fc2ブログ

1961年『ジャドヴィル包囲戦 -6日間の戦い-』

jadotville.jpg
The Siege of Jadotville(2016)108分

The Siege of Jadotville監督:リッチー・スマイス、脚本:ケヴィン・ブロドビン
出演:ジェイミー・ドーナン(綱島郷太郎)、マーク・ストロング(谷昌樹)、ジェイソン・オマラ(青山穣)、ギヨーム・カネ(桐本拓也)

これも6日もの。これまたマーク・ストロング、現地の国連代表役。1961年のコンゴ動乱で起きた史実の映画化。国連平和維持軍としてコンゴに派遣されら戦闘経験のないアイルランド軍のA中隊。孤立無援の戦闘を6日間も!戦闘シーンがリアルなだけに、国連に見捨てられたA中隊が気の毒すぎる。弾薬も尽き、空薬莢まで武器にする。クインラン中隊長がんばった!それなのに降伏したことで、2005年まで歴史から隠された。

続きを読む

tag : Netflix実話戦場サバイバル場所

1980年の『6日間』

6days
6 days(2017)94分

6 days監督:トー・フレイザー、脚本:グレン・スタンドリング
出演:アビー・コーニッシュ、ジェイミー・ベル、マーク・ストロング、エマン・エリオット、マーティン・ショウ、ロナン・ヴィバート、ティム・ピゴット=スミス、ジャリッド・ターナー、ニコラス・ボルトン、ケネス・コラード

1980年の駐英イラン大使館占拠事件の映画化。マーク・ストロングがロンドン警視庁の交渉人役。事件発生後すぐにSASが来るんだけど、政府が慎重すぎて動けずイライラ。作戦立てて訓練しても許可降りずイライラ。6日めに人質が殺されてからやっと指揮権が陸軍に委譲され、SAS突入!リアルでよかった。

メインアームはMP5、サイドアームはブローニング ハイパワー。BBCが中継するから煙幕弾は使用禁止。人質誘導時に紛れたテロリストを判別して即座にMP5で射殺するのがよかった。でも階段なので薬莢落下音がもっと欲しかった。作戦後にマガジン抜いて武器を袋詰めして返却するシーンまであった。

続きを読む

tag : 実話SAS1980s人質救出テロ

1974年の『アベンジャーズ/エンドゲーム』

190426.jpg
Avengers: Endgame(2019)181分

Avengers: Endgame監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ、脚本:クリストファー・マルクス&スティーヴン・マクフィーリー
撮影:トレント・オパロック、VFX:ILM、フレームストア、DNEG
出演: ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、ポール・ラッド、ブリー・ラーソン、カレン・ギラン、ダナイ・グリラ、グウィネス・パルトロー、ジョン・ファヴロー、ブラッドリー・クーパー、ジョシュ・ブローリン

2001年から始まったMCUの総決算てことで3時間は長くなかった。泣き所多すぎて両頬びっしょり。マーベルロゴ前にバートン一家のいいシーンから始まった。サノスは農場であっけなく、と思ったらインフィニティストーン探しミッションで仲間集め。アスガルドの移民がいる!なんとヴァルキリー生きててびっくり!スコットお手柄!キャップとトニーが仲直り!

タイム・ヘイスト先は『アベンジャーズ』『ダーク・ワールド』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』そうきたか!1970年にはペギー、ハワード、ジャービスが。屋上にエンシェントワン!バートンとナターシャのミッションは意外な結末。ガモーラとネビュラの姉妹大活躍。

ラストバトルでは復活したヒーローがどう参戦してくるか楽しみだったが、これはもう期待以上だった。キャップの号令「アベンジャーズ、アッセンブル!」ペガサスに乗ってヴァルキリーも参戦!スカーレットウィッチが舞い上がり、相変わらずかっけえ!アーマーを着たペッパー!キャップがムジョルニアを使う!カオス状態でここはBDが出たらじっくりチェックしたい。キャプテンマーベル再登場で形勢逆転、マーベル女子部勢揃いのサービスも(ナターシャはいないけど)。トニーのリアクターをシャットダウンしたペッパー。

