同窓会って行ったことないけど、あんなもんなの?先生おらんし。二次会かと思ったら、「二次会いく人ー」って言ってるし。和くん、最後の最後に近況報告してびっくり。「がんばったね」じゃねーよ。過去形かよ。満開の桜の下での突風が吹く、ああ、あのときの!うまいなあ。エンドロールに流れる主題歌が新海映画みたいでヘンな感じだった。

続きを読む

tag : ドラマ病院

『ジェントルメン』

ジェントルメン
The Gentlemen(2019)113分

The Gentlemen監督・脚本:ガイ・リッチー
原案:ガイ・リッチー、アイヴァン・アトキンソン、マーン・デイヴィーズ
撮影:アラン・スチュワート 音楽:クリストファー・ベンステッド
出演:ミッキー・ピアソン:マシュー・マコノヒー(子安武人)、レイモンド・スミス:チャーリー・ハナム(佐藤拓也)、ドライ・アイ:ヘンリー・ゴールディング(江頭宏哉)、ロザリンド・ピアソン:ミシェル・ドッカリー(平田裕香)、マシュー・バーガー:ジェレミー・ストロング(岡本幸輔)、コーチ:コリン・ファレル(津田健次郎)、フレッチャー:ヒュー・グラント(森田順平)、ビッグ・デイヴ:エディ・マーサン(栗田圭)、ジョージ卿:トム・ウー、アーニー:バグジー・マローン(菊地達弘)、プレスフィールド卿:サミュエル・ウェスト(田所陽向)、ローラ・プレスフィールド:エリオット・サムナー(朝井彩加)、ジャッキー:リン・レネー(新井笙子)、プライムタイム:クリス・エヴァンゲロー(宮崎遊)

APVで観た。いろんな悪党が絡み合う。ガイ・リッチーのクライム群像劇は面白い。いろんな悪党が絡み合って意外な結末で締める。

探偵が引退を決めた麻薬業界の大物の側近をゆする。ゆすりのネタがメインの話。探偵のヒュー・グラントがしゃべりまくり。劇中で映画はアナログ、2.35:1のアナモフィックがいいって言ってるけど、この映画はデジタルで2.39 : 1。上には上がいてその上がいる。悪党をゆすった悪党が逆襲されるw

ジェントルメン
24金のコブラ・デリンジャー。32ACP弾2発装填

ジェントルメン
ひっくり返った!しかしこの後、、、

続きを読む

tag : クライム群像劇コメディツイスト

『クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』

ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者
クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者(2008)93分

ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者監督・脚本・演出:本郷みつる
原作:臼井儀人
絵コンテ:多田俊介、須間雅人、橋本昌和、本郷みつる
作画監督:原勝徳、大森孝敏、針金屋英郎
キャラクターデザイン:林静香、高倉佳彦、原勝徳、末吉裕一郎
美術監督:石田晶子、村上良子 設定デザイン:湯浅政明
撮影監督:梅田俊之
音楽:若草恵、荒川敏行、丸尾稔
出演:しんのすけ:矢島晶子、みさえ:ならはしみき、ひろし:藤原啓治、ひまわり:こおろぎさとみ、シロ/風間くん:真柴摩利、マタ・タミ:堀江由衣、ネネちゃん:林玉緒、マサオくん:一龍斎貞友、ボーちゃん:佐藤智恵、マック・ラ・クラノスケ:宮本充、プリリン・アンコック:本田貴子、アクション仮面:玄田哲章、桜ミミ子:小桜エツ子、園長先生:納谷六朗、よしなが先生:高田由美、まつざか先生:富沢美智恵、歌のお兄さん:小島よしお、ギンギン:間宮くるみ、キンキン:金田朋子、アセ・ダク・ダーク:銀河万丈、ドウドウ:屋良有作

話が夜しか進行しない。昼間にしんちゃんが出来事を話しても誰も信じない。の繰り返し。つまらんかったー、かったるいので1.25倍速にした。アニメーション的なカタルシスもなかった。

