fc2ブログ

『反撥』

反撥
Repulsion(1965)105分

反撥監督:ロマン・ポランスキー 脚本:ロマン・ポランスキー、ジェラール・ブラッシュ、デヴィッド・ストーン
撮影:ギルバート・テイラー 音楽:チコ・ハミルトン
出演:キャロル・ルドゥー:カトリーヌ・ドヌーヴ、マイケル:イアン・ヘンドリー、コリン:ジョン・フレイザー、ヘレン・ルドゥー:イヴォンヌ・フルノー、大家:パトリック・ワイマーク、ミス・バルチ:レネー・ヒューストン、マダム・ドニーズ:ヴァレリー・テイラー、ジョン:ジェームズ・ヴィリアーズ、ブリジット:ヘレン・フレイザー

APVで観た。抜け殻みたいなキャロルを演じるカトリーヌ・ドヌーヴがすごい。潔癖症と男性恐怖症から精神を病んでいくキャロル。『黄金狂時代』の話を聞いたときにちょっと笑うけど、あとはずーっと無表情。

キャロルの目のCUからZBしていって、最後は写真の目にZUして終わる。キャロル視点の映画なので、狂っていく様子が伝わってくるぅ〜。鏡に映る人影、壁から突き出る手、壁のひび割れ、壁にめり込む手、腐っていくウサギ肉、、、ホラー映画あるあるの元祖がいっぱい。繰り返される鐘、ピアノ、姉の喘ぎ声、聞こえる聞こえる。屋外でドヌーブについていくキャメラ。

ヘレン姉さんがTVでプロレス見てるんだけど、タッグマッチなのはわかるが誰なのかまではわかんない。

続きを読む

tag : スリラーロンドンホラープロレス

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』吹替版

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
Spider-Man: No Way Home(2021)148分

Spider-Man: No Way Home監督:ジョン・ワッツ 脚本:クリス・マッケナ&エリック・ソマーズ
撮影:シェイマス・マクガーヴェイ 音楽:マイケル・ジアッチーノ
VFX:デジタル・ドメイン、ミスターX、SPI、シネサイト、フレームストア、
出演:ピーター・パーカー:トム・ホランド(榎木淳弥)、MJ:ゼンデイヤ(壁かずみ)、スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ:ベネディクト・カンバーバッチ(三上哲)、ネッド・リーズ:ジェイコブ・バタロン(吉田ウーロン)、ハッピー・ホーガン:ジョン・ファヴロー(大西健晴)、マックス・ディロン/エレクトロ:ジェイミー・フォックス(中村獅童)、ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン:ウィレム・デフォー(山路和弘)、オットー・オクタビアス/ドクター・オクトパス:アルフレッド・モリーナ(銀河万丈)、ウォン:ベネディクト・ウォン(田中美央)、フラッシュ:トニー・レヴォロリ(畠中祐)、フリント・マルコ/サンドマン:トーマス・ヘイデン・チャーチ(石田圭祐)、カート・コナーズ/リザード:リス・エヴァンス(内田直哉)、J・ジョナ・ジェイムソン: J・K・シモンズ(立川三貴)、メイ・パーカー:マリサ・トメイ(安藤麻吹)、マシュー・マードック:チャーリー・コックス(内田夕夜)、ピーター・パーカー:アンドリュー・ガーフィールド(前野智昭)、ピーター・パーカー:トビー・マグワイア(猪野学)、エディ・ブロック/ヴェノム:トム・ハーディ(諏訪部順一/中村獅童)

APVで観た。劇場ではIMAXで観たんだけど、シネスコでよかった映画。配信的にはDisny+の『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』より後になっちゃった。

キャラの声が全員オリジナル版の人でよかった。おかげで中村獅童、被っちゃったけどなー

続きを読む

tag : フランチャイズコミックヒーロー続編MCUNYIMAXアクションチーム

『ヴィジット』

ヴィジット
The Visit(2015)94分

ヴィジット監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
撮影:マリス・アルベルティ 音楽:スーザン・ジェイコブス
出演:ベッカ:オリヴィア・デヨング(清水理沙)、タイラー:エド・オクセンボウルド(河杉貴志)、祖母:ディアナ・ダナガン(野村須磨子)、祖父:ピーター・マクロビー(側見民雄)、ママ:キャスリン・ハーン(久行敬子)

NFXで観た。地味ながら面白かった。オチもよかった。シャマラン版「ヘンゼルとグレーテル」は500万ドルの自主制作映画。ベッカとタイラーが祖父母の家で暮らす1週間。着いて早々「地下室には行くな、カビ臭いからな」って、おー、地下室に秘密が、でもなかなか行かないw じいちゃんの前で恐怖のあまりフリーズするタイラー君。ローアングル足なめ。

ばあちゃんのキャラが秀逸!夜の奇行や、宇宙人の話とかブッ飛んでて怖い。床下で追っかけてきたり、急に自分の首絞めたり。お茶目なのか狂ってるのか。魔女なのか宇宙人なのか?ベッカにオーブンの中に入って掃除しろって、焼いて食べられちゃうぞー!ハラハラしたわー。

続きを読む

tag : ホラー子供POV低予算ミステリー

『バズ・ライトイヤー』

バズ・ライトイヤー
Lightyear(2022)105分

バズ・ライトイヤー監督:アンガス・マクレーン 脚本:ピート・ドクター
原作:ジョン・ラセター、ピート・ドクター、アンドリュー・スタントン、ジョー・ランフト「バズ・ライトイヤー」
撮影:ジェレミー・ラスキー、イアン・メギッベン 音楽:マイケル・ジアッキーノ
出演:バズ・ライトイヤー:クリス・エヴァンス(鈴木亮平)、イジー・ホーソーン:キキ・パーマー(今田美桜)、ソックス:ピーター・ソーン(山内健司)、モー:タイカ・ワイティティ(三木眞一郎)、ダービー:デール・ソウルズ(磯辺万沙子)、ザーグ:ジェームズ・ブローリン(銀河万丈)、アリーシャ・ホーソーン:ウゾ・アドゥーバ(りょう)、アイヴァン:メアリー・マクドナルド=ルイス(沢城みゆき)、カル・バーンサイド中佐:イザイア・ウィットロック・Jr(間宮康弘)

