fc2ブログ

2011年の『アンダー・ザ・シルバーレイク』

Under the Silver Lake
Under the Silver Lake(2018)90分

Under the Silver Lake監督・脚本:デヴィッド・ロバート・ミッチェル
撮影:マイケル・ジオラキス 音楽:ディザスターピース
出演:アンドリュー・ガーフィールド(小松史法)、ライリー・キーオ(熊谷海麗)、トファー・グレイス、ゾーシャ・マメット(三重野帆貴)、キャリー・ヘルナンデス(竹村知美)、パトリック・フィスクラー(堀総士郎)

プライムで見た。『イット・フォローズ』の監督なんだが、これはワケわからん映画。前半はヒッチコック・タッチで次々と事件が起きて、奇妙な出来事が次々と起こって謎解き。

犬殺し、家賃滞納、俳優の失踪と死、ジャネット・ゲイナー、陰謀、サラの行方、歌に込められた暗号、ソングライター、シェルター、フクロウ女、キング、死の次の世界、とにかくたくさんの情報が放り込まれて翻弄されるってゆー。

Under the Silver Lake
マイロ・ニューマンの絵をMoreFrames Animationが動かした白黒アニメパートが2シーンあって、これがなかなかいい感じ。エンドロールもアニメーション。

続きを読む

tag : アニメーションクライムApple

『海底47m』を吹替版

47 Meters Down
47 Meters Down(2017)90分

47 Meters Down監督:ヨハネス・ロバーツ 脚本:ヨハネス・ロバーツ、アーネスト・リエラ
撮影:マーク・シルク 音楽:トムアンドアンディ
VFX:アウトポスト
出演:ケイト:クレア・ホルト(山口協佳)、リサ:マンディ・ムーア(浅野真澄)、ハビエル:クリス・J・ジョンソン(俊藤光利)、ルイス:ヤニ・ゲルマン(前田一世)、ベンジャミン:サンティアゴ・セグーラ(金城大和)、テイラー船長 :マシュー・モディーン(北島善紀)

劇場で観て、めっちゃよーできとると思ったので、Netflixで再見。やっぱりすごかった!そりゃあもうハラハラドキドキの連続で。ほんとよくできた英国スリラー。息詰まる緊張感がたまらん。サメ映画ベスト5に入る。続編も観たいんだけど。
47m1.jpg

続きを読む

tag : 救出サバイバルスリラー

『お!バカんす家族』

Vacation
Vacation(2015)99分

Vacation監督・脚本:ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー
キャラクター創造:ジョン・ヒューズ
撮影:バリー・ピーターソン 音楽:マーク・マザーズボー
出演:エド・ヘルムズ(永井誠)、クリスティナ・アップルゲイト(相田さやか)、スカイラー・ギソンド(畠中祐)、スティール・ステビンズ(平田真菜)、クリス・ヘムズワース(三宅健太)、レスリー・マン(七緒はるひ)、チェビー・チェイス(楠見尚己)、ビヴァリー・ダンジェロ、ノーマン・リーダス

ヘンな邦題だけど、結構笑える。『ホリデーロード4000キロ』のリメイクで、チェビー・チェイスの『バケーション』シリーズ5作目。チェイスの息子一家の家族旅行。特に温泉、牛追い、ラフティング、4州境、家族バトルのシーンは爆笑した。旅で関わるゲストも豪華でチェイスおじいちゃんは当然として、クリス・ヘムズワース、マイケル・ペーニャにノーマン・リーダス!ガイド役のチャーリー・デイ、笑える。

続きを読む

tag : 家族ロードムービーApple

ジョン・サクソン

John Saxon
ジョン・サクソンを知ったのはもちろん『燃えよドラゴン』のローパー。ヤン・スーを倒した!『600万ドルの男』でロボットになったらスティーブ・オースチンにヤラレちゃった。以降、悪役のイメージで『宇宙の七人』のセイドアは宇宙の独裁者。『エルム街の悪夢』シリーズではナンシーの父親で警官だった。
R.I.P.