続きを読む

tag : アニメーション子供コメディファンタジーシリーズ異世界アクション

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』

嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!(2007)102分

嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!監督:ムトウユージ 脚本:やすみ哲夫
原作:臼井儀人
絵コンテ:ムトウユージ、増井壮一、平井峰太郎
作画監督:原勝徳、大森孝敏、針金屋英郎、間々田益男
キャラクターデザイン:原勝徳、末吉裕一郎
美術監督:川口正明、村上良子
撮影監督:梅田俊之
音楽:若草恵、荒川敏行、丸尾稔
出演:野原しんのすけ/にせしんのすけマン:矢島晶子、野原みさえ:ならはしみき、野原ひろし:藤原啓治、野原ひまわり:こおろぎさとみ、シロ/風間くん:真柴摩利、ネネちゃん:林玉緒、マサオくん:一龍斎貞友、ボーちゃん:佐藤智恵、お駒夫人:戸田恵子、金波:来宮良子、銀波:此島愛子、うらら:ゆかな、くらら:折井あゆみ、さらら:大島麻衣、UNTI隊員ゴリラ:松山鷹志、UNTI隊員カバ:西村朋紘、時雨院時常:京本政樹

しゃべれないシロの表情芝居がイイ。シロを飛行機に乗せるのに、ぬいぐるみのフリをさせるんだが、みさえが「ぬいぐるみは汗かかない!」って言う。そもそも犬は汗かかない。時雨院時常の声がヤだった。

続きを読む

tag : アニメーション子供コメディ侵略シリーズクローンアクション

『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』

伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!(2006)96分

伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!監督:ムトウユージ 脚本:もとひら了
原作:臼井儀人
絵コンテ:ムトウユージ、増井壮一、きむらひでふみ、平井峰太郎
作画監督:原勝徳、大森孝敏、針金屋英郎、間々田益男
キャラクターデザイン:原勝徳
美術監督:川口正明、古賀徹
撮影監督:梅田俊之
音楽:若草恵、荒川敏行、丸尾稔
出演:野原しんのすけ/にせしんのすけマン:矢島晶子、野原みさえ:ならはしみき、野原ひろし:藤原啓治、野原ひまわり:こおろぎさとみ、シロ/風間くん:真柴摩利、ネネちゃん:林玉緒、マサオくん:一龍斎貞友、ボーちゃん:佐藤智恵、ジャッキー:渡辺明乃、アミーガスズキ:田島令子、園長先生:納谷六朗、よしなが先生:高田由美、まつざか先生:富沢美智恵、上尾先生:三石琴乃、川口 - 中村大樹、オカマバーのママ:長州小力、アミーゴスズキ - 池田秀一

Netflixで観た。面白かった。住人がコンニャクローンに入れ替わってく過程がしっかりしてる。『ボディ・スナッチャー』だね。サンバ大変だー。しかもモブもある。観てて楽しいけど。背動のチェイスもイイ。

続きを読む

tag : アニメーション子供コメディ侵略シリーズクローンアクション

『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』

伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃
クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃(2005)92分

伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃監督:ムトウユージ 脚本:ムトウユージ、きむらひでふみ
原作:臼井儀人
絵コンテ:ムトウユージ、榎本明広、増井壮一、きむらひでふみ、原恵一
作画監督:原勝徳、大森孝敏、針金屋英郎、間々田益男
キャラクターデザイン:原勝徳
美術監督:川口正明、古賀徹
撮影監督:梅田俊之
音楽:若草恵、荒川敏行、澤口和彦、CHIKA
出演:野原しんのすけ/にせしんのすけマン:矢島晶子、野原みさえ:ならはしみき、野原ひろし:藤原啓治、野原ひまわり:こおろぎさとみ、シロ/風間くん:真柴摩利、アクション仮面:玄田哲章、カンタムロボ:大滝進矢、プリティミサエス:福圓美里、ミライマン:村井国夫

