fc2ブログ

『スパイダーヘッド』

スパイダーヘッド
Spiderhead(2022)106分

スパイダーヘッド監督:ジョセフ・コシンスキー 脚本:レット・リーズ、ポール・ワーニック
原作:ジョージ・ソーンダーズ「Escape from Spiderhead」
撮影:クラウディオ・ミランダ 音楽:ハラルド・クローサー、トーマス・ワンダー
出演:スティーヴ・アブネスティ:クリス・ヘムズワース(三宅健太)、ジェフ:マイルズ・テラー (細谷佳正)、レイチェル:ジャーニー・スモレット=ベル(鷄冠井美智子)、ヘザー:テス・ハーブリック(日笠陽子)、エマ:ベベ・ベッテンコート(ブリドカットセーラ恵美)、ヴェルレーヌ:マーク・パギオ)、アダム:サム・デリッチ(林勇)、ミゲル:ジョーイ・ヴィエイラ(武蔵真之介)、ライアン:ダニエル・リーダー)、デイブ:ロン・スミック(高岡瓶々)、レイ:スティーブン・トンガン(勝杏里)、ローガン:ネイサン・ジョーンズ(廣田行生)

ジョセフ・コシンスキーが『トップガン マーヴェリック』の次に監督したNetflix映画。『オブリビオン』や『オンリー・ザ・ブレイブ』もよかったのに、この最新作はクソつまらんかった。『マーヴェリック』のグースの息子が主演。

スパイダーヘッドって刑務所の名前で、感情を操作する薬の治験をやってる。原作は短編小説で映画化したらスッカスカ。

続きを読む

tag : スリラー脱出

『ライト&マジック』

Light & Magic
Light & Magic(2021)全6話

Light & Magic監督・脚本:ローレンス・カスダン
撮影:ニコラ・マーシュ、エミリー・トッパー 音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
製作:イマジン
出演:ジョージ・ルーカス(石原辰己)、バリー・ジェンキンス(松田裕市)、ロン・ハワード(こねり翔)、ロバート・ゼメキス(大西健晴)、スティーヴン・スピルバーグ(辻親八)、デボラ・チョウ(小見山未来)、ジェームズ・キャメロン(西垣俊作)、ジョン・ダイクストラ(尾花かんじ)、リチャード・エドランド(中博史)、ジョー・ジョンストン(吉富英治)、ローン・ピーターソン(中島智彦)、フィル・ティペット(鷲見昴大)、デニス・ミューレン(楠見尚己)、ケン・ローストン(宮崎敦吉)、ハリソン・エレンショー(浦山迅)、ジョン・ファブロー(大西健晴)、エド・キャットマル(萩野晴朗)、ジョン・ノール(野口雄介)、ダグ・チャン(林田一高)、クリッシー・イングランド(つきのはる)、JJ・エイブラムス(松田裕市)、エレン・ブーン(須川晶紀)、ロジャー・ガイエット(石川貴大)、ハル・ヒッケル(いとうさとる)、ジム・モリス(菊池通武)、スティーヴ”スパズ”ウィリアムズ(前田弘喜)、ジーン・ボルト(田中奏多)、マーク・ディッペ(藤井剛)、ローズ・ドゥイニャン(野々山恵梨)、キム・スミス(広瀬彩)、キャスリーン・ケネディ(中村綾)、ジョン・グッドソン(兼政郁人)、ベン・バート(伊原正明)

監督・脚本はローレンス・カスダン!『スター・ウォーズ』から『マンダロリアン』までILM史。すげーよかった!設立時のILM主要メンバーが懐かしい。ILMやルーカスとは因縁があるはずなのに。ジョン・ダイクストラ、ケン・ローストン、リチャード・エドランド、ジョー・ジョンストン、フィル・ティペット、ローン・ピーターソン、エド・キャットマルは嬉しい。在籍が続くデニス・ミューレンやジョン・ノール。出てこなかった人はジョン・ブルーノにジョン・ラセター。ローストンやミューレンやティペットのアマチュア時代のフィルムは貴重!

遺恨のあるダイクストラはよく出たなあ。解雇された上、訴えられたのに。あれ?ダイクストラがILMを辞めた経緯が定説と違う。ルーカスは『帝国の逆襲』までのつなぎで『ギャラクティカ』をやってもらったって言ってるし、ダイクストラは自分が怒りっぽいからクビになったって言ってる。

ジョンストンはミレニアムファルコンやAT-ATのメイキングを解説してくれる。でも『ジェダイの復讐』の後、
ジョンストン「もう絵コンテは描かない、VFXもうんざりだ、やめる」
ルーカス「じゃあ、USCで映画の勉強しないか?」
ジョンストン「映画の勉強ならここで10年やったさ」
ルーカス「学費は出すし、給料も払うよ」
そんないいオファー断れるはずないってことで、USC行って『ミクロ・キッズ』のオファーにつながる。

できるかどうかわからないことに挑むことが多い。ルーカスができるはずだと言えばやらなきゃなんない。CGIの躍進でモデルショップやクリーチャーショップは過去の技術として葬られていくけど、再び必要とされる時代になってよかった。ボリュームでセットやコンポジットは不要になったけど、ミニチュア復活!

『ウィロー』のモーフィング、34年前にあれ観たときは仰天した。アニメーション独自のものだと思ってたメタモルフォーゼを実写でやられちゃったからね。ミューレンが言うには「Morph」じゃなくて「Morf」が正しいとのこと。
やっぱ『ジュラシック・パーク』でフィル・ティペットが仕事を失ったのは悲しい。ゴーモーションの恐竜はボツ。アニメーション監修じゃね。

#1「はぐれ者の集団」『スター・ウォーズ』
#2「荒馬に乗って」『スター・ウォーズ』
#3「よく考えてくれ」『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』『ドラゴンスレイヤー』『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』
#4「仲間を見つけた」『スタートレックII カーンの逆襲』『ポルターガイスト』『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』(1983)
#5「モーフィング」『ウィロー』『アビス』『ターミネーター2』
#6「恐竜のマネは禁止」『ジュラシック・パーク』『マンダロリアン』