まあまあ楽しめた。吹替版がよくできてたからかな。ソックスのキャラいい。山内の吹き替えもよかった。なんでアンディはソックスのおもちゃを持ってなかった?バズとセットだろー。入手できんかったってことで。モーの「ペンがある!」と中佐がドヤ顏で「レーザーシールド」は笑った。

IMAX最適化版は、アクションシーンで天地がちょっと広がる。劇中の文字は日本語化されてたけど、デリックのボディの文字はそのままなのでネタ元がわかる。あと『2001年』『帝国の逆襲』『スタトレ4』のあからさまな引用。そういえばメイン・オン・エンドはカタカナじゃなかった。

続きを読む

tag : スピンオフアニメーション宇宙ロボタイムトラベル宇宙船Sci-Fi

2018年の『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』

THE CAVE サッカー少年救出までの18日間
The Cave / Nang Non(2019)104分

THE CAVE サッカー少年救出までの18日間監督・脚本:トム・ウォーラー
原案:トム・ウォーラー、カトリーナ・グルース、ドン・リンダー
撮影:ウェイド・ミュラー 音楽:オリヴィエ・リブートリー
出演:ジム:ジム・ウォーニー、コーチ:エクワット・ニラトヴォラパンヤー、ボア:ジュンパー・センプロム、プーヤイ:ノパドン・ニヨムカ、エリック:エリク・ブラウン、タン:タン・シャオロン

APVで観た。実際にタムルアン洞窟で撮影。 実際の洞窟ダイバーと救助ボランティアが本人役で参加してる。ロン・ハワード版『13人の命』とは比べるまでもなく小規模で、キャラを立てず、ドキュメンタリー手法で押し切ったが、ミッションの過酷さや難易度の高さ、時系列や状況は伝わってこない。ロン・ハワード版の方が圧倒的にリアルだった。

ロン・ハワード版と違うのは、排水で農地が水没した件で、「作物はまた育てることができるが、子供の命は失ったら終わりなので」と政府の保証を拒否して救助費用に充ててくれと。ターボジェットポンプのオヤジは本人らしいが、ハワード版では描かれない。イギリス、ポーランド、オーストラリア、カナダ、中国のダイバーが集まってくるあたりは胸熱。あと炊き出しのシーン。

続きを読む

tag : 救出実話SEALsミッション

2018年の『13人の命』

13人の命
Thirteen Lives(2022)149分

13人の命監督:ロン・ハワード 脚本:ウィリアム・ニコルソン
原案:ドン・マクファーソン
撮影:サヨムプー・ムックディプローム 音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ
VFX:MPC、デジタル・ドメイン、ミスターX
出演:リック:ヴィゴ・モーテンセン(大塚芳忠)、ジョン:コリン・ファレル(森川智之)、ナロンサック:サハジャク・ブーンタナキット(中博史)、ハリー:ジョエル・エドガートン(田村真)、ジェイソン:ポール・グリーソン(多田野曜平)、クリス:トム・ベイトマン(谷内健)、アヌポン・パオチンダ将軍:ヴィタヤ・パンスリンガム

APVで観た。頭5分くらい観て寝るつもりだったけど、2時間半観きってしまった。これはすごい!4年前に起きたタイの洞窟遭難事故の映画化。サッカーチームのコーチと子供12人が洞窟で遭難した事故で、全員生還したのはニュースで知ってたけど、こんな厳しい救出劇だったんだ!日本ではタイで映画化した『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』(2019)とドキュメンタリーの『THE RESCUE 奇跡を起こした者たち』(2021)が公開済み。秋にはNetflix映画『ケイブ・レスキュー:タイ洞窟必死の救出』(2022)も配信されるって。でもこのロン・ハワード版が最高でしょ、再現性がすごいし、状況がわかりやすい。17カ国から5000人が13人の救出に参加。救出の先頭に立ったのはイギリスから来た洞窟レスキューの専門家チームとタイ海軍のシールズ。このミッションでシールズ隊員2人が殉職してる。

映画が始まって45分でヴィゴ・モーテンセンとコリン・ファレルが複雑に入り組んだ洞窟を2.5km泳いで13人全員の生存を確認したのが捜索10日め。ここから前例のない救出ミッションが始まる。時間がたつほど水量が増え、難易度はどんどん上がっていき、洞窟内の酸素濃度も減っていく。6時間かけて子供達がいる場所まで泳ぎ、1人救出するのに7時間半!責任を負う知事がカッコよかった。
13人の命
生存者が待つ第9空間は、入口から2500m、所要時間6時間と12分

続きを読む

tag : Amazon救出実話SEALsミッション

『ヘレディタリー/継承』吹替版

ヘレディタリー/継承
Hereditary(2018)127分

Hereditary監督・脚本:アリ・アスター
撮影:パヴェウ・ポゴジェルスキ 音楽:コリン・ステットソン
出演:アニー・グラハム :トニ・コレット(藤貴子)、スティーブ・グラハム :ガブリエル・バーン(仲野裕)、ピーター・グラハム :アレックス・ウルフ(小田柿悠太)、チャーリー・グラハム :ミリー・シャピロ(小若和郁那)、ジョーン :アン・ダウド(仲村かおり)

劇場で観た時、しっくりこなかったので、APVで吹替版を観てみた。悪魔ペイモンがピーターの器に入るまで、にしては回りくどいんだ。ピーターが子供のうちにとっとと入っとけばよかったのに。なぜかチャーリーの中におるし。なのにチャーリーをとっとと斬首しちゃうから、ピーターの周囲を彷徨ってる青い光がペイモンだろうけど。

チャーリーのお絵描き帳を暖炉に放り込んだのはママさんなのに、なぜかパパさんがぼーーーっと燃え上がる。そっからママさん、天井に張り付いたり空中で自分の首を切ったりして、吹き出しちゃう。