NFXで観た。パターンの繰り返しでツマランかった。かったるい、飽きる。3分ポッキリじゃないし。セルじゃなくなった。

続きを読む

tag : アニメーション子供時間怪獣コメディシリーズアクションヒーロー

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』

嵐を呼ぶジャングル
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル(2000)88分

嵐を呼ぶジャングル監督・脚本:原恵一
原作:臼井儀人
絵コンテ:原恵一、水島努 演出:水島努
作画監督:原勝徳、堤のりゆき、間々田益男
キャラクターデザイン:湯浅政明、原勝徳
美術監督:川井憲、天水勝
撮影監督:梅田俊之 音楽:荒川敏行、宮崎慎二
出演:野原しんのすけ:矢島晶子、野原みさえ:ならはしみき、野原ひろし:藤原啓治、野原ひまわ:こおろぎさとみ、風間トオル/シロ:真柴摩利、桜田ネネ:林玉緒、佐藤マサオ:一龍斎貞友、ボーちゃん:佐藤智恵、桜ミミ子:小桜エツ子、北春日部博士:増岡弘、パラダイスキング:大塚明夫、ペガサス:小林幸子

NFXで観た。めちゃくちゃ面白かった。よくできてるわー。春日部防衛隊のジャングル珍道中よかった。特にマサオくん、ワニシーン笑った。

奴隷が仕上げやらされてたり、サルにタップで殴られたり。

後半の反乱シーン、ケツ歩きのモブ、サイコーに笑えた。背動もよかった。アニメーションとしてすげー見応えあった。パラダイスキングは徹底したヒールで迫力あった。劇中劇のクライマックス前で止めて、劇中劇と合わせて二重のクライマックス、しかも意表をつく。見事だった。この後が『オトナ帝国』、快進撃だなー。

続きを読む

tag : アニメーション子供救出冒険誘拐コメディシリーズアクション

1872年の『ワイルドガン』

ワイルドガン
Forsaken(2015)90分

Forsaken監督:ジョン・カサー 脚本:ブラッド・マーマン
撮影:ルネ・オオハシ 音楽:ジョナサン・ゴールドスミス
出演:ジョン・ヘンリー・クレイトン:キーファー・サザーランド(小山力也)、サミュエル・クレイトン:ドナルド・サザーランド(糸博)、メアリー・アリス・ワトソン:デミ・ムーア(五十嵐麗)、ジェームズ・マッカーディ:ブライアン・コックス(辻親八)、ジェントルマン・デイヴ・ターナー:マイケル・ウィンコット(谷昌樹)

APVで観た。日本は劇場未公開。タイトルロールの「見捨てられた」息子キーファー・サザーランドが、疎遠になった父親ドナルド・サザーランドとの関係を修復するために10年ぶりに帰ってくると、町は悪徳地上げ屋がのさばってる。銃を持たなくなった息子が再び銃を手に悪党を皆殺しにして去っていく、ありきたりだけど痛快だった。敵の用心棒のマイケル・ウィンコットが平手造酒っぽくてカッコよかった。

ワイルドガン
銃器屋がレ・マットってゆーフランス製リボルバーを借してくれる。9発装填で散弾も撃てる、南北戦争で南軍が採用した重い銃。

ワイルドガン
キーファーとドナルド親子共演は32年ぶりだけど、メインで共演するのは初。撮影前夜は互いに眠れなかったらしい

続きを読む

tag : 西部劇

『クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡』

暗黒タマタマ大追跡
クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡(1997)96分

暗黒タマタマ大追跡監督・脚本・絵コンテ:原恵一
原作:臼井儀人
作画監督:原勝徳、堤のりゆき キャラクターデザイン:原勝徳
美術監督:野村可南子、古賀徹
設定デザイン:湯浅政明 演出:水島努
撮影監督:梅田俊之 音楽:荒川敏行、宮崎慎二
出演:しんのすけ:矢島晶子、みさえ:ならはしみき、ひろし:藤原啓治、ローズ:郷里大輔、ラベンダー:塩沢兼人
レモン:大滝進矢、東松山よね:山本百合子、珠由良の母:水原リン、玉王ナカムレ:山本圭子、ヘクソン:筈見純、チーママ・マホ:島津冴子、サタケ:立木文彦、魔人ジャーク:青森伸