ライト&マジック
みんな年とったなー。

続きを読む

tag : ドキュメンタリーメイキングVFXDisney+

『ウィリーズ・ワンダーランド』

ウィリーズ・ワンダーランド
Willy's Wonderland(2021)88分

ウィリーズ・ワンダーランド監督:ケヴィン・ルイス 脚本:G・O・パーソンズ
撮影:デビッド・ニューバート 音楽:Émoi
出演:管理人:ニコラス・ケイジ、リブ:エミリー・トスタ(川上ひろみ)、ルンド保安官:ベス・グラント(定岡小百合)、テックス・マカドゥー:リック・ライツ(橋本信明)、ジェド・ラブ:クリス・ワーナー、クリス:カイ・カドレック、キャシー:ケイリー・コーウェン、ダン:ジョナサン・メルセデス、ボブ:テレイル・ヒル、アーロン:クリスチャン・デル・グロッソ、エヴァン:デビッド・シェフテル

星4つだけど面白くなかった。ニック・ケイジ主演だが、吹替えに大塚明夫も山路和弘も入ってない。なんと、頭から最後までひとっこともしゃべらんから。

アミューズメントの殺人アニマトロニクスたちが、清掃に来たケイジに襲いかかって返り討ちにされる。よく言えば田舎のショボい『ウエストワールド』に『ペイルライダー』がやってきたよーな。ラストでファビュラス・フリーバーズの曲がかかってびっくり。
ウィリーズ・ワンダーランド
朝までに掃除しといてくれ

続きを読む

tag : ホラーロボコメディアクションクリーチャーある夜

『ムーンフォール』

ムーンフォールg
Moonfall(2021)113分

ムーンフォール監督:ローランド・エメリッヒ 脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー、スペンサー・コーエン
撮影:ロビー・バウムガートナー 音楽:ハラルド・クローサー、トーマス・ワンダー
VFX:DNEG、フレームストア、スキャンラインVFX、ローラVFX、ピクソモンド、リアル・バイ・フェイク
出演:ジョー・ファウラー:ハル・ベリー(本田貴子)、ブライアン・ハーパー:パトリック・ウィルソン(咲野俊介)、K・C・ハウスマン:ジョン・ブラッドリー(後藤光祐)、トム・ロペス:マイケル・ペーニャ(石上裕一)、ソニー・ハーパー:チャーリー・プラマー(石川界人)、ミシェル:ケリー・ユー(伊瀬茉莉也)、ホールデンフィールド:ドナルド・サザーランド(清川元夢)、ダグ・デイビッドソン:エミ・イクワーカー(星野貴紀)

エメリッヒ印の終末デザスター。日本は秋の劇場公開が前倒しでAPV公開になった。午後ローの方がふさわしいけど。

TOTOの「アフリカ」から始まる!月が地球に落っこちてくるのは『フラッシュ・ゴードン 』のミン皇帝の仕業じゃない。ギリで回避するんじゃなく、実際に接触までいくのはさすが。ちゃんと都市壊滅は見せる。月の正体の掘り下げは嬉しい。白色矮星を閉じ込めたダイソン球、なるほど、説得力あるー。
ムーンフォール
今回はアメリカ以外の状況を見せないのが残念。ドナルド・サザーランド御大の出番は2分くらい。あと、死ななくてもいい人が死んじゃうねー。

続きを読む

tag : 宇宙Sci-Fiデザスター宇宙船NASAエイリアン冒険NYAI

『エール!』

エール!
La Famille Bélier(2014)103分

エール!監督:エリック・ラルティゴ 脚本:ヴィクトリア・ベドス、スタニスラス・キャレ・ドゥ・マルベリ、エリック・ラルティゴ、トマ・ビデガン
原案:ヴィクトリア・ベドス
撮影:ロマン・ヴァンダン 音楽:エフゲニー・ガルペリン、サーシャ・ガルペリン
出演:ポーラ・ベリエ:ルアンヌ・エメラ、ジジ・ベリエ:カリン・ヴィアール、ロドルフ・ベリエ:フランソワ・ダミアン、トマソン:エリック・エルモスニーノ、マチルデ:ロクサーヌ・デュラン、ガブリエル・チェヴィニョン:イリアン・ベルガラ

原題は『ベリエ一家』、なんでエール!なんだか。ちょっとええ話のフレンチ・コメディ。聴覚障害ギャグや通訳ギャグはあるけど、笑いは少ない。細部の説得力が薄かった。ポーラ役のルアンヌ・エメラはよかった。歌のレッスンでしくじるとこがかわいかった。
エール!

リメイクの『コーダ あいのうた』の方が断然よかった。大筋はおんなじだけど、大きく違うのは酪農一家でほのぼの牧歌的。兄さんじゃなく存在感薄い弟。存在感薄いデュエットの相棒。父さんは村長に立候補するんだけどどーなったん?コンサートで無音になる演出はこっちにもあった。
エール!

続きを読む

tag : リメイク家族ドラマコメディ

『コーダ あいのうた』

コーダ あいのうた
CODA(2021)113分

コーダ あいのうた監督・脚本:シアン・ヘダー
撮影:パウラ・ウイドブロ 音楽:マリウス・デ・ヴリーズ
出演:ルビー・ロッシ:エミリア・ジョーンズ(野村麻衣子)、フランク・ロッシ:トロイ・コッツァー(坂東尚樹)、レオ・ロッシ:ダニエル・デュラント、ジャッキー・ロッシ - マーリー・マトリン、ベルナルド・ヴィラロボス:エウヘニオ・デルベス(松本保典)、マイルズ:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(玉木雅士)、ガーティー:エイミー・フォーサイス、ブレディ:ケヴィン・チャップマン

APVで星が5つもついてて、オリジナル版よりも星が多いリメイク。どんなもんか吹替版で観てみたら、うわーーー、めっちゃよかった!泣けた!思い出しても涙が出てくる。全部のシーンが素晴らしい!なんて素敵な家族、先生、友達!『CODA』って「Child Of Deaf Adults」の略を掛けてるらしい。なるほどー。ろう者家族に漁船は新味。『リトル・ダンサー』『ピッチ・パーフェクト』『リトル・ミス・サンシャイン』『フラッシュダンス』も入ってる。感動しないわけないじゃん。Apple映画なのに日本のApple TV+では配信がなく、劇場公開のみだったって。

聴覚障害者一家なので、ルビーにとっては家の外も中もすげーうるさい。2ドルの中古プレイヤーが高いとかまで文句言われる。大変だと思うけど家族が大好きだから。レッスンに遅刻してまで家族に協力する。

ルビーの歌声がいいんだなあ、ヒルダの歌みたいに引き込まれる。でも聞こえない家族には伝わらない。ルビーの才能に気づきもしない。もうルビーの葛藤がヒシヒシと。ルビー、もう家族の犠牲になるな、自分の道を進んで夢をかなえろーーーって願ったら、兄さんがそれを伝えてくれた。ルビーが両親に反発するシーン、遊泳禁止の水遊びシーン、母さんの告白シーン、下ネタ父さんが才能に気づいていき、指でルビーの歌を聴く。
コーダ あいのうた
そして急展開!よかったね、ルビー!受験では家族にもわかるように手話で歌う超名シーン。合格発表シーンをどう見せるかと思ったら、これも見事で。家を出る日、家族と別れるシーン、読み通りだったけど感動的だった。締め方もイイ!