続きを読む

tag : ホラー悪魔家族超常現象幽霊

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』

レット・ゼア・ビー・カーネイジ
Venom: Let There Be Carnage(2021)97分

レット・ゼア・ビー・カーネイジ監督:アンディ・サーキス 脚本:トム・ハーディ、ケリー・マーセル
撮影:ロバート・リチャードソン 音楽:マルコ・ベルトラミ
VFX:DNEG、フレームストア、イメージ・エンジン
出演:エディ・ブロック/ヴェノム:トム・ハーディ(諏訪部順一/中村獅童)、クレタス・キャサディ/カーネイジ:ウディ・ハレルソン(内田直哉/片岡愛之助)、アン・ウェイング:ミシェル・ウィリアムズ(中川翔子)、フランシス・バリソン/シュリーク:ナオミ・ハリス(早見沙織)、ダン・ルイス:リード・スコット(桐本拓哉)、パトリック・マリガン:スティーヴン・グレアム(森川智之)、チェン:ペギー・ルー(田村聖子)、カミール・パッゾ:シアン・ウェバー(高島雅羅)

APVで見た。面白くない。前作の方がよかった。

続きを読む

tag : エイリアンコミックコメディSSU続編クリーチャーフランチャイズシリーズ

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
The Mummy(2017)110分

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女監督:アレックス・カーツマン 脚本:デヴィッド・コープ、クリストファー・マッカリー、ディラン・カスマン
原案:カール・フロイント『ミイラ再生』
撮影:ベン・セレシン 音楽: ブライアン・タイラー
VFX:MPC、DNEG、ILM、MPC、Lola、Space Monkey 、Atomic Fiction、メソッド・スタジオ
出演:ニック・モートン:トム・クルーズ(森川智之)、ジェニファー・ハルジー:アナベル・ウォーリス(沢城みゆき)、アマネット:ソフィア・ブテラ(ベッキー)、クリス・ヴェイル:ジェイク・ジョンソン(中村悠一)、ヘンリー・ジキル博士:ラッセル・クロウ(山路和弘)

NFXで観た。ユニヴァーサル・ダーク・ユニバースの1作目でつまづいただけあって、恐ろしくつまらんかった。『ミイラ再生』のリブートとしては『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』の方が圧倒的に面白かったのに。

続きを読む

tag : ホラー冒険アクション航空機ロンドンリメイク

『不死身』

不死身
He Never Died(2015)97分

不死身監督・脚本:ジェイソン・クラヴジック
出演:ジャック:ヘンリー・ロリンズ、ジェレミー:ブーブー・スチュワート、カーラ:ケイト・グリーンハウス、アンドレア:ジョーダン・トドシー、スティーヴ:デヴィッド・リッチモンド=ペック、ショート:ジェイムス・ケイド、アレックス:スティーヴン・オグ、顎髭の男:ドン・フランクス、バーテンダー:スコット・エッジコーム、浴室の男:ロバート・トーマス、クリーク:タマラ・アルメイダ

NFXで観た。これ、コメディ映画って言われてもなあ、笑えないんだけど。どっちかってーとバイオレンス・ホラーじゃん。ジャックの背中には翼をもがれた跡がある。安アパートには大金。酒もタバコもやらないが血を飲む。肉は食わないけど人を食うことがある。何もしないで散歩してる。めちゃくちゃ強い。刺されても撃たれても死なない。何なん?バンパイアか?でも昼間歩いてるし。

正体は人類最初の殺人者カイン。ワラキアの王子で串刺し公として知られるヴラド3世だったこともある。ここがヴァンパイアの由来か。ボディガード、骨董品屋、事業主、建設現場、トラック運転手、歴史の教師、衛生兵、会計士、造園家、漁師、密造酒、難破船ダイバー、鉱山労働者、映画のスタントマン、看護師、料理人、刑務所、ギャンブラー、馬のブリーダー、陶芸家、ブリキ細工師、鍛冶屋、小売り店、機械工、いろいろやってたみたい。

ギャングが殺そうとするけどいつもバイオレンスに返り討ち。元嫁との間に娘が拉致されちゃう。0時までに波止場に来なかったら娘を殺す!救いに行くかと思ったら。0時とっくに過ぎちゃってるから行くのやめてるw

続きを読む

tag : バイオレンス救出コメディクライムバンパイア

『宇宙探査艦オーヴィル』シーズン3

The Orville New Horizons
The Orville New Horizons(2022)シーズン3全10話

The Orville New Horizonsショーランナー:セス・マクファーレン
監督:セス・マクファーレン、ジョン・カサー
脚本:セス・マクファーレン、ブラノン・ブラガ&アンドレ・ボルマニス
撮影:Jeffrey C. Mygatt 音楽:ケヴィン・カスカ、ジョエル・マクニーリー、ジョン・デブニー
VFX:ティペット・スタジオ、Fuse FXCrafty ApesIngenuity StudiosRogue One VFXBarnstorm VFX
出演:エド・マーサー:セス・マクファーレン、ケリー・グレイソン:エイドリアンヌ・パリッキ、クレア・フィン:ペニー・ジョンソン・ジェラルド、ゴードン・マロイ:スコット・グライムス、ボータス:ピーター・メイコン、タラ・キヤリ:ジェシカ・ゾア、ジョン・ラマー:J・リー、アイザック:マーク・ジャクソン、チャーリー・バーク:アナ・ウィンターズ、クライデン:チャド・コールマン、ヤフィット:ノーム・マクドナルド
ゲスト:ドリー・バートン:ドリー・バートン、ヘヴィーナ:レナ・オーウェン、ハルジー提督:ヴィクター・ガーバー、ペリー提督:テッド・ダンソン、オザワ提督:ケリー・フー、ホランド提督:アンディ・チャップマン、アルカザン連合議長:ブルース・ボックスライトナー、スペリア・バラスク:リサ・ベインズ、トパ:イマニ・プラム、リセラ:ジョルジア・ウィッガム、テレヤ:カエラ・マクマナス、アララ・キタン:ハルストン・セイジ

コロナ禍に撮影されたシーズン3はhulu番組なので、尺制限なしの1時間超えでよかった。『ディスカバリー』や『ピカード』よりもスタートレックしてて最高。コメディ控えめでシリアスとアクション増量。5話からテーマ性のあるええ話が続く。チャーリー・バーク少尉の活躍が目覚ましい。美人で優秀、ケイロンを憎み、助け、友とし、一番のお気に入りキャラだった。チャーリーが好んだのはバターだけのパンケーキ。ドミノ倒しの最初の1つのように、彼女のもたらした影響は未来に及ぶ。RIP.