John Saxon
1936.8.5 - 2020.7.25

tag : 俳優訃報

1975年の『最初に父が殺された』

First They Killed My Father
First They Killed My Father(2017)136分

First They Killed My Father監督:アンジェリーナ・ジョリー 脚本:ルオン・ウン、アンジェリーナ・ジョリー
原作:ルオン・ウン『最初に父が殺された 飢餓と虐殺の恐怖を越えて』
撮影:アンソニー・ドッド・マントル 音楽:マルコ・ベルトラミ
出演:サリウム・スレイモック(佐藤美由希)、ポーン・コンペーク(上田燿司)、スベン・ソチェアタ(よのひかり)

カンボジアから米軍撤退後、クメール・ルージュ支配下の実話をアンジェリーナ・ジョリーが製作・脚本・監督したカンボジア映画。

プノンペンを追い出されたルオンちゃん一家、強制労働キャンプへ。プノンペンではいい暮らししてたのに、掘建て小屋での地獄の暮らし。夜にこっそり1匹のコオロギを家族で分けあって食う。パパは橋の工事に呼び出され、それは処分されることを意味する。兄達は兵士に取られ、次第に家族はバラバラに。ママは残ったルオンちゃんたちを脱走させる。いやー、これは見てて辛い。映像は美しいけど、内容が鬼畜すぎて途中で折れた。

でも時間をおいて視聴再開。次のキャンプはまだマシだったけど、7歳のルオンちゃんは兵士の訓練を受ける。侵攻してくるベトナム軍、兄弟と再会するも戦場を逃げ惑うことに。なんと恐ろしい!自分が仕掛けた地雷で同胞が次々に爆死。最後はクメール・ルージュ崩壊で兄弟全員再会できるんだけど、まあ、イヤな現実だったね。

続きを読む

tag : 実話Netflix近接戦格闘サバイバル兄弟

『寅次郎夕焼け小焼け』

寅次郎夕焼け小焼け
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(1976)109分

寅次郎夕焼け小焼け原作・監督:山田洋次 脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫 音楽:山本直純
出演:渥美清、倍賞千恵子、太地喜和子、下條正巳、三崎千恵子、前田吟、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、桜井センリ、寺尾聰、久米明、岡本茉利、榊原るみ、佐山俊二、佐野浅夫、大滝秀治、岡田嘉子、宇野重吉

シリーズ中ベスト5に入る屈指の傑作。公開当時に買ったシナリオ第1稿は今もとってある。
気になったのは冒頭の「不適切な部分を修正して放送します」ってテロップ。不適切だったのは下半身を食いちぎられた源だった!シリーズ唯一のゴアショットにぼかしが入ってた。
寅次郎夕焼け小焼け
さくらの足の方がショッキングだと思うけど。

寅次郎夕焼け小焼け
イモのシーン何度見ても笑える。久米明市長のリアクションが最高。

寅次郎夕焼け小焼け
泣けるシーン1、青観先生を見送る志乃。このサイドストーリーは深い!

寅次郎夕焼け小焼け
泣けるシーン2、ぼたんの「さくらさん、私、嬉しい!」と泣くシーン。ぼたんのテーマが明るいだけに、悲しみは深い。寅は貴子さんのときも「指の1本や2本、いえ、片腕、片足くらいでしたらなんてことありません」と言うけど、今回の「明日の朝、刑事がここに来て車寅次郎はあんたの兄さんか?と訪ねるかもしれねえ」ってのが秀逸!

寅次郎夕焼け小焼け
泣けるシーン3、青観先生の絵を寅に見せるシーン。「けど私譲らへん!絶対譲らへん!1000万円積まれても譲らへん!一生宝もんにするんや!」この力強いぼたんの言葉に打たれる。絵はお金じゃない、気持ちなんだ!

続きを読む

tag : フランチャイズコメディ昭和シリーズ

『スター・ファイター』

The Last Starfighter
The Last Starfighter(1984)101分

The Last Starfighter監督:ニック・キャッスル 脚本:ジョナサン・ベテュエル
撮影:キング・バゴット 音楽:クレイグ・サファン
プロダクションデザイン:ロン・コッブ
CG総指揮:ジョン・ホイットニー・ジュニア
出演:アレックス・ローガン:ランス・ゲスト、マギー・ゴードン:キャサリン・メアリー・スチュワート、セントーリ:ロバート・プレストン、グリッグ:ダン・オハーリー、ズアー:ノーマン・スノウ、ジェーン・ローガン:バーバラ・ボッソン、ルイス・ローガン:クリス・ハバート、エンデュラン:ケイ・E・クター、クリル:ダン・メイソン