ルビー役のエミリア・ジョーンズ、9ヶ月かけて手話と歌とトロール漁船の訓練を受けてる。両親を演じたマーリー・マトリンとトロイ・コッツァーは『CSI:NY』S3E12「聖なる夜」でも夫婦を演じてた。
コーダ あいのうた
"I really love you."

続きを読む

tag : リメイク家族ドラマオスカーコメディ

デヴィッド・ワーナー

DavidWarner.jpg

デヴィッド・ワーナーの訃報。凄みのある英国人だったなー。東映だったら成田三樹夫のポジション。初めて知ったのは『オーメン』の写真家。衝撃のガラス首チョンパ。作り物って丸わかりだったけど。

『タイム・アフター・タイム』の切り裂きジャック、『バンデットQ』の悪魔、『トロン』のサーク、『スタートレックVI 未知の世界』のゴルコン宰相、『2つの頭脳を持つ男』や『マウス・オブ・マッドネス』の博士、そして『メリー・ポピンズ リターンズ』の提督。RIP.

1941.7.29 - 2022.7.24

tag : 訃報俳優スタートレック

1992年の『ダーク・フェニックス』

ダーク・フェニックス
Dark Phoenix(2019)113分

ダーク・フェニックス監督・脚本:サイモン・キンバーグ
撮影:リー・スミス 音楽:ハンス・ジマー
VFX:MPC
出演:ジーン・グレイ:ソフィー・ターナー(能登麻美子)、チャールズ・エグゼビア:ジェームズ・マカヴォイ(内田夕夜)、エリック・レーンシャー:イケル・ファスベンダー(三木眞一郎)、レイヴン・ダークホルム:ジェニファー・ローレンス(牛田裕子)、ハンク・マッコイ:ニコラス・ホルト(浅沼晋太郎)、スコット・サマーズ:タイ・シェリダン(木村良平)、ストーム:アレクサンドラ・シップ(志田有彩)、カート・ワグナー:コディ・スミット=マクフィー(内山昂輝)、ピーター・マキシモフ:エヴァン・ピーターズ(吉野裕行)、セレーネ:コタ・エバーハード(藤田曜子)、アリキ:アンドリュー・ステリン(白熊寛嗣)、ヴーク:ジェシカ・チャステイン(浅野真澄)、大統領:ブライアン・ダーシー・ジェームズ(こばたけまさふみ)

3年ぶりに観た「X-MEN」の7作目にして最終作。今回は吹替版。『X-MEN』シリーズは圧倒的に面白い。こんなに面白いのに、シリーズ最低の興行収入だった。時系列上はこのあと、1作目の『X-MEN』(2000)につながるんだけど、前々作で歴史改変があったので、違いがあるのが面白い。『X-MEN』シリーズ復活してほしーなー。

続きを読む

tag : フランチャイズSci-Fi続編ヒーローコミックエイリアン宇宙救出NY

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』吹替版

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
Doctor Strange in the Multiverse of Madness(2022)126分

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス監督:サム・ライミ 脚本:マイケル・ウォルドロン
撮影:ジョン・マシソン 音楽:ダニー・エルフマン
VFX:フレームストア、ILM、WETA、デジタル・ドメイン、ルマ、SPI
出演:スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ: ベネディクト・カンバーバッチ(三上哲)、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ:エリザベス・オルセン(行成とあ)、ウォン:ベネディクト・ウォン(田中美央)、アメリカ・チャベス: ソーチー・ゴメス(鬼頭明里)、クリスティーン・パーマー:レイチェル・マクアダムス(松下奈緒)、ハミヤ:トポ・ウェルネスニーロ、バロン・モルド:キウェテル・イジョフォー(小野大輔)、サラ:シェイラ・アティム(弘松芹香)、リード・リチャーズ/ミスター・ファンタスティック:ジョン・クラシンスキー(星野貴紀)、キャプテン・カーター:ヘイリー・アトウェル(園崎未恵)、キャプテン・マーベル:ラシャーナ・リンチ(花藤蓮)、ブラックボルト:アンソン・マウント、サラ:シェイラ・アティム、チャールズ・エグゼビア:パトリック・スチュワート(麦人)、クレア:シャーリーズ・セロン(甲斐田裕子)、ピザ・パパ:ブルース・キャンベル(江原正士)

1.90 : 1のIMAX拡張版で観た。ブルース・キャンベルの声がちゃんと江原正士だった。一方、シャーリーズ・セロンは本田貴子でも田中敦子でもなく意外にも甲斐田裕子とは。

続きを読む

tag : MCUヒーローコミック魔法魔女ホラーNY異世界フランチャイズシリーズ

『グレイマン』

グレイマン
The Gray Man(2022)122分

グレイマンー監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ 脚本:ジョー・ルッソ、クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー
原作:マーク・グリーニー「暗殺者グレイマン
撮影:スティーヴン・F・ウィンドン 音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:シエラ・シックス:ライアン・ゴズリング(内田夕夜)、ロイド・ハンセン:クリス・エヴァンス(中村悠一)、ダニ・ミランダ:アナ・デ・アルマス(小林沙苗)、スザンヌ・ブリューワー:ジェシカ・ヘンウィック(内田真礼)、デニー・カーマイケル:レゲ=ジャン・ペイジ(増元拓也)、クレア・フィッツロイ:ジュリア・バターズ(川勝未来)、マーガレット・ケイヒル:アルフレ・ウッダード(水野ゆふ)、ドナルド・フィッツロイ:ビリー・ボブ・ソーントン(原康義)