5話:親に性転換されたトパが元女性だと知って本来の自分に戻りたいという
6話:名作タイムトラベル。2015年に飛ばされたゴードンを救出に行ったら2025年、すでにゴードンは家族を持ってた
7話:ケイロンが有機生命体を敵視する理由。ケイロンを憎みアイザックも受け入れないチャーリーが、ケイロンの過去を知ってアイザックに謝罪。2人で作業する後ろ姿がいいラストだった
8話:うわ、サプライズ、すげー。なにこのスペシャルエピソード。トパがモクランに拉致され拷問される!ケリーとボータスが救出。この事件でモクラン連合から追放
9話:チャーリーとアイザックが作った兵器でケイロンを圧倒。ついに連合とケイロンが和平。オクランとクリルが同盟を結んで兵器を強奪。大規模艦隊戦、大気圏内のドッグファイト、チャーリーはケイロンを救うために兵器を始末する。最終回みたいな壮大なスケールだったー
10話:人間と人口生命体の結婚。ほんわか安らぐシーズンフィナーレ、こうきたかー

『宇宙探査艦オーヴィル』シーズン3
シーズン4はあるんかなー。続きは劇場でって案もあるらしいけど。

続きを読む

tag : Sci-FiTVシリーズ冒険宇宙宇宙船タイムトラベルロボ

『カーター』

カーター
Carter(2022)113分

カーター監督:チョン・ビョンギル 脚本:チョン・ビョンギル、チョン・ピョンシク
VFX:Magic Media and Entertainment Group
出演:カーター:チュウォン(山崎健太郎)、ジョンヒ:チョン・ソリ(樋口あかり)、ジョンヒョク:イ・ソンジェ(志村知幸)、ハナ:キム・ポミン(大井麻利衣)、ビョンホ:チョン・ジェヨン(関口雄吾)、チョルジュ:ヨ・デヒョン(玉木雅士)、アグネス:カミラ・ベル、スミス:マイク・コルター

Netflix映画。韓国の30億円アクション大作。アバンタイトルだけ観ようと思ったら、全編1カットでタイトルは最後だった。1カットのアクション映画は『ハードコア』があったけど、これは劇場公開は無理!目が回るぞ。2時間リアルタイムでありったけの危険を体感できる。こんなアクション映画、観たことない。やりすぎでしょ!トリッキーな4次元キャメラワークは初代タイガーマスクのデビュー戦みたい。なんかもう、すごすぎて笑っちゃう。実際に1カットで撮ってるわけじゃなく長回しショットを1カット風につないでる。コマが飛んだりCG爆発はさんだり、雑なつなぎも目立つ。移動シーンは空撮になって時間を端折ってる。

高層ビル、銭湯、車、バイク、大型ジェット、スカイダイビング、トラック、列車、ヘリ、吊り橋、危険なシチュエーションいっぱい!映像的には見応え150%だけど、話は面白くない。記憶を消されたカーターが、韓国で女の子を救出して、北朝鮮にいる父親に届けるってミッション。韓国と北朝鮮とCIA、どれを信じていいのかわからんまま、戦って、跳んで、走って、落っこちてぐるんぐるんでめまぐるしい。4次元アクションの連続でヘトヘトになる。

続きを読む

tag : Netflixアクションミッションチェイス子供航空機CIAヘリ格闘長回し

『究極の対決!世界の凄腕スナイパー』

究極の対決!世界の凄腕スナイパー
Sniper: The Ultimate Competition(2018)83分

究極の対決!世界の凄腕スナイパーホスト:ティム・ケネディ 撮影監督:トニー・クロール

2017年に行われた「国際スナイパー競技会」のドキュメンタリー。国際つってもアメリカチームばっかし。陸軍、陸軍レンジャー、州兵、海兵隊、沿岸警備隊、警察の代表29チームが参加。スナイパーとスポッターのコンビで得点を競う。スナイパーなので長距離射撃大会かと思ったら、3日間で7種目行われる。実戦を想定した7ステージ。見てる分にはゲーム性があって面白いけど、かなりハードでシビア。
第1種目「市街地の戦闘」キルハウスで敵を倒しつつ最後に長距離射撃。警察チームが得意な種目
第2種目「敵の急襲」基地が攻撃を受け、すみやかに塔に登って長距離射撃で敵を仕留める
第3種目「夜間の狙撃」真っ暗闇で動く標的を撃つ。これ、相当難しいみた
第4種目「銃撃戦の中での救出」包囲する敵を撃って、仲間の手当をする『ブラックホーク・ダウン』みたいな種目
第5種目「空中からの狙撃」UH-60から地上の敵を射撃。相当難易度高い。沿岸警備隊が得意な種目
第6種目「キムス障害物コース」体力と記憶力。10分以内に走破しなければ失格。ゴール後はコース内にあった軍装品10点を2分以内に地図に書き込む。コースをクリアするだけでもハードなのに、記憶もしなくちゃなんない
夜間のバス移動中、襲撃にあった想定で、目的地まで12kmを移動する。2時間以内に到着しないと最終種目に参加できない。義足で健闘してきた第10山岳師団はここで脱落
第7種目「潜伏」林の中を見つからないように接近して標的を撃つ。警察チームには無縁な状況、アマゾンで買ったギリースーツを初めて着用。高性能双眼鏡の審査官に見つかったら失格。優勝は、どの種目でもポイントをコツコツ稼いだ陸軍の第75レンジャー。

tag : スナイパードキュメンタリー救出警察

『デイ・シフト』

デイ・シフト
Day Shift(2022)113分

デイ・シフト監督:J・J・ペリー 脚本:タイラー・タイス、シェイ・ハッテン
原案:タイラー・タイス
撮影:トビー・オリバー 音楽:タイラー・ベイツ
VFX:Pixomondo、NetFX、Crafty Apesアクセンチュア・ソングReal by FakeTemprimental VFX
出演:バド・ヤブロンスキ:ジェイミー・フォックス(楠大典)、セス:デイヴ・フランコ(早志勇紀)、ヘザー:ナターシャ・リュー・ボルディッゾ(三重野帆貴)、ジョセリン・ヤブロンスキ:ミーガン・グッド(うえだ星子)、オードリー・サン・フェルナンド:カーラ・ソウザ(石田嘉代)、ビッグ・ジョン・エリオット:スヌープ・ドッグ(松本大)、ラルフ・シーガー:エリック・ラング(木下浩之)、トロイ:ピーター・ストーメア(仲野裕)、ペイジ・ヤブロンスキ:ザイオン・ブロードナックス(山下音彩)、マイク・ナザリアン:スティーヴ・ハウイー、ディラン・ナザリアン:スコット・アドキンス、クラウス:オリヴァー・マスッチ

Netflix映画。いやー、面白かった!いきなり婆ヴァンパイアとのハードな戦いからド迫力。バンパイアハンターつーと『ヴァンパイア/最期の聖戦』『ブレイド』『プリースト』なんだが、ホラーじゃなくバディ・アクション・コメディになってる。ハンターつっても生活のためで賞金稼ぎみたいなもん。ジェイミー・フォックスは生活のためにヴァンパイアハンターをやってて切実な事情がある。笑えるし、銃撃戦や首チョンパはたっぷりあるし、マリオカートなカーチェスまである。ボケ担当の事務方セス君はハンターに成長していく!