大好きな映画なのに円盤出てくれんので輸入盤BD買って観た。吹替え入りで日本版出して欲しい、最高のBムービー。

南カリフォルニアの田舎のトレーラーパーク。いいとこにいい人たちが住んでる。アレックスがゲームで最高得点を出すと住人たちが集まってきて応援する!そして見事クリア、全員大喜び。セントーリのスターカーが迎えに来る。身代わりはコピーロボット「ベータ・アレックス」、成形具合は『スターマン』似。スターリーグ基地にホンモノの巨大ガンスター!クレイコンピューターによる映画史上初のフォトリアルCGモデル。

マジな戦闘なんてできっこないので地球に帰還。その間にスター・ファイター・コマンド全滅。最後のスターファイターになったアレックスが再び出撃。敵コ・ダンを壊滅。

そして感動のラストシーン、もう、何度見ても泣ける!トレーラパークに直陸するガン・スター。ヒーローの帰還。グリッグも一緒。大歓迎の住民。大学に入れなかったけど、スター・ファイターとしてやっていく!マギーを誘う。そんな急に言われても。突然の別れ。背中を押すおばあちゃん。「アレックス、待って!私も行くわ」エレベーターに乗るマギー。最高の横位置!アレックスの弟もゲームに向かう素晴らしいシルエット。そしてあのテーマ!たまらんわー。

メイキングは続編の製作が発表された2009年制作の『Heros of the screen』と1999年制作の『Crossing the Frontier: Making of The Last Starfighter』の2本。コメンタリーはニック・キャッスルとロン・コッブ。日本語字幕ないと無理だよなー。

The Last Starfighter
スターカーはロン・コッブがデロリアンをベースにデザイン。このあとコッブは『BTTF』デロリアンをデザインする

lThe Last Starfighter
ロン・コッブのデザインをデジタイザーで打ち込んだCGモデル。すべての視覚効果はクレイ X-MPコンピューターで制作。

25年後を描く続編が2009年に発表されるも消滅。2018年にリブート版のコンセプトアートが発表されるも、権利関係がクリアできずに進展なしとのこと。

続きを読む

tag : 宇宙船Sci-Fi宇宙ミッションエイリアン

1990年の『リグレッション』

Regressiong
Regression(2015)97分

Regressiony監督・脚本:アレハンドロ・アメナーバル
撮影:ダニエル・アラーニョ 音楽:ロケ・バニョス
VFX:ローラVFX、シネサイト
出演:イーサン・ホーク(咲野俊介)、エマ・ワトソン(清水理沙)、デヴィッド・シューリス(早川毅)

Netflixで見たスペイン映画。実話ベースだし、『オープン・ユア・アイズ』や『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバルならハズレはないだろうと期待したけど、アタリでもなかった。

父親が娘をレイプした事件をイーサン・ホーク刑事と心理学者デヴィッド・シューリスのコンビが捜査。父親はその記憶がない。退行催眠によって、悪魔崇拝者たちが絡んでることがわかってくる。なかなかキショイ連中だ。イーサン・ホークの疲弊と不安定がこっちまでイライラ。

退行催眠の副作用ってのはなるほどーって感じだけど、ラストの『ユージュアル・サスペクツ』風のプロットツイストは、あー、やっぱりねって感じ。

tag : スリラー悪魔警察実話ツイスト

『マーダー・ミステリー』

Murder Mystery
Murder Mystery(2019)97分、2.00 : 1

Murder Mystery監督:カイル・ニューアチェック 脚本:ジェームズ・ヴァンダービルト
撮影:アミール・モクリ 音楽:ルパート・グレッグソン=ウィリアムズ
VFX:ローラVFX、シネサイト
出演:ニック・スピッツ:アダム・サンドラー(森川智之)、オードリー・スピッツ:ジェニファー・アニストン(佐々木優子)、チャールズ・キャヴェンディッシュ:ルーク・エヴァンス(東地宏樹)、グレース・バラード:ジェマ・アータートン(甲斐田裕子)マルコム・クィンス:テレンス・スタンプ(佐々木勝彦)、フアン・カルロス・リベラ:ルイス・ヘラルド・メンデス、ローラン・ドラクロワ:ダニー・ブーン(松山鷹志)、スージー・ナカムラ:忽那汐里(福原綾香)、マハラジャ・ヴィクラム・ゴヴィンダン:アディール・アクタル(新田英人)、チャールズ・ウレンガ大佐:ジョン・カニ(石原辰己)

Netflix映画。伏線いっぱい、アガサ・クリスティー風スクリューボールコメディ・ミステリー。超面白かった。特に刑事のフリする巡査部長アダム・サンドラーと、妻で美容師でミステリー好きのジェニファー・アニストンの掛け合い!吹替えも絶妙。なんで評価低いのか?『ファール・プレイ』級の傑作だと思う。