製作費2億ドルはNetflix映画で最高額。プラハを10日間もレンタルするからでしょ。グレイマンってエリア51とは関係なく、グレイな存在。収監されたライアン・ゴズリングがCIAにリクルートされて殺し屋になる。Vシネ『女死刑囚』(1991)にそっくり。死刑になった柏原芳恵を蘇生してw峰岸徹が政府の殺し屋に仕立てるので、そっちの方がよっぽどグレーな存在だった。『ニキータ』(1990)だったけど。『グレイマン』の原作は2009年なので関係はない。

元CIAのターゲットから情報(上司の不正の証拠)を得て、CIAに追われるハメになる。CIAが雇った残酷な殺し屋クリス・エヴァンスがビリー・ボブ・ソーントンの生爪剥がすよ。メリメリ剥がすカットはないけど。ありがちすぎるお話の組み合わせで斬新さがない。クライマックスは流行りのプラハだし。90年代アクション映画のノリで、ドローン撮影多用してたんで退屈はしなかった。C-130のシーンはよかった。女優陣がよかった。『ノータイム・トゥ・ダイ』のパロマ、『アイアン・フィスト』のコリーン。ビリー・ボブの娘役ジュリア・バターズがかわいかった。ディズニーのCGアニメーターの娘さんで今13歳だって!

続きを読む

tag : Netflix殺し屋拷問CIA航空機格闘チェイス人質救出

『トロール・ハンター』

トロール・ハンター
Trolljegeren/The Troll Hunter(2010)94分

トロール・ハンター監督・脚本:アンドレ・ウーヴレダル
出演:ハンス:オットー・イェスパーセン、トマス:グレン・エルランド・トスタード、ヨハンナ:ヨハンナ・モールク、カッレ:トマス・アルフ・ラーセン、フィン・ハウガン:ハンス・モーテン・ハンセン、ヒルデ:トルン・ルーデメル・ストッケラン、マリカ:ウルミラ・ベルク=ドマース

ノルウェー映画のモキュメンタリー。よくできてた。なぜか政府は隠蔽して1人のハンターに始末させる。その様子を密着取材したファウンドフッテージ。トロールでっけえ。いろんな種類がいるけど、どれも頭はよくない。ヤバいのはヤツらの病気。ハンターは手際よく確実に仕留めていく。キャメラマンがトロールに持ち上げられればいい絵が撮れるのに、と思ったらほんとにそうなった!食われたけど。

トロール・ハンター
車に乗れ!

続きを読む

tag : ファンタジー怪獣脱出チームPOV

R指定の殺戮王女『ザ・プリンセス』

ザ・プリンセス
The Princess(2022)94分

ザ・プリンセス監督:レ・ヴァン・キエ 脚本:ベン・ラスティグ、ジェイク・ソーントン
撮影:ロレンツォ・セナトーレ 音楽:ナタリー・ホルト
VFX:ローラVFX、ミスターX、フォークス
製作:オリジナル・フィルム
出演:王女:ジョーイ・キング(Lynn)、ジュリアス:ドミニク・クーパー(佐藤せつじ)、モイラ:オルガ・キュリレンコ(佐古真弓)、リン:ヴェロニカ・ンゴー(坂井恭子)、カー:ファーガス・オドネル(後藤光祐)、王:エド・ストッパード(上田耀司)、女王:アレックス・リード、カイ:クリストファー・カミヤス

米国ではhuluで公開されたけど、日本はDisney+で公開。中世版『ザ・レイド』みたいな全編ノンストップ・アクション。塔のてっぺんに囚われたプリンセスが、うじゃうじゃいる敵を倒しながら降りてくるアクションありきの映画。

かわいいプリンセスがめちゃくちゃ強くてカッコええ。プリンセスは『ブレット・トレイン』(2022)でプリンス役のジョーイ・キング。同年にプリンセスとプリンス両方演るってすごい。8割は自分で体張ってスタントしてるんで強さに説得力ある。休むことないソードアクションは見応えあった。ドレスを破っていき、傷を負いながらもひたすら殺しまくる!R指定だけど血しぶきや切り株はかなり控えめ。
ザ・プリンセス

地下牢から王と女王と妹を助け出すも失敗、海に放り込まれちゃうが不屈の戦士魂で生還。リンさんと隠し武器庫で反撃の準備はテンション上がる。リンさんのダブルソードもカッコイイ。凶器鞭が武器のオルガ・キュリレンコが残忍でよかった。

続きを読む

tag : アクション近接戦救出チャンバラバイオレンス

『ブラッド・レッド・スカイ』

ブラッド・レッド・スカイ
Blood Red Sky/Transatlantic 473(2021)123分

ブラッド・レッド・スカイ監督:ペーター・トアヴァルト 脚本:ペーター・トアヴァルト、ステファン・ホルツ
撮影:ヨシ・ヘイムラス 音楽:Dascha Dauenhauer
製作:ラット・パック
出演:ナディア:ペリ・バウマイスター(朴璐美)、エイトボール:アレクサンダー・シェア(家中宏)、ファリード:カイス・セッティ(三上哲)、エリアス:カール・アントン・コック(松本沙織)、ドラモンド大佐:グレアム・マクタヴィッシュ(辻親八)、バーグ:ドミニク・パーセル(谷昌樹)、カール:ローランド・ムーラー(落合弘治)、バスティアン:カイ・イボ・バウリッツ(俊藤光利)、カーティス:チディ・アジュフォ

Netflixドイツ映画。プレビュー観てハイジャック対特殊部隊もんかと思ったら、全然違った。なんとバンパイアホラーで、これはこれで楽しかった。『バンパイア・ママ』だね。息子のエリアスくんも大活躍。バンパイアになった経緯はフラッシュバックで。犬っぽいのに噛まれたからてっきりウェアウルフかと思った。

NY行きのA340がハイジャックされる。あとは『フライト・ゲーム』、バンパイアのママが息子を守ってハイジャック犯と戦う。悪党の1人がママの血を採って自分に注射するという逆吸血でヴィラン・クリーチャー誕生、貨物室で戦いになる。こいつの殺し方が気が利いてる。自動操縦をオフにして、朝日の方向に機体を傾ける!操縦は素人なのに抜群のテク。ママは抑制剤で人間を保ってるので、これがないとエリアスをも襲う。エリアスはママを助けたくて自分の血を与えるけど、もう人間じゃなかった。悲しいねー。