スタント出身のJ・J・ペリーはこれが初監督。優秀だな。殺陣師は『グレイマン』の人。

サブキャラがみんなカッコイイ。お隣のヴァンパイア姉さん、スゴ腕ナザリアン兄弟、まるでジャンゴな元相棒ビッグ・ジョン。お笑い担当の事務方セス君もハンターに成長していくし、娘の一言もオモロイ。ラスボス戦で「パパ、がんばって」「がんばってるよ!」「もっとがんばって」

続きを読む

tag : バンパイアアクションコメディバディ銃撃戦チェイス家族Netflix兄弟

『マリグナント 狂暴な悪夢』

マリグナント 狂暴な悪夢
Malignant(2021)111分

マリグナント 狂暴な悪夢監督:ジェームズ・ワン 脚本:アケラ・クーパー
原案 :ジェームズ・ワン、イングリット・ビス、アケラ・クーパー
撮影:マイケル・バージェス 音楽:ジョセフ・ビシャラ
VFX:ILM
出演:マディソン:ミッチェル - アナベル・ウォーリス(渋谷はるか)、シドニー・レイク:マディー・ハッソン(川庄美雪)、ケコア・ショウ刑事:ジョージ・ヤング(川島得愛)、レジーナ・モス刑事:ミコレ・ブリアナ・ホワイト(根本圭子)、セリーナ・メイ:ジーン・ルイザ・ケリー、ジャンヌ:スザンナ・トンプソン、フローレンス・ウィーバー医師:ジャクリーン・マッケンジー(竹村叔子)、ウィニー:イングリット・ビス、デレク・ミッチェル: ジェイク・アベル(宮本淳)、ガブリエルの声:レイ・チェイス(間宮康弘)

NFXで観た。さすがジェームズ・ワン、抜群に面白いアクションホラーだった。話がしっかりしてるし、過去の曰くが斬新。イマジナリーフレンドが殺人鬼?家にいて犯行を目撃してる?『サイコ』や『殺しのドレス』みたいなことか?でも超人的パワーだし、超能力も使う。『バスケット・ケース』か?どーなってんだ、マディソン姉さん!真相が見えてきてなるほど!と。よく考えたなあ!

ゴアシーンもたっぷり。ガブリエルの凶器はトロフィーの上半分。警察署の殺戮シーンが凄い!ブタ箱の皆殺しに続いて、1カットで警官7人を殺す!VFXはILMだけど、ガブリエルの超人的な身のこなしはCGIじゃなく、ウクライナの曲芸師だと。血が繋がってない妹が必死に姉を救おうとするのがいい。ラストはホロリ。CSIの女の子のオトボケがオモロイ。

続きを読む

tag : ホラー超常現象警察クリーチャーゴア病院悪魔

『SIX アメリカ海軍特殊部隊』シーズン2

SIX アメリカ海軍特殊部隊
Six Season2(2018) 全10話

six-s2-pos.jpg監督:キンバリー・ピアース、ミカエル・サロモン、ピーター・ワーナー
脚本:デイビット・ブロイルズ、ウィリアム・ブロイルズ・Jr、ブルース・C・マッケナ
出演:ジョー・“ベア”・グレイヴス:バリー・スローン、アレックス・コールダー:カイル・シュミット、リッキー・“ブッダ”・オーティス:フアン・パブロ・ラバ、ロバート・チェース:エドウィン・ホッジ、ジーナ・クライン:オリヴィア・マン、マイケル・ナーズリー:ドミニク・アダムス、フィッシュベイト:ジェイレン・ムーア、王子:ニコライ・ニコラエフ、トレヴァー・ウォズニアク:エリック・ラディーン、レナ:ブリアンヌ・デイヴィス、ジャッキー:ナディーン・ヴェラスケス、ダーマ:リンゼイ・レジスター、マリッサ:キャサリン・エバンス、アナベル:ジェシカ・ガルサ、リップ:ウォルトン・ゴギンズ

シーズン2も面白かった。前シーズンのラストでリップを暗殺したマイケルの部下のマリッサ、女優が変わったー。タイッサ・ファーミガ系でイイ。次のターゲットはブッダ。ブッダの家族と仲良くなってスリリング。今シーズンはリップの敵討ちで、王子を追う。主導はCIAのジーナ。非情で冷酷な女性エージェントで『ザ・プレデター』でプレデと戦ったオリヴィア・マン!

CIAが追ってるのはテロ集団を率いる王子。チーム6が捜索に参加。
メインのミッションは4話で王子に誘拐された大統領の友達の救出。ボスニア、チェチェン、アゼルバイジャン。王子の組織はコンパクトだけどFSBとつながってる。切り捨てられたけど。CIAにもFSBにも切られて気の毒な王子。

7話の村での戦闘よかった。少年が戦士らしく戦闘に参加してくる。ラスト2話は盛り上がった。4機のSH-60で廃坑へ。この廃墟がカッコいい。次々と湧いて出てくる敵。弾薬もなくなったんで、A-10呼んで、一掃してもらう。このへん、テンション上がったなー。
six2-1.jpg

チーム内は新人投入、ベアとブッダの確執、コールダーの負傷、家庭崩壊。ジーナは爆死、ラストはチームが帰宅したら悲しい結末。シーズン2で打ち切られたので、シーズン3へのクリフハンガーは空振りになっちゃった。