Murder Mystery
2018年のモナコGP。優勝は容疑者、マクラーレンのフアン・カルロス・リベラ。車番14はフェルナンド・アロンソ。、実際に優勝するのレッドブルのダニエル・リカルド

Murder Mystery
オードリーがキャヴェンディッシュの車内で見つけた大正製薬のクラリチン

続きを読む

tag : クライムNetflixコメディミステリーツイストレース

『実録・名古屋やくざ戦争 統一への道4』

実録・名古屋やくざ戦争 統一への道4
実録・名古屋やくざ戦争 統一への道4(2004)85分

監督:石原興 脚本:村上和彦、白土勉
撮影:藤原三郎
出演:中野英雄、小沢仁志、嶋大輔、遠藤憲一、岡崎二朗、前田耕陽、隆大介、小林勝彦、大和武士、布川敏和、曽根晴美、清水宏次朗、高知東生、山下真司、竹中直人

プライムに2作目と3作目がなく完結編。昭和63年から平成3年まで。弘道会と鉄心会の名古屋抗争を経て、話し合いで中京五社会は弘道会へ。ついに司と髙山、積年の夢であった名古屋統一!戦争は避け、社会と共生し、平和な住みよい都市に。ラストは栄で司も髙山も護衛なし!感動した。

山口組弘道会
弘道会会長 司忍(現山口組六代目組長):小沢仁志
弘道会髙山組 髙山清司(現山口組若頭):中野英雄

続きを読む

tag : 実録

昭和41年『実録・名古屋やくざ戦争 統一への道』

名古屋やくざ戦争 統一への道
実録・名古屋やくざ戦争 統一への道(2003)82分

名古屋やくざ戦争 統一への道監督:石原興 脚本:遠藤夏輝、村上和彦
撮影:藤原三郎
出演:中野英雄、遠藤憲一、渡辺裕之、羽賀研二、石橋保、北村一輝、嶋大輔、四方堂亘、小沢和義、大浦龍宇一、大沢樹生、小西博之、山下真司、ヒロミ、小沢仁志、竹中直人

プライムで見た。昭和40年代前半の名古屋やくざ界を超豪華キャストで再現!地元の話なので興味津々。固有名詞が変えてあってわかりにくいけど、モデルと一致するとますます面白い。残念なのは誰も名古屋弁をしゃべらないこと。

メインは山口組系引田組。主役は高山清司、昨年出所した山口組若頭の若い頃。昭和40年代は丁寧に再現されてるけど、ウェスティンナゴヤキャッスルは当時はホテルナゴヤキャッスルだった。反山口組地元やくざ団体の中京五社会ってこの頃はまだないはず。

クライマックスは昭和44年の東陽町事件。外敵、大日本平和会山中組小牧支部による引田組組員殺害の報復で大日本平和会豊山王植を刺殺するまで。髙山は懲役4年、司と土井は懲役13年で幕。続きが見たい!このあと4日戦争、中京抗争、名古屋戦争がある!

山口組系弘田組
弘田武志組長:竹中直人
若頭兼司興業組長 司忍:小沢仁志
若頭補佐兼佐々木組組長 佐々木康裕:渡辺裕之
若頭補佐兼神谷組組長 神谷光雄:羽賀研二
司興業若頭 土井幸政:遠藤憲一
佐々木組 髙山清司:中野英雄

続きを読む

tag : 昭和実録

ディスカッション劇『サークル』

Circle
Circle(2015)87分

Circle監督・脚本:アーロン・ハン、マリオ・ミショネ
撮影:ゾラン・ポポヴィック 音楽:ジャスティン・マーシャル・エリアス
出演:アレグラ・マスターズ、エイミー・マッケイ、アシュレイ・ケイ、オータム・フェデリッチ、ビル・ルイス、ブレント・スティーフェル、カーター・ジェンキンス、サラ・サンダーソン、ジュリー・ベンツ、モーリー・ジャクソン、マイケル・ナルデリ、カイヴィ・ライマン・メルセロー

Netflixで見た。宇宙船に拉致された50人が円形に並ばされて、最後の1人になるまで死なせる命がけのロイヤルランブル。誰を死なせるかは生き残った人が2分ごとに投票。選ばれたら即削除。同数だと決選投票。『12人の怒れる男』(1957)にインスパイアされた密室ディスカッション劇で、最初はつまんなさそうな映画見始めちゃったと思ったけど、50人は年齢も職業も人種も様々で、人間性が浮き彫りにされて、まあまあ面白かった。セット1つ、撮影10日。
Circle
生き残り投票の始まり。ラストの2人は?