続きを読む

tag : Netflix航空機バンパイア子供ホラー

二本立て『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン10:2つの物語

americanhorrorstory10.jpg
American Horror Story: Red Tide / Death Valley(2021)シーズン10 全10話

AHS S10ショーランナー:ライアン・マーフィー、ブラッド・ファルチャック
「赤い海」出演:ハリー・ガードナー:フィン・ウィットロック(川田紳司)、ドリス・ガードナー:リリー・レーブ(日野由利加)、カレン:サラ・ポールソン(安藤麻吹)、オースティン・ソマーズ:エヴァン・ピーターズ(矢野正明)、ベル・ノア:フランセス・コンロイ(野村須磨子)、アルマ・ガードナー:ライアン・キエラ・アームストロング、ラーク:ビリー・ラード(釘宮理恵)、カーン:レスリー・グロスマン(根谷美智子)、ミッキー:マコーレー・カルキン(平川大輔)、化学者:アンジェリカ・ロス(深見梨加)、ホールデン・ヴォーン:デニス・オヘア(牛山茂)
「死の谷」出演:ドワイト・アイゼンハワー:ニール・マクドノー(小原雅人)、マミー・アイゼンハワー:サラ・ポールソン(安藤麻吹)、リチャード・ニクソン:クレイグ・シェイファー(高岡瓶々)、JFK:マイク・ヴォーゲル(佐藤友啓)、アメリア・イアハート:リリー・レーブ(日野由利加)、マリリン・モンロー:アリーシャ・ソーパー(ゆかな)、シータ:アンジェリカ・ロス(深見梨加)、キャリコ:レスリー・グロスマン(根谷美智子)、カル:ニコ・グリーサム(須藤翔)、ケンダル:カイア・ガーバー(青木瑠璃子)、トロイ:アイザック・パウエル(ケンコー)、ジェイミー:レイチェル・ヒルソン(田野アサミ)、ヴァリアント・ソー:コーディー・ファーン、ヘンリー・キッシンジャー:ビンス・フォスター、ボブ・ウッドワード:マーティ・デュー

NetflixからDisney+に引っ越したら、シーズン10も入ってる!シーズン10は怪奇SF二本立て。6話までがバンパイア、あとの4話がエリア51。結構面白かったけど、どっちも締めがこれでいいのかってくらいあっけなかった。

「赤い海」:創作力を引き出す薬。副作用は血が飲みたくなること。才能があればスーパークリエイターになれるが、なければバンパイアとして彷徨う。吸血バイオリン少女のアルマちゃんの魔性っぷりがいい。バンバン殺しまくり。才能ないママは始末したり。演じてるのは『アンという名の少女』のミニー・メイ、2代目炎の少女などの売れっ子。サラ・ポールソンの化けっぷりも見事。相手役で『スピードレーサー2』をオファーされた脚本家はマコーレー・カルキン。
アメリカン・ホラー・ストーリー10

「死の谷」は、米国政府は1954年に宇宙人と契約する。見返りは電子レンジなどのテクノロジー。『シン・ウルトラマン』のメフィラス編にそっくり。宇宙人は地球の環境に適応した子孫を残すために、地球人に宇宙人とのハイブリッドを産ませようとする。60年かかって完成。失敗作だけど上半身が人間で下半身がタコの赤ちゃんの誕生は秀逸!ロズウェル事件や月面着陸、ウォーターゲート事件も盛り込む。『未知との遭遇』や『宇宙戦争』オマージュあり。
アメリカン・ホラー・ストーリー10

ダミアン・ダークはヴィランじゃなくてアイゼンハワー大統領だった。ほかにJFK、ニクソン、アメリア・イアハート、マリリン・モンロー、スタンリー・キューブリック、スティーブ・ジョブズ、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンも出てきた。
アメリカン・ホラー・ストーリー10

続きを読む

tag : TVシリーズバンパイア子供ホラーSci-Fiエイリアン

『スパイラル:ソウ オールリセット』

スパイラル
Spiral: From the Book of Saw(2021)93分

スパイラル監督:ダーレン・リン・バウズマン 脚本:ジョシュ・ストルバーグ、ピーター・ゴールドフィンガー
撮影:ジョーダン・オーラム 音楽:チャーリー・クロウザー
製作:ツイステッド・ピクチャーズ
出演:ジーク・バンクス:クリス・ロック(高木渉)、ウィリアム・シェンク:マックス・ミンゲラ(梅原裕一郎)、マーカス・バンクス:サミュエル・L・ジャクソン(手塚秀彰)、アンジー・ガーサ署長:マリソル・ニコルズ(長尾歩)、マーブ・ボズウィック:ダニエル・ペトロニエヴィッチ(小礒岳人)、フィッチ:リチャード・ゼッピエリ(裕樹)、ピーター・ダンレヴィ元巡査 - パトリック・マクマナス

APVで観た。出演者が最も豪華なシリーズ9作目。リブートだった前作と関係なく、7作目の続きってことかな。クリス・ロックが売り込んだ企画でバディ映画になってる。コメディアンがホラーに出ると怖い顔になる。劇中のスパイラルはバカボンじゃなくてビリー人形のホッペの渦巻き。

オープニングのパレードのシーン、盛大だと思ったら無許可撮影だって。警官たちがゲームに参加させられる。舌、指、顔、人体部分損壊装置いろいろ。瓶を粉砕して発射するメカがいい。大量のガラス片が刺さって、大日本プロレスのデスマッチっぽくなる。

クリス・ロックの父親役はサミュエル・L・ジャクソン、よく出たなあ。あやつり人形にされた上、血まで抜かれて。ボディカウントは7人。クリス・ヘムズワースも出ればソーvsソウになったのに。

続きを読む

tag : ホラーゴア警察復讐シリーズ続編フランチャイズバディ

『メーデー!航空機事故の真実と真相』シーズン20

Air Crash Investigation
Air Crash Investigation(2021)シーズン20 全10話

Air Crash Investigationショーランナー:エリック・クリプキ
監督:マーク・メンギー 脚本:アンドレ・バーロ、ベルナール・ヴァイヨ、レスリー・コート
VFX:PixRay VFX
ナレーション:ジョナサン・アリス(鈴木正和)
声の出演:大羽武士、嵜本正和、奥野恵梨奈、加藤寛規、愛ともえ