続きを読む

tag : SEALsCIA救出ヘリ人質チーム海軍復讐特殊部隊拷問

『特捜部Q キジ殺し』

特捜部Q キジ殺し
Fasandræberne(2014)120分

特捜部Q キジ殺し監督:ミケル・ノルガード 脚本:ニコライ・アーセル、ラスマス・ヘイスターバング
原作:ユッシ・エーズラ・オールスン「特捜部Q―キジ殺し―
撮影:エリック・クレス 音楽:ヨハン・セーデルクビスト、パトリック・アンドレン、ウノ・ヘルマーソン
出演:カール・マーク:ニコライ・リー・コス、アサド:ファレス・ファレス、マークス・ヤコプセン課長:ソーレン・ピルマーク、ディトリウ・プラム:ピルウ・アスベック、キミー:ダニカ・クルチッチ、ウルリク:ダビド・デン、ローセ:ヨハン・ルイズ・シュミット、テルマ:ベアテ・ビレ

デンマーク映画『特捜部Q』シリーズ2作目。20年前の事件を再捜査。寄宿学校の悪ガキが日曜に犯した鬼畜犯罪をあぶり出す。捜査としては当時の通報者キミーを探すこと。過去が徐々に見えてくるのは面白い。仲間がどんどん殺され、リーダーだけ生かされて逮捕するパターン、ありがちなんだよなーと思ったら、とことん鬼畜な締め方だったw

続きを読む

tag : クライムミステリーバディ警察シリーズスリラー誘拐拷問

オリビア・ニュートン=ジョン

onj-sandy.jpg

『グリース』観たのは高2のとき。映画館で観た2本目のミュージカル。併映は思い出せない。今でこそ『グリース』好きな人多いけど、当時は悪評しかなく、周りの友達も馬鹿映画とかババア高校生つって、褒めてたのオレだけ。当時サントラも買ったんだけど、後年CDも買った。それを今でも聞いてる。
RIP.

Olivia Newton-John
1948.9.26 - 2022.8.8

tag : 訃報

『SIX アメリカ海軍特殊部隊』

SIX アメリカ海軍特殊部隊
Six(2017) 全8話

SIX アメリカ海軍特殊部隊監督:レスリー・リンカ・グラッター、キンバリー・ピアース
脚本:ウィリアム・ブロイルズ・Jr
出演:ベア:バリー・スローン、コールダー:カイル・シュミット、ブッダ:ファン・バブロ・ラバ、チェース:エドウィン・ホッジ、リップ:ウォルトン・ゴギンズ、レナ:ブリアンヌ・デイヴィス、ジャッキー:ナディーン・ヴェラスケス、ナオミ:ノンドゥミソ・テンベ、マイケル:ドミニク・アダムス、エスター:タイラ・ハリス、マリッサ:クリスティン・レーン

APVでふと見始めたら、そのままシーズン1一気見。Nevy SEALsのチーム6は海軍特殊戦開発グループ(DEVGRU)。1話でアフガンのミッション後、隊長のリップは除隊して民間の軍事会社に。警護の任務中、ナイジェリアでテロリストに拉致される。救出までが1シーズンかけて描かれる。

戦闘シーンはよくできてるけど、実際のミッションをリアルに描いてるわけじゃなさそう。手榴弾が飛んできて「グレネード!」って叫ぶんだけど字幕だと「危ない!」なのw

仲間を失ったり、家庭不和になったり、家族ぐるみでバーベキューしたり、隊員間の確執があったりの定番イベントを描きつつ、最終話はやっと救出なので盛り上がる。全員無事帰国してめでたしめでたし、からの衝撃的なラストだった!

続きを読む

tag : SEALsテロ救出ヘリ人質チーム海軍DEVGRU復讐特殊部隊

『アメリカン・ホラー・ストーリーズ』

アメリカン・ホラー・ストーリーズ
American Horror Stories(2021) 全7話

アメリカン・ホラー・ストーリーズショーランナー:ライアン・マーフィー、ブラッド・ファルチャック
監督:ロニ・ペリステレ、エドゥアルド・サンチェス、マックス・ウィンクラー、マニー・コト、サナ・ハムリ
脚本:ライアン・マーフィー、ブラッド・ファルチャック、マニー・コト
出演:1〜2話、7話:スカーレット:シエラ・マコーミック(逢田梨香子)、ルビー:カイア・ガーバー(青木瑠璃子)、マイケル:マット・ボマー(高橋広樹)、トロイ:ギャビン・クリール(三木眞一郎)
3話:チャド:レンジー・フェリズ(パトリ勝悟)、ケリー:マディソン・ベイリー(朝井彩加)、ラリー・ピーターマン:ジョン・キャロル・リンチ(魚建)
4話:バリー:ケビン・マクヘイル(福山潤)、ジン:ニコ・グリーサム(須藤翔)、ダニー・トレホ
5話:リブ:ビリー・ロード(釘宮理恵)、マット:ローネン・ルビンスタイン(小松史法)
6話:ボーゲル:コーディー・ファーン(中川慶一)、ジェイ:アーロン・トヴェイト(内田夕夜)、アディ:ティファニー・デュポン(園崎未恵)、バーチ:ブレイク・シールズ(広田みのる)
7話:ベン・ハーモン:ディラン・マクダーモット(てらそままさき)、ミシェル:メルセデス・メイソン(冬馬由美)、ロリー:ニコラス・ベクテル(河本啓祐)、ディラン:アダム・ハゲンブッフ(丹羽正人)、コニー:ノア・サイラス(村井理沙子)

『アメホラ』のスピンオフ。配信コンテンツなんで、尺はそれぞれ。1話完結でオープニングもいちいち変わる。やっぱ正編と比べると安っぽい話集になっちゃってる。6話が一番よかった。

1・2話「ラバーマン再び」シーズン1「呪いの館」の殺人屋敷に新たなラバーマン
3話「ドライブイン・シアター」呪われた映画を観ると凶暴化して殺し合う
4話「悪い子へのプレゼント」ダニー・トレホがサンタクロースの殺人鬼
5話「バール」財産目当て、みんなで騙す。2重のオチになってた
6話「野生民族」国立公園に棲む人食い族。グロくて悲惨で『捜索者』や『馬上の二人』っぽくて一番よかった。
7話:「ゲーム・オーバー」第2話の続きでシーズン8の後日談。殺人屋敷跡はマンションになってる