葬儀シーンのキャメラ移動は壮観。キャップがまさかの『ファイナル・カウントダウン』!唯一アホくさかったのは雨の東京でのバートンと真田広之のファイト。

続きを読む

tag : フランチャイズSci-Fi続編ヒーローコミック宇宙船アンサンブル侵略拷問MCU

2257年の『スタートレック:ディスカバリー』シーズン2

Star Trek: Discovery
Star Trek: Discovery(2020)シーズン2 全14話

Star Trek: Discoveryショーランナー:アレックス・カーツマン、ミシェル・パラダイス
監督:アレックス・カーツマン、ジョナサン・フレイクス、オラトゥンデ・オスンサンミ
出演:マイケル・バーナム:ソネクア・マーティン=グリーン(よのひかり)、サルー:ダグ・ジョーンズ(桐本拓哉)、フィリッパ・ジョージャウ:ミシェル・ヨー(塩田朋子)、ポール・スタメッツ:アンソニー・ラップ(川中子雅人)、シルビア・ティリー:メアリー・ワイズマン(坂井恭子)、アッシュ・タイラー:シャザド・ラティフ(加瀬康之)、ヒュー・カルバー:ウィルソン・クルーズ(奈良徹)、ジェット・リノ:ティグ・ノタロ(浅野まゆみ)、エアリアム:ハンナ・チーズマン(大津愛理)、ケイラ・デトマー:エミリー・クーツ(清水はる香)、ナーン:レイチェル・アンシェリル、コーンウェル提督:ジェーン・ブルック(野沢由香里)、リーランド:アラン・ヴァン・スプラング、スポック:イーサン・ペック(星野貴紀)、パイク船長:アンソン・マウント(てらそままさき)、

シーズン2 、14話がシーズンファイナルだったとは!怒涛65分、感動したー。セクション31との艦隊戦、ヒキの絵がすげえ。エンタープライズがディスカバリーの盾になるカットは泣けた。この2隻がボコボコにされるのは辛い、辛すぎる!次がクリンゴンとケルピアンの助っ人。ギロチン船がドローン船をぶっ壊しながらの登場萌える!D7級も来たよ!ジョージャウ対コントロール・リーランドのジンバルバトル。コーンウェル提督カッコええ!ST史上最高の提督。セクション31は再編、胞子ドライブもNCC-1031もなかったことになったー。スポックがエンタープライズに復帰して終わり。きれいにまとめたなー。シーズン3は900年後のディスカバリー?おいしいとこ行ったなー。

続きを読む

tag : Sci-FiフランチャイズTVシリーズ宇宙船Netflixスタートレック

2003年の『127時間』

127 Hours
127 Hours(2010)94分

127 Hours監督:ダニー・ボイル、原作:アーロン・ラルストン
脚本:サイモン・ボーファイ、ダニー・ボイル
出演:ジェームズ・フランコ(加瀬康之)、ケイト・マーラ(峯香織)、アンバー・タンブリン(平野夏那子)、クレマンス・ポエジー(小林沙苗)、リジー・キャプラン(川島悠美)、ケイト・バートン(新田万紀子)、トリート・ウィリアムズ(中村浩太郎)

オープニングは冒頭にあるんだけど、タイトルが出るのは16分後、はさまった瞬間。脱出法は想像してたけどこりゃ『ソウ』よりキツいね。ビデオカメラのキヤノンIXY DV(ELURA 2)はアーロン・ラルストン本人のもの、デジカメはSony Cybershot。DSC-P9。
127hours_cam