わーい、Disne+に『メーデー!』シーズン20入ったー!って喜んだら、これ日本版のシーズン19じゃん!去年ナショジオの一挙放送で見たやつ。なんでディズニーは20にしたん?本国準拠ならシーズン21だし。でもいいや、また観ちゃおう。サイエンステクノロジー、サスペンス、パニック、アクション、ミステリー、謎解きがギッシリ。

比較的近年のインシデントで、記憶に新しいのもある。特に第4話「ライオン・エア610便」と第5話「サウスウエスト航空1380便」は絶品。どっちもボーイング737の2018年の事故。ライオン・エアの方は『地に落ちた信頼: ボーイング737MAX墜落事故』(2022)で映画化されてる。サウスウエストのはキャプテンもコーパイも空軍出身のベテランで見事なコンビネーションと操縦技術に感動しちゃう。

あと7話の「アメリカ空軍KC-135」もなかなかよかった。戦場での給油機事故。これも絶望的な危機からクルーの連携と卓越した操縦技術で生還する。

続きを読む

tag : 航空機TVシリーズドキュメンタリー実話NTSB

『呪詛』

呪詛
呪詛(2022)111分
原題『咒』/英題『Incantation』

呪詛監督:ケビン・コー 脚本:チェウ・ウェイ・チャン、ケビン・コー
出演:ルオナン:ツァイ・スァンニェン、モハメド・エルジェンディ、インスワン・カオ、アーメイド・シャウキー・シェウヒーン、チン・ユー・ウェン

製作費2.5億円の台湾ホラー。2005年に起こった、憑依された家族同士が殺し合ったりウンコ食わせたりした事件にインスパイアされてるらしいけど、実話とは全然違うなー。どっちかってーと耳なし芳一じゃねーの?

初っ端から主人公のルオナンが第四の壁を破って語りかけてくる。娘を助けるために、さあ、みなさんご一緒に。ホホショイ、シセウマ、ホホショイ、シセウマ、頭で念じるだけでもいいですよ、ホホショイ、シセウマ、ホホショイ、シセウマ、、、

話は6年前に遡る。ホラー表現はまあ、ありがちなやつで事の始まりはそこそこ怖いんだけど、ジャンプスケアー狙いがあからさまで笑っちゃう。気色悪いもんいろいろ。虫とかね。でも何と言ってもトライポフォビアにはきっついのがでてきて、ほんと苦手。ゾワゾワしちゃう。そして、耳なし芳一か新崎人生の方向へ。ルオナンも書いてたけど1人じゃ無理でしょ。

ラストでルオナンが「嘘をついてました!」って。実はあの呪文を唱えると「私が呪いを引き受ける」ってことだと。大勢が呪いを引き受ければ、娘の呪いは薄まるんだと。なるほどー、視聴者を巻き込むドンデン返しだったのね。考えたなー。

続きを読む

tag : 実話ホラーNetflix子供ツイスト低予算POV

『ザ・ボーイズ』シーズン3

The Boys: S3
The Boys(2022)シーズン3 全8話

The Boys: S3ショーランナー:エリック・クリプキ
原作:ガース・エニス、ダリック・ロバートソン『ザ・ボーイズ
VFX:DNEG、ミスターX、ボットFX、ピクソモンド、メソッド・スタジオ
アニメーション:シックス・ポイント・ハーネス
出演:ブッチャー:カール・アーバン(宮内敦士)、ヒューイ:ジャック・クエイド(平野潤也)、スターライト:エリン・モリアーティ(山咲しづ香)、ホームランダー:アントニー・スター(近藤浩徳)、クイーン・メイヴ:ドミニク・マケリゴット(高宮彩織)、Aトレイン:ジェシー・T・アッシャー(柏野昌俊)、ディープ:チェイス・クロフォード(村井雄治)、マザーズミルク:ラズ・アロンソ(ボルケーノ太田)、フレンチー:トマー・カポン(下川涼)、キミコ:福原かれん、ライアン:キャメロン・クロヴェッティ(熊谷海麗)、ブラック・ノワール:ネイサン・ミッチェル、スーパーソニック:マイルズ・ガストン・ビリャヌエバ(関口雄吾)、スタン・エドガー:ジャンカルロ・エスポジート(菊池康弘)、アシュリー:コルビー・ミニフィ(熊谷海麗)、ビクトリア・ニューマン:クローディア・ドゥーミット、ブルー・ホーク:ニック・ウェクスラー (赤坂柾之)、グレイス・マロリー:ライラ・ロビンス(塙英子)、ソルジャー・ボーイ:ジェンセン・アクレス(東地宏樹)、ガンパウダー:ショーン・パトリック・フラナリー、(平林剛)、クリムゾン・カウンテス:ローリー・ホールデン(東内マリ子)、マインドストーム:ライアン・ブレイクリー、TNTツインズ:ジャック・ドーラン/クリスティン・ブース

シーズン3も面白かった。まだまだ勢いある。サイコパスなホームランダーを殺そうって話なんだけど、二転三転、めまぐるしく展開して、とんでもないラストになってく。

7話でキミコがTVで『フラッシュダンス』見てて、ちょうど「マニアック」の部分。MVかもしれんけど。スターライトが来たら消しちゃうんだけど、これが伏線だった!最終話ラストバトルで「マニアック」を聴きながらアレックスのように戦う!ノワールのディズニー・スタイルのアニメーションもようできとった。HarmonyかAnimate。スタジオはLAのシックス・ポイント・ハーネス。

続きを読む

tag : ヒーローコミックTVシリーズNYチームAmazon裏切りCIA

2019年の『アンブレラ・アカデミー』

アンブレラ・アカデミー3
The Umbrella Academy(2022)シーズン3全10話

アンブレラ・アカデミー3ョーランナー:スティーブ・ブラックマン
原作:ジェラルド・ウェイ、ガブリエル・バー『The Umbrella Academy』
VFX:スピンFX、WETAデジタル、MARZ VFX
出演:ヴィクター/7号:エレン・ペイジ (大野智敬)、ルーサー/1号:トム・ホッパー (木内秀信)、ディエゴ/2号:デイビッド・カスタニェーダ (辻井健吾)、アリソン/3号:エミー・レイヴァー・ランプマン (ニケライ・ファラナーゼ)、クラウス/4号:ロバート・シーハン (烏丸祐一)、ファイブ/5号:エイダン・ギャラガー (石川賢利)、ライラ:リトゥ・アリヤ(那村有香)、ベン/2号:ジャスティン・H・ミン(井之上潤)、マーカス/1号:ジャスティン・コーンウェル(角田雄二郎)、フェイ/3号:(栗坂南美)、スローン/5号:ジェネシス・ロドリゲス(佐久間友理)、アルフォンソ/4号:ジェイク・エプスタイン(岩河拓吾)、ジェイミー/6号:カジー・デヴィッド(和優希)、レジナルド・ハーグリーブス卿:コルム・フィオール (堀越富三郎)、グレース:ジョーダン・クレア・ロビンス (和優希)、ポゴ:アダム・ゴドリー (神尾晋一郎)、ハーラン:カラム・キース・レニー(白熊寛嗣)、スタン:ジャヴォン・ウォルトン(長谷川暖)、チェット:ジュリアン・リッチングス(斉藤隼一)