Circle
生き残り特典は地上への帰還

続きを読む

tag : Sci-Fiスリラー侵略

『赤ちゃん教育』

Bringing Up Baby
Bringing Up Baby(1938)102分

Bringing Up Baby監督:ハワード・ホークス 脚本:ダドリー・ニコルズ、ヘイジャー・ワイルド
撮影:ラッセル・メティ 音楽:ロイ・ウェッブ
出演:キャサリン・ヘプバーン、ケーリー・グラント、メイ・ロブソン、チャーリー・ラグルス、バリー・フィッツジェラルド、ウォルター・キャトレット、フリッツ・フェルド、ウォード・ボンド、ジャック・カーソン

プライムで見た。ホークスのコメディはほんと面白い!『ヒズ・ガール・フライデー』より前。同じくセリフがハイスピードで被りあうので吹替えで見たかった。こんなにも話がノンストップでどんどん転がって行く、まさしくスクリューボール。

超迷惑女のキャサリン・ヘップバーンに翻弄されるケイリー・グラント、めっちゃ楽しい。しょっちゅう服がダメになったり、犬に吠えられまくったり散々。キャサリン・ヘップバーンがヒール取れた時に見せる歩き方!自由奔放、やりたい放題のヘップバーンがかわいくなってくる。豹と犬のじゃれ合い、すげーなー。

続きを読む

tag : コメディクラシック

1846年の『魔術師』

Ansiktet
Ansiktet(1958)100分

Ansiktet監督・脚本:イングマール・ベルイマン
撮影:グンナール・フィッシェル 音楽:エリク・ノルドグレン
出演:マックス・フォン・シドー、イングリッド・チューリン、ナイマ・ウィフストランド、グンナール・ビョルンストランド、ベント・エケロート、ビビ・アンデショーン、エルランド・ヨセフソン

プライムで見た。科学対超自然、魔術師か詐欺師か、リアルとフェイクの構造がある。ベルイマンのスリラー・コメディ?たしかに雰囲気は軽い。カッコいい白黒映像といくつかの隠されたフェイクが剥がれていく展開に見入ってしまった。

問題は検死。顔や体格で別人ってわからんのか?マックス・フォン・シドーはでかいよ。仕事が適当な人でもさすがに気づくって。催眠術による暴露シーンはちょっと笑える。

tag : コメディスリラー

3072年の『アフター・アース』

After Earth
After Earth(2013)100分

After Earth監督:M・ナイト・シャマラン 脚本:M・ナイト・シャマラン、ゲイリー・ウィッタ
撮影:ピーター・サシツキー 音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
VFX:ティペット・スタジオ、ピクソモンド
製作:オーバーブック・エンターテインメント
出演:ジェイデン・スミス(本城雄太郎)、ウィル・スミス(東地宏樹)、ソフィー・オコネドー(藤貴子)、ゾーイ・イザベラ・クラヴィッツ(山下真琴)、ジェイデン・マーティン(山田瑛瑠)、グレン・モーシャワー(石田圭祐)、クリストファー・ヒヴュ(石住昭彦)、ヴィッド・デンマン(金光宣明)、サッシャ・ダーワン(伊藤健太郎)、クリス・ギア(保村真)、リンカーン・ルイス(河合みのる)

Netflixで見た。『エアベンダー』と並ぶシャマラン最大の失敗作で黒歴史。これが『ボーン・コレクター』+『はじめてのおつかい』+『ダンガードA』なSFアドベンチャーとして楽しめた。酷評されてるがオレは好き。

英雄で司令官の父と息子って、ベンジャミン・シスコとジェイクみたいだけど、七光りのキタイ君はレンジャーを目指すも父親との距離は縮まない。キタイ君は父親の期待を背に危険度MAXの地球で大冒険。ちなみに姉さんの名前はセンシなので、兄弟で期待の戦士。


ティペット・スタジオのVFXブレイクダウン。レンジャーが戦うのは怪獣アーサ。恐怖心を感知して襲ってくる。でかくてかっこいい。レンジャーの武器は『テッカマン』のテックランサーと同じ。