続きを読む

tag : TVシリーズホラー幽霊ハロウィン

『ザ・プレデター』

ザ・プレデター
The Predator(2018)107分

ザ・プレデター監督:シェーン・ブラック 脚本:フレッド・デッカー、シェーン・ブラック
キャラクター創作:ジム・トーマス、ジョン・トーマス
撮影:ラリー・フォン 音楽:ヘンリー・ジャックマン
VFX:MPC、ハイドラックス、ライジング・サン、アトミック・フィクション、ライノー
製作:シルバー・ピクチャーズ
出演:クイン・マッケナ:ボイド・ホルブルック(小川輝晃)、ネブラスカ・ウィリアムズ:トレヴァンテ・ローズ(三宅健太)、ローリー・マッケナ:ジェイコブ・トレンブレイ(鶴翔麒)、ケイシー・ブラケット:オリヴィア・マン(木下紗華)、ウィル・トレーガー:スターリング・K・ブラウン(田村真)、コイル:キーガン=マイケル・キー(櫻井トオル)、バクスリー:トーマス・ジェーン(烏丸祐一)、リンチ:アルフィー・アレン(北田理道)、ネトルズ:アウグスト・アギレラ(三宅貴大)、エミリー・マッケナ:イヴォンヌ・ストラホフスキー(田中杏沙)、ショーン・キース:ジェイク・ビジー(下川涼)、サピア:ニオール・マター(白石兼斗)、プレデター:ブライアン・A・プリンス

すげー面白かった!シリーズで一番笑える。笑いも戦いも殺戮もたっぷりで大満足。脚本がフレッド・デッカーとシェーン・ブラックって、オモロイはずだわー。でも世間的には低評価で残念。

『特攻大作戦』を入れたのがいい。みんな荒くれ軍人だけどイイ奴。アサシンに致命傷を負わされたコイルとバクスリーがお互いを射殺するのは名シーン。プレデターハウンドかわいい!アサシン・プレデターでかっ!マッケナが森でM4を撃ってるとき、空薬莢が横の木に当たってるのが暗いのにわかる。

必死な人はとんでもない行動をする。ケイシーが兵士の襟に手榴弾放り込んだり宇宙船に飛び乗ったり。ボディカウントは58人。フュージティブ・プレデターからのプレゼント、プレデターキラーが超カッコイイ。

続きを読む

tag : コメディシリーズゴアエイリアンクリーチャー救出子供宇宙船ハロウィン

1719年の『プレデター:ザ・プレイ』

ザ・プレイ
Prey(2022)99分

ザ・プレイ監督:ダン・トラクテンバーグ 脚本:パトリック・アイソン
撮影:ジェフ・カッター 音楽:サラ・シャッハナー
VFX:MPC タイトル:フィルモグラフ
出演:ナル:アンバー・ミッドサンダー(田村睦心)、タアベ:ダコタ・ビーバース(林勇)、ワサペ:ストーミー・キップ(赤坂柾之)、アルカ:ミシェル・スラッシュ(関山美沙紀)、スム:ステファニー・マティアス、ラファエル:ベネット・テイラー(森田了介)、イッツェ:ハーラン・キートワイト(白石兼斗)、パアカ:コーヴィン・マック(石黒史剛)、プレデター:デイン・ディリエグロ

なかなかよい!18世紀で地味だけど面白い。狩り方、狩られ方が容赦なくて参考になる。コマンチ族の狩りの精鋭を片っ端からブッた斬り、一番弱そうな女の子に苦戦する。犬のサリイも活躍する。

途中で、やっつけ方わーかっちゃったー。と思ったら、確かに伏線だったけど裏かかれたw

続きを読む

tag : Sci-Fiシリーズゴアエイリアンクリーチャースピンオフ

『竜とそばかすの姫』

竜とそばかすの姫
Belle(2021)121分

竜とそばかすの姫原作・監督・脚本:細田守
現実世界キャラクターデザイン・作画監督:青山浩行
〈U〉作画監督・CG作画監督:山下高明
竜デザイン・CGキャラクターデザイン:秋屋蜻一
CGキャラクターデザイン:ジン・キム
撮影:李周美、上遠野学、町田哲 音楽:岩崎太整
制作:スタジオ地図
出演:すず/ベル:中村佳穂、しのぶくん:成田凌、カミシン:染谷将太、ルカちゃん:玉城ティナ、ヒロちゃん:幾田りら、すずの父:役所広司、恵/竜: 佐藤健、吉谷さん:森山良子、喜多さん:清水ミチコ、奥本さん:坂本冬美、中井さん:岩崎良美、畑中さん:中尾幸世、ジャスティン:森川智之、ペギースー:ermhoi、すずの母:島本須美、知/天使:HANA、恵・知の父:石黒賢、イェリネク:津田健次郎、スワン:小山茉美

すっげえ高評価だったけど、好きじゃない。なんでそうなった?がいくつもあって、都合のいい話。線ほっそ!BGすっご!でも〈U〉になじめず15分で挫折。ルックも設定も嫌い。

改めて続きを視聴。画面内の密度が高すぎてやだ。とくに〈U〉はキモい。ルックもキモいし、都合のいい世界で、何が楽しいのかわからん。退屈な世界で魅力を感じない。

手描きの現実世界は安心して観れる。横位置が多すぎだけど、イイ芝居してた。でも許さん父さん鉄拳ふるえず、何だこの不自然な解決。ルカちゃんとカミシンの長回し、すずが高知に帰ったシーンがよかった。エンドロールによるとCGI班は手描きの10倍はおるなー。

続きを読む

tag : アニメーションAI救出

スピンオフ『ダイアボリカル』

ダイアボリカル
Diabolical(2022)全8話

ダイアボリカルショーランナー:エリック・クリプキ
原作:ガース・エニス、ダリック・ロバートソン『ザ・ボーイズ

第1話「レーザー・ベイビーの1日」
監督:クリスタル・チェスニー=トンプソン、デレク・リー=トンプソン
脚本:エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン
アニメーション:スニップル・アニメーション(フィリピン)
赤ちゃん:川上ゆき