前半はスパロー・アカデミーとの対立、後半はグランドファーザー・パラドックスからのクーゲルブリッツによるアポカリプス、ハーグリーブスのオブリビオン計画。エレン・ペイジがエリオット・ペイジになったので、キャラクターもヴァーニャからヴィクターと男性化、声優まで男に交代した。

ハーランの暴走がアンブレラが存在しない世界を作って代わりにスパローができた。そこへ存在しないはずのアンブレラが来たからパラドックスが生じて、なんで屋敷の地下にクーゲルブリッツ誕生につながるか、因果関係がわからん。ハーグリーブスがヴィランだけど、彼のオブリビオン計画に何の意味があるのか。7つの鈴を鳴らさせたいのに、番人に襲えわせるのがわけわからん。結局リセットで宇宙は再構築、能力も失う。シーズン4はどーすんだ?

曲の使い方がゼイタクでいい。1話の「フットルース」なんてサイコー。8話でルーサーとスローンの結婚式。崩壊直前のパーティが楽しそうでよかった。

続きを読む

tag : NetflixTVシリーズコミックヒーロー家族タイムトラベルミッション

『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』

漆黒のスネークアイズ
Snake Eyes: G.I. Joe Origins(2021)121分

漆黒のスネークアイズ監督:ロベルト・シュヴェンケ 脚本:エヴァン・スピリオトポウロス、ジョー・シュラプネル、アンナ・ウォーターハウス
原作:ハズブロ
撮影:ボジャン・バゼリ 音楽:マーティン・トシャロウ
VFX:ミスターX
スタントコーディネーター:谷垣健治
製作:パラマウント、MGM、スカイダンス、エンターテインメント・ワン、ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ
出演:スネークアイズ:ヘンリー・ゴールディング(木村昴)、トミサブロウ・“トミー”・アラシカゲ/ストームシャドー:アンドリュー・小路(小林親弘)、暁子:安部春香、鷹村ケンタ:平岳大(子安武人)、セン:石田えり、ハードマスター:イコ・ウワイス(野津山幸宏)、ブラインドマスター:ピーター・メンサー(井上和彦)、アナ・ディコブレイ/バロネス:ウルスラ・コルベロ(竹内順子)、シャナ・オハラ少佐/スカーレット:サマラ・ウィーヴィング(白石涼子)、ブルーザー(ストリートファイター):モジョ・ローリー

NFXで見た。安倍内閣の外国映像作品ロケ誘致に関する実証調査事業第1回作品。スネークアイズとストームシャドー誕生編。スネークアイズが日本の忍者組織、嵐影流に迎えられるところからG.I.ジョーにスカウトされるまで。スネークアイズは主役なのでしゃべる。東京で繰り広げられる忍者とヤクザの抗争ってだけで面白い。8800万ドルかけたVシネって感じで好きだなあ。

東京郊外に姫路城があって、そこが嵐影一族の本拠地。『007は二度死ぬ』の再来。頭領は石田えりで吹替えも本人。マスターにイコ・ウワイスと『スパルタカス』で訓練士だったピーター・メンサーがいて、こりゃ頼もしい。ヤクザたちは銃器が商品なので刀で戦う。忍者も刀なのでチャンバラで斬り合い。アクションシーンの多くが夜なのが残念。でも忍者だからなー、夜だよなあ。東京ロケは風景のみで、実際は大阪で撮影したらしい。新宿の路地アクションはセット。興行失敗で続編は危ういかもしれん。

漆黒のスネークアイズ
日本での撮影は2020年1月6日から2月28日まで、東京(16日)、兵庫/姫路城、圓教寺、本徳寺( 21日)、大阪/岸和田城、五風荘、岸和田市民道場心技館 京橋、若江立坑(11日)、茨城/ワープステーション江戸(7日)。姫路城ロケは、米国・カナダ側スタッフ80名、日本側スタッフ200名、俳優・エキストラ100名が参加。運搬用4トントラック40台、ロケバス10台、ワゴン車20台、劇用車両10台。

漆黒のスネークアイズ
代々木ドコモタワーからスクランブル交差点へのPANは見事に決まってた!

続きを読む

tag : 日本シリーズアクション格闘チャンバラ

『リーサル・ウェポン』シーズン2

リーサル・ウェポン
Lethal Weapon(2016)シーズン2全22話

リーサル・ウェポンショーランナー:マット・ミラー、アレックス・トーブ
監督:スティーヴ・ボーヤム、ニック・コパス、ネイサン・ホープ、ロブ・ベイリー
脚本:マット・ミラー、カイル・ウォーレン、アレックス・トーブ、ケイティ・ヴァーニー
原作:シェーン・ブラック「リーサル・ウェポン」
撮影:デビッド・モックスネス 音楽:ロバート・ライデッカー
出演:マーティン・リッグス:クレイン・クロフォード(津田健次郎)、ロジャー・マータフ:デイモン・ウェイアンズ(磯部勉)、モーリーン・ケイヒル:ジョーダナ・ブリュースター(行成とあ)、トリッシュ・マータフ:キーシャ・シャープ(高乃麗)、ブルックス・エイヴリー:ケヴィン・ラーム(井上倫宏)、スコセッシ - ジョナサン・フェルナンデス(星智也)、ソーニャ・ベイリー:ミシェル・ミッチェナー(鹿野真央)、ザック・ボウマン:アンドリュー・クリアー(清水優譲)、カレン・パーマー:ヒラリー・バートン(佐古真弓)、リアーナ・マータフ:チャンドラー・キニー(磯部莉菜子)、ロジャー・マータフ・ジュニア:ダンテ・ブラウン(廣瀬武央)、ミランダ・リッグス:フロリアナ・リマ(平田裕香)、モリー・ヘンドリックス:クリステン・グートスキー(小山萌子)、レオ・ゲッツ:トーマス・・レノン(多田野曜平)、ロニー・デルガド:トニー・プラナ(沢木郁也)、ギャレット・リッグス:ピーター・コベントリー・スミス、ネイサン・リッグス:レックス・リン(手塚秀彰)