続きを読む

tag : Sci-Fi崩壊後ディストピアクリーチャー宇宙船宇宙サバイバル

『スパイ in デンジャー』

Spies in Disguise
Spies in Disguise(2020)125分

Spies in Disguise監督:トロイ・クアン、ニック・ブルーノ 脚本:ブラッド・コープランド、ロイド・テイラー
原作:グレッグ・ ルッカ、レアンドロ・フェルナンデス『The Old Guard』
撮影:レナート・ファルカオ 音楽:セオドア・シャピロ
制作:ブルースカイ・スタジオ
出演:ウィル・スミス(鶴岡聡)、トム・ホランド(田谷隼)、ラシダ・ジョーンズ(佐古真弓)、ベン・メンデルソーン(内田直哉)、リーバ・マッキンタイア、レイチェル・ブロズナハン、カレン・ギラン(下山田綾華)、マシ・オカ(石上裕一)

2010年代最後の20世紀FOX映画。5月公開が中止になってディズニープラス配信になった。FOX傘下のブルースカイ・スタジオさえも今やディズニー傘下。

『007』や『ボーン』シリーズなどスパイ映画のエッセンスたっぷりで面白かった。ウォルターが作るガジェットはドラえもんのひみつ道具っぽい!バカバカしいけど役に立つ。ランスとウォルターはいいコンビ!ハトたちも!


元になったのはこの短編『Pigeon: Impossible 』ハト以外反映されてないけど


オープニングはエラスティック


メイン・オン・エンドはFlashっぽい

続きを読む

tag : スパイアニメーションFlash

不死身チーム『オールド・ガード』

The Old Guard
The Old Guard(2020)125分

The Old Guard監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド 脚本:グレッグ・ ルッカ
原作:グレッグ・ ルッカ、レアンドロ・フェルナンデス『The Old Guard』
撮影:タミ・レイカー、バリー・アクロイド 音楽:ハウシュカ、ダスティン・オハロラン
VFX:ミルク、イメージ・エンジン、ミスターX
制作:スカイダンス
出演:シャーリーズ・セロン(本田貴子)、キキ・レイン(澁谷梓希)、マティアス・スーナールツ(神尾佑)、マーワン・ケンザリ(玉木雅士)、ルカ・マリネッリ(福田賢二)、キウェテル・イジョフォー(竹田雅則)、ハリー・メリング(西健亮)、ベロニカ・グゥ(田中理恵)

コミック原作のNetflix映画。シャーリーズ・セロンが『タリー』の太ったオバハンから体型を戻してる。不老不死の傭兵チームは嬉しいけど、武器チェックや装備シーンがない!萌えどころなのに。不死身だから戦闘シーンに緊張感が欠けるけど、そのへんはうまくやってた。傷ついたアンディをカバーしながらのラストバトルはなかなかよかった。倒した敵の銃を味方に渡す連携。ブッカーの処分はおかしいだろ?って思ったら続編への布石だった。

全体的にテンポがゆるくてアクション以外はかったるい。100分くらいに収めてほしかった。中盤のドラッグストアのシーンはよかった。何も聞かずにアンディの刺傷の手当をする店員。「私があなたを助ければ、あなたが明日誰かを助ける」

続きを読む

tag : NetflixSci-Fi銃撃戦チームコミック

オレは夏休みをどう過ごしたか『キック・オーバー』

Get the Gringo
Get the Gringo/How I Spent My Summer Vacation(2012)95分

Get the Gringo監督:エイドリアン・グランバーグ 脚本:メル・ギブソン、テイシー・ペルスキー、エイドリアン・グランバーグ
撮影:ブノワ・デビエ 音楽:アントニオ・ピント
制作:アイコン・プロダクション
出演:メル・ギブソン(磯部勉)、ケヴィン・ヘルナンデス(田村睦心)、ドロレス・エレディア(田中敦子)、ダニエル・ヒメネス・カチョ(辻親八)、ピーター・ストーメア(小川真司)、マリオ・サラゴサ(星野健一)

アマゾンプライムで星4つだった。メル・ギブソンの自主製作映画。このメキシコの刑務所は金やコネがあれば何でも手に入る街になってて、囚人は居住者。『ニューヨーク1997』のマンハッタンみたいな。

GetGringo1.jpg
メキシコだけにルチャリブレも観れる。試合はブルー・デーモン・ジュニア対マグノ。

ギブソンはキャラ的に『ペイバック』。ベレッタ92をチンピラ撃ちするのはいただけない。でもここで過ごす夏休みはやだなーって思ったが、親子との関わりがイイ。悪者は一掃、いただくものはいただくハッピーエンド。