Neetflixで見た劇場5作目。原恵一に変わって1作目。チェイスも挌闘もたっぷりあるのに長く感じた。射撃がドヘタな女刑事も出したくて出した程度でオマケっぽい。魔人ジャークもオカマでしたってオチも単純。

続きを読む

tag : アニメーション子供救出誘拐家族コメディシリーズアクション

『ゴジラvsコング』吹替版

ゴジラvsコング
Godzilla vs. Kong(2021)113分

Godzilla vs. Kong監督:アダム・ウィンガード 脚本:エリック・ピアソン&マックス・ボレンスタイン
原案:テリー・ロッシオ&マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
撮影:ギュラ・パドス 音楽:ヘンリー・ジャックマン
VFX:WETAデジタル、ILM、MPC、ルマ・ピクチャーズ
出演:ネイサン・リンド:アレクサンダー・スカルスガルド(津田健次郎)、マディソン・ラッセル:ミリー・ボビー・ブラウン(芦田愛菜)、アイリーン・アンドリューズ:レベッカ・ホール(坂本真綾)、バーニー・ヘイズ:ブライアン・タイリー・ヘンリー(尾上松也)、ウォルター・シモンズ:デミアン・ビチル(山路和弘)、芹沢蓮 :小栗旬、マイア・シモンズ:エイザ・ゴンザレス(田中みな実)、ジョシュ・ヴァレンタイン:ジュリアン・デニソン(田中裕二)、マーク・ラッセル:カイル・チャンドラー(田中圭)、ウィルコックス提督:ハキーム・ケイ=カジーム(山野井仁)、ジア:カイリー・ホットル

Netflixで観た。演出が小学生なんだよなw

続きを読む

tag : フランチャイズ航空機怪獣海軍続編空母格闘

『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』

アクション仮面VSハイグレ魔王
クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王(1993)93分

アクション仮面VSハイグレ魔王監督:本郷みつる 脚本:もとひら了
原作:臼井儀人
作画監督:原勝徳、堤規至 キャラクターデザイン:小川博司
美術監督:星野直美 設定デザイン:湯浅政明
絵コンテ・演出:原恵一、本郷みつる
撮影監督: 高橋秀子 音楽:荒川敏行
出演:しんのすけ:矢島晶子、みさえ:ならはしみき、ひろし:藤原啓治、風間くん:真柴摩利、ネネちゃん:林玉緒、マサオくん:鈴木みえ、ボーちゃん:佐藤智恵、よしなが先生:高田由美、まつざか先生:富沢美智恵、園長先生:納谷六朗、お婆さん:京田尚子、アクション仮面:玄田哲章、桜ミミ子/リリ子:小桜エツ子、北春日部博士:増岡弘、Tバック男爵:郷里大輔、ハラマキレディ:井上瑤/渡辺久美子/稀代桜子、ハイグレ魔王:野沢那智

Neetflixで見た劇場1作目。いやー、めっちゃオモロイ。そしてウマイ!芝居もアクションも大満足。動きが楽しくてしょーがない。ドアオリ、ヌルヌル、ハイグレモブ、背動、ドッグファイト、チャンバラありでよかった。キャラデザインはまだおとなしくクセがない感じ。この作風って、映画としては冒険で、初号では意味不明と言われたらしい。でも子供試写では大ウケだったそう。

続きを読む

tag : アニメーション子供冒険家族コメディ異世界シリーズ

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