コメディ色が濃くなった。リッグスとマータフの関係強化、掛け合いも絶妙。エイヴリー警部やゲッツが加わっても面白いし、ベイリーのツッコミもいい。それにしてもベイリー、優秀な刑事だわー。このシーズンはリッグスのこわ〜い父親が登場。家族で宿敵。『マイアミ』でトリップ刑事だったレックス・リン!ついにリッグスは幼馴染モリーと前に進む。よかったよかった。でも最終話にラストは衝撃的すぎるんですけど!テキサスに引っ越す前にミランダの墓に寄ったらギャレットが!

#10「招かれざるサンタ」アーリアン・フラタニティから狙われるクリスマス
#15「不都合な真実」カッコイイばあさんルーシーがリッグスと相性がいい
#16「命知らずの男たち」CSIのホッジスが出てきた!
#22「父の影」マータフが警部に。リッグスに弟がおった!
#21「新たなる一歩」LAを去るリッグスにサプライズ!でも衝撃のサプライズはラストシーンに!

続きを読む

tag : クライム警察LATVシリーズバディ銃撃戦リメイクコメディアクションDEA

1986年の『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4

ストレンジャー・シングス
Stranger Things(2019)シーズン4 全9話

ストレンジャー・シングスショーランナー:ダファー兄弟
原案:ダファー兄弟 脚本:ダファー兄弟
監督:ダファー兄弟、ショーン・レヴィ、ニムロッド・アーントル
音楽:カイル・ディクソン、マイケル・ステイン
出演:ジョイス・バイヤーズ:ウィノナ・ライダー(園崎未恵)、ジム・ホッパー:デヴィッド・ハーバー(山野井仁)、イレブン:ミリー・ボビー・ブラウン(釘宮理恵)、マイク・ウィーラー:フィン・ヴォルフハルト(大塲駿平)、ダスティン・ヘンダーソン:ゲイテン・マタラッツォ(林卓)、ルーカス・シンクレア:ケイレブ・マクラフリン(滝沢聖波)、ウィル・バイヤーズ:ノア・シュナップ(山田瑛瑠)、マックス・メイフィールド:セイディー・シンク(金子睦)、ナンシー・ウィーラー:ナタリア・ダイアー(ふじたまみ)、ジョナサン・バイヤーズ:チャーリー・ヒートン(河本啓佑)、スティーブ・ハリントン:ジョー・キーリー(松田修平)、ロビン・バックリー:マヤ・ホーク(清水理沙)、マレー・バウマン:ブレット・ゲルマン(辻井健吾)、エリカ・シンクレア:プリア・ファーガソン(大谷理美)、マーティン・ブレンナー博士:マシュー・モディーン(森田順平)、サム・オーエンズ博士: ポール・ライザー(水内清光)、ヴェクナ:ジェイミー・キャンベル・バウアー(日野聡)、エディ・マンソン:ジョセフ・クイン(清水優譲)、アーガイル:エドゥアルド・フランコ(石狩勇気)、ビリー・ハーグローブ:デイカー・モンゴメリー(益山武明)、ジェイソン・カーヴァー:メイソン・ダイ、ジャック・サリバン中佐:シャーマン・オーガスタス、クリッシー:グレース・ヴァン・ディーン(山田唯菜)、スージー:ガブリエラ・グレースピッツォーロ、ヴィッキー:エイミーベス・マクナルティ(関根明良)

1話2話までつまらんかった。シーズン3から半年後だけど実質3年ぶりで変な感じ。86年のポップカルチャー度が薄い。パワーを失ったエルはいじめられっ子だし、チームはバラバラだし、本筋が見えん。でもマックス中心になる3話から面白くなりだして、4話にピークきた!マックス〜!5話でエルがネバダの施設へ。これでホーキンス、カムチャツカ、ユタ、ネバダの4ライン。

メインはやっぱりホーキンスで謎解きのダスティン班。このユニットが一番面白い。ソ連からホッパーを救出しようとするジョイス班は別のシリーズみたいで、いらんラインだけど主役を使わんわけにいかんから。ニーナでパワーを取り戻そうと過去を探るエルは凝ってて面白いライン。真相が明らかになる。エルを救出しようとするマイクたち、のラインも助長。だいぶカットされてると思う。7話ではまったく出番がない。でもスージーのパソコンがApple IIじゃなくてAMIGAなのがイイ!Workbench1.0のAMIGA1000。マウスとキーボード懐かしい。ただ、表示してるコードはHTMLだ、、、しかもCSSは10年早い、、、さすがにWEBブラウザーのない時代にこれはねえわ。
ストレンジャー・シングス

7話はヴェクナとワンが結びついて盛り上がった!これでVol.1終了。残るラストは4時間あるので前後編に分けて1ヶ月後。

Vol.2は1ヶ月も待たされてテンション下がっちゃった。でもVol.1のダイジェストで持ち直す。前シーズンまでメインだった高額キャストたちがサブに追いやられてるw そのぶんマックスがメインになってありがたい。ナンシーは頼もしい。ホーキンス組が主体。「セパレート・ウェイズ」のこんなカッコイイ使い方、初めて見た。

ストレンジャー・シングス4-9
シーズンファイナルの9話は2時間半の長尺だけど、ボリュームは薄い。ソ連班とネバダ班を挟みながらのラストバトル。ジョイスはハルク・ホーガンTシャツを着る。ホーキンス班は全員に見せ場があった。特に赤シャツ扱いだと思ったエディの活躍は意外だった。マイクのエルへの呼びかけ、「戦え!戦え!」はよかった。異世界バトルはまだしも、精神世界バトルは物足りんわ。ヴェクナことワンことヘンリーは死んでなさそうだし。ダスティンがエディの父親にエディの最期を話すシーンはよかった。再会シーンは大団円ぽくていいけど、マックスは目覚めない。マックス〜!シーズン4のヒーロー大賞だったなー。

続きを読む

tag : Netflixホラーファンタジーミステリー異世界冒険クリーチャーTVシリーズ救出1980s

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