メル・ギブソンはクリントのモノマネするw ピーター・ストーメア、ディーン・ノリス、ボブ・ガントンが出てた。スティーブ・ジョブズはメル・ギブソンからのオファーに興味を示したが、結局出演しなかった。

続きを読む

tag : クライム拷問プロレス銃撃戦スナイパーマフィア

『スレンダーマン 奴を見たら、終わり』

Slender Man
Slender Man(2018)93分

Slender Man監督:シルヴァン・ホワイト 原作・脚本:ビクター・サージ
撮影:ルカ・デル・プッポ 音楽:ラミン・ジャヴァディ、ブランドン・キャンベル
VFX:リズム&ヒューズ、MELS
出演:ジョーイ・キング(濱口綾乃)、ジュリア・ゴルダニ・テレス(宇山玲加)、ジャズ・シンクレア(合田絵利)、アナリース・バッソ(岡本沙保里)、ハビエル・ボテット

Netflixで見た。稚拙な映画だった。主人公が誰かわからんし、一向に面白くならない。ちっとも怖くなかった。

スレンダーマンは2009年にビクター・サージが投稿したPhotoshopのフェイク写真のキャラクター。子供をさらう設定で作られた架空の都市伝説としてネットで拡散された。2010年にビクター・サージは「スレンダーマン」を著作権登録。2014年にスレンダーマンを信じた小学生による刺傷事件が起きたこともあって、この映画の公開は物議を醸した。

続きを読む

tag : ホラークリーチャー

197X年の『日本沈没』

日本沈没
Tidal Wave(2020)143分

日本沈没監督:森谷司郎 特技監督:中野昭慶
原作:小松左京 脚本:橋本忍
撮影:村井博、木村大作 音楽:牛尾憲輔
出演:小林桂樹、丹波哲郎、藤岡弘、いしだあゆみ、二谷英明、島田正吾

『2020』見て、また見たくなって、DVD引っ張り出そうとしたが、プライムにあった。DVDより画質いい!1年半ぶりに見た。やっぱこれ!

「緊急通信連絡、横須賀地方総監部、送れ」
「こちら横須賀、送れ」
「こちら総理官邸の非常災害対策本部、統幕議長だ、海上自衛隊のヘリ全機に消化弾を搭載、東京に向かわせてくれ」
「神奈川県知事の要請で現在は横浜と川崎の消火中ですが、横浜川崎地区への作戦は打ち切るんですね?」
絶句。

nipponchin1.jpg
山本総理の前にスカイセンサー5500。

鳥が騒ぎ出す→「きますぞ」→ごごごごご…「大丈夫です。この間の東京地震で沈下した箱根丹沢の山塊がちょっと浮き上がって、バランスをとろうとしてるんです」直感とイマジネーション!

「このまま何もせん方がええ」の時の山本総理の涙目。

玲子
ジュネーブへの脱出当日、富士山噴火に巻き込まれた玲子が電話で話すシーンはめっちゃいい。小野寺と玲子は大阪で偶然再会してる。とゆーことは、それが世界のどこかで再会できるって希望のラストに。

田所と山本
田所博士「総理、日本人を頼みます」
山本総理「私はその日本人を信じています」

続きを読む

tag : Sci-Fiデザスター昭和

『日本沈没2020』

japan_sinkes.jpg
Japan Sinkes(2020)10話

Japan Sinkes監督:湯浅政明 脚本:吉高寿男
原作:小松左京 音楽:牛尾憲輔
制作:サイエンスSARU
出演:上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそま まさき、吉野裕行、森なな子、小野賢章、佐々木梅治、塩田朋子、濱野大輝、ジョージ・カックル、武田太一

D計画じゃなく、地震で東京が’壊滅して家族でサバイバルする話。99%オリジナル。こんなこったろーと思った。とりあえず家族で西へ向かう。ネットはつながるし電気も車も使える。データもクラウドにあるから大丈夫w

船が沈むように傾いて徐々に沈んでるらしいけど、日本がどんな状況かわからん。ルートはわからんし、どの辺におるんかも不明。岡山に向かうのに北北東?小野寺俊夫は出てくるけど、予知能力のある科学者なの。

作画的に1話はまあよかったけど、2話以降、アラばっかり目につく。作監多い話は特に。謎のレイヤー、歩きで足のすべり、乗り物との対比(3Dの乗り物は130%くらい大きめ)、ヘンなレイアウト、ヘンな芝居、ヘンな撮影(キャラの動きと合ってない引き)ヘンな歩き、ヘンな指(ET並みに長かったり、親指の関節が1コ多かったり)、写真トレスなキモい絵とか盛りだくさん。