第2話「怒ったスーパーヒーローが親を殺す話」
監督:パーカー・シモンズ
脚本:ベン・バユート、ジャスティン・ロイランド
アニメーション:マイティ・アニメーション(メキシコ)
ナレーター:練馬大輔

第3話「なじみの商人」
監督:ジャンカルロ・ボルペ
脚本:ガース・エニス
アニメーション:エッジ・アニメーション(韓国)
ブッチャー:宮内敦士、ホームランダー:堀内賢雄、OD:金城大和

第4話「3D号室のボイド」
監督:ナズ・ゴドラティ=アザディ
脚本:イラナ・グレイザー、エリオット・グレイザー
アニメーション:フォリヴァリ(フランス)
ボイド:虎島貴明、チェリー:川上ゆき

第5話「永遠の友達」
監督:マドリン・フローリーズ
脚本:オークワフィナ
アニメーション:エッジ・アニメーション(韓国)
スカイ:ニケライ・ファラナーゼ、アレオラ:森永千才

第6話「ヌビアン対ヌビアン」
監督:マシュー・ボルデナーヴ
脚本:アイシャ・タイラー
アニメーション:ダート・スタジオ(日本)
ヌビア王子:神奈延年、ヌビア:渡辺明乃、マヤ:飯野南実

第7話「ジョンとソンヒ」
監督:スティーブ・アーン
脚本:アンディ・サムバーグ
アニメーション:スタジオ・アニマル(韓国)
ジョン:牛山茂、ソンヒ:片岡富枝

第8話「1+1=2」
監督:Jae H. Kim、Giancarlo Volpe
脚本:サイモン・ラシオッパ
アニメーション:エッジ・アニメーション(韓国)
ホームランダー:堀内賢雄、マデリン:本田貴子

『ザ・ボーイズ』のスピンオフ短編スプラッターアニメーション。世界最大のFlashアニメーションスタジオ、ティットマウスを中心に各国のアニメスタジオの競作になってる。コンパウンドVに纏わるエピソードが1話10分ちょいが8本なんで一気に観た。オレ好みでよかった!こーゆーのやりてー。

面白かったのは、セリフなしのドタバタ「レーザー・ベイビーの1日」、日本のギャグアニメっぽい「永遠の友達」、セブン加入時のホームランダーを描く「1+1=2」。うまかったのは「なじみの商人」と「3D号室のボイド」
ダイアボリカル

原作のヒューイはのモデルはサイモン・ペッグだったけど、ドラマ版では年齢が合わずヒューイの父親をペッグが演じた。アニメ版では原作のキャラに戻し、声もペッグが演じてる。

続きを読む

tag : スピンオフアニメーションTVシリーズ短編ゴアヒーローコメディコミック

『戦慄の七日間』

戦慄の七日間
Seven Days to Noon(1950)94分

戦慄の七日間監督:ロイ・ボールティング、ジョン・ボールティング
脚本:ロイ・ボールティン、フランク・ハーヴェイ・Jr
原案:ポール・デーン、ジェームズ・バーナード
撮影:ギルバート・テイラー 音楽:ジョン・アディソン
出演:ウィリンドン教授:バリー・ジョーンズ、ゴールディー:オリーヴ・スローン、フォランド警視:アンドレ・モレル、アン・ウィリンドン:シェイラ・マナハン、ステファン・レーン:ヒュー・クロス、ミセス・ペケット:ジョーン・ヒクソン

評価の高いストーリーでオスカーも受賞してるイギリス映画。『ピースメーカー』(1997)の元ネタらしい。確かにそっくり。UR12ってゆータイプライターサイズの原子爆弾を開発者の博士が盗んで、首相が開発中止を宣言しなければ日曜正午にロンドンを爆破するって脅迫する。警察は博士を捜索するけど見つからない。ロンドンに戒厳令が出され、全市民は疎開する。土曜にはロンドン市内に人がいなくなる。日曜正午が迫る。

画面にでっかく曜日が出る。無人のロンドンは大掛かりな撮影だなあ。トリクシーって小型犬がかわいい。

続きを読む

tag : ロンドンスリラーオスカー警察

ニシェル・ニコルズ

NichelleNichols.jpg
ニシェル・ニコルズの訃報。通信一筋30年のウラ中尉。最後はウフーラ大佐か。
RIP.

Nichelle Nichols
1932.12.28 - 2022.7.30

tag : 訃報スタートレック女優

『ハロウィン KILLS』

ハロウィン KILLS
Halloween Kills(2021)105分、2.39:1

ハロウィン KILLS監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 脚本:デヴィッド・ゴードン・グリーン&ダニー・マクブライド
キャラクター創作:ジョン・カーペンター、デブラ・ヒル
撮影:マイケル・シモンズ 音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター、ダニエル・デイヴィス
出演:ローリー・ストロード:ジェイミー・リー・カーティス(幸田直子)、カレン:ジュディ・グリア(魏涼子)、アリソン:アンディ・マティチャック(美山加恋)、トミー・ドイル:アンソニー・マイケル・ホール(山野井仁)、フランク・ホーキンス保安官:ウィル・パットン(菊池康弘)、リンジー・ウォレス:カイル・リチャーズ(平田裕香)、リー・ブラケット:チャールズ・サイファーズ、マリオン・チェンバース:ナンシー・スティーヴンス、ロニー・イーラム:ロバート・ロングストリート、キャメロン・イーラム:ディラン・アーノルド、ビッグ・ジョン:スコット・マッカーサー(神奈延年)、リトル・ジョン:マイケル・マクドナルド(木下浩之)、バーカー保安官:オマール・ドーシー、サミュエル・ルーミス医師:トム・ジョーンズ・ジュニア、コリン・マハン、マイケル・マイヤーズ:ニック・キャッスル、ジェームズ・ジュード・コートニー

『ハロウィン』(1978)の後日談『ハロウィン』(2018)の続編。これでいいんだ、面白かった。マイケルは殺しまくり、ハドンフィールドの住民はマイケル討伐隊を結成してマイケルに戦いを挑む!なんかマイケルがすごいことになってきた!オモロ〜。ボディカウントは28人。

ハロウィン KILLS
今回、ローリーは重症で動けず。次作で活躍するんだろうなー。

halloween1.jpg
2018年のローリーと1978年のローリー

続きを読む

tag : ホラー続編警察シリーズある夜ハロウィン殺人鬼

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