日本沈没2020
沈没後のBG ONLY。韓国の一部も沈没。

続きを読む

tag : アニメーション脱出サバイバルTVシリーズデザスターNetflix

1964年の『イップ・マン 完結』

新宿武蔵野館
Ip Man 4: The Finale(2019)105分

Ip Man 4: The Finale監督:ウィルソン・イップ 脚本:エドモンド・ウォン、深沢寛、チェン・タイリ、ジル・レオン
撮影:チェン・チュウキョン 音楽:川井憲次
アクション監督:ユエン・ウーピン VFX:Free-D
出演:ドニー・イェン、ウー・ユエ、ヴァネス・ウー、チャン・クォックワン、スコット・アドキンス

前作から3年、ついに完結かー。冒頭でイップ師匠が禁煙を言い渡される!息子の学校探しでアメリカに渡ると、中国人差別との戦いに加わる。ドラマ的に薄くてこれまでの3作には及ばず、オマケ感がする1964年。

サンフランシスコで華人が白人に差別されてる1964年。「クンフーは実戦に向かない、アジアに帰れ!」って極天空手勢に言われてるけど、白人の空手は日本人に教わったくせにって思った。イップ師匠が助けに入るのがカッコいい。ルオナンとチェン師匠の2度。しかしラストバトルでいままでになく苦戦する。

形意拳のチェン師匠つええ!極天空手に善戦。スコット・アドキンスの打撃+投げ技に苦戦するも、ラストを飾る名勝負じゃなかった。回想のモンタージュは泣けた。太極拳のワン師匠とルオナンちゃんでスピンオフ作ってほしい。

続きを読む

tag : 実話格闘続編シリーズ伝記

1986年から33年『アス』

Us
Us(2019)116分

Us監督・脚本:ジョーダン・ピール
撮影:マイケル・ジオラキス 音楽:マイケル・エイブルズ
出演:ルピタ・ニョンゴ(森夏姫)、ウィンストン・デューク(乃村健次)、シャハディ・ライト・ジョセフ(イブ優里安)、エヴァン・アレックス(れいみ)、エリザベス・モス(小橋知子)

アマゾンプライムで見た。ドッペルゲンガーは地底人説は日頃から考えてるので、この話もいいとこついてて『ゲット・アウト』よりは好き。設定上おかしいとこ多いけど、80年代ホラーのオマージュも多くて楽しい。

影の存在であるドッペルゲンガー達はテザートと名乗る。テザートはもちろん劣悪な暮らしで、ウサギの生肉を食って生きてて、言葉も話せない。なぜか鏡のように同じ家族構成になる。決起した地底人の侵攻作戦で地上人を殺して入れ替わろうって話。おっかさんも子供達もテザートを殺せーってなる!自分の敵は自分。

ラストは嬉しいツイストエンディング。これも考えたらおかしいけどね。


続きを読む

tag : ホラークローン家族1980sツイスト

1988年から始まる『呪怨:呪いの家』

noroinoie.png
JU-ON: Origins(2020)6話

The Last Witch Hunter監督:三宅唱 脚本:高橋洋、一瀬隆重
撮影:四宮秀俊 音楽:蓜島邦明
特殊造型:スクリーミング マッド ジョージ
出演: 荒川良々、黒島結菜、里々佳、長村航希、岩井堂聖子、井之脇海、テイ龍進、松浦祐也、土村芳、柄本時生、仙道敦子、倉科カナ

Netflixオリジナルシリーズ。全6話一気に見た。最初のうちは鳥肌たつほど怖い。それは得体の知れない物体だったり音だったり。空き家、押入れ、天井裏、走る音、呻き声、白い女、黒猫、電話、胎児など定番アイテムいろいろ。でもだんだん謂くが見えてくると怖さが薄れる。

まあ、それでも、謎な部分も残ってるわけで、シーズン2が出たら見ちゃうだろうな。

怖い時にギャーギャー叫ぶのもシラける。胎児の造形や動きはいいデキだなーっと感心してたらマッド・ジョージだったか。

三宅監督のトラウマ映画5本って記事があった。『ゴジラVSビオランテ』(1989)、『グレムリン』(1984)、『バスケットケース』(1982)、『キャビン・フィーバー』(2002)、『孤独な場所で』(1950)

続きを読む

tag : Netflix超常現象ホラークライム警察1980sシリーズ

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