この映画が公開後、あの場所に行って真似して怪我して救助されるやつが続出したらしい。

tag : 実話サバイバル脱出製品

1974年から始まる『シャザム!』

shazam-ad.jpg
Shazam!(2019)132分 2.39 : 1

Shazam!監督:デヴィッド・F・サンドバーグ、脚本:ヘンリー・ゲイデン
撮影:マキシム・アレキサンドル、VFX:MPC
出演: ザッカリー・リーヴァイ、マーク・ストロング、アッシャー・エンジェル、ジャック・ディラン・グレイザー、ジャイモン・フンスー

奇しくも『キャプテン・マーベル』と同時期に公開とは。シャザムは元祖キャプテン・マーベルだった。設定が『エクソシスト』シーズン2みたいだった。監督がホラーの人だけど、ジェームズ・ワンほど器用じゃない。

シャザムは49分後に登場。惹句の「見た目はオトナ中身はコドモ」って『ビッグ』(1988)じゃん。実際『ビッグ』オマージュで似たシーンもあるけど、中身が子供って感じじゃなく、大人がふざけてるようにしか見えんのでうざかった。トム・ハンクスにはかなわんな。プロデューサーでもあるロック様がシャザム役なら、もっと子供っぽさが出せただろうに。

バスのシーンは面白かった。スーパーパワーをしょーもないことに使うシーンに期待したんだけど普通だった。マーク・ストロングのヴィランも復讐果たしたら終わってるし。小学生から高校生まで一緒の学校ってよくわからんし、ビリーのママの件もなんかうやむや。

続きを読む

tag : DCEUヒーローコミック家族オマージュクリスマス異世界コメディ

1934年の『ザ・テキサス・レンジャーズ』

highwayman.jpg
The Highwaymen(2019)134分

Triple Frontier監督:ジョン・リー・ハンコック 脚本:ジョン・フスコ
撮影:ジョン・シュワルツマン 音楽:トーマス・ニューマン
出演:ケビン・コスナー(礒部勉)、ウディ・ハレルソン(内田直哉)、キャシー・ベイツ(小宮和枝)、トーマス・マン(下川涼)

Netflixにマッチ度98%と勧められたので見た。テキサス・レンジャーと言えばチャック・ノリスだけど出てない。ボニーとクライドを仕留めるために復職した元テキサス・レンジャーズ視点の実話。彼らの肩書きはハイウェイマン!ベテランが経験値を活かす話好き。

撮影監督が『アルマゲドン』や『シー・ビスケット』のジョン・シュワルツマンで、ドラマティックな映像がめちゃくちゃイイ!スクショしたくなる構図が多かった。

実際の写真と比べても再現力が高い。カンザスのコフィビルでボニーとクライドに出くわすがファンが群がって手を出せず、追跡するも取り逃がすシーンは緊張した。そしてルイジアナのアーケディアのシーン。『俺たちに明日はない』で映画史に残るあの名シーン、実際の林道で撮影してて生々しい。史実通りボニーとクライドは「車に乗ったまま」銃撃される。死体を乗せた穴だらけのフォードV8を移送するシーンもある。

いぶし銀のベテラン2人が追い詰めていくのはシブくてよかった。偶然出くわしたけど群がったファンが邪魔で撃てないシーンは緊張したー。フランク役はリーアム・ニーソン降板でケビン・コスナーが増量して演じる。指揮する様は往年のエリオット・ネスを彷彿。ハレルソンのマニーもだけど、本人によく似てる。キャシー・ベイツの知事はあんまし似てない。ボニーとクライドは最後まではっきり見せない。本人に似たスタントの人が演じてて、ボニー・パーカーはエミリー・ブロブスト、クライド・バロウはエドワード・ボザート。

続きを読む

tag : Netflix警察実話クライムFBI強盗

2023年?『ハンターキラー 潜航せよ』

Hunter Killer
Hunter Killer(2018)122分 2.39:1

Hunter Killer監督:ドノヴァン・マーシュ 脚本:アーン・シュミット、ジェイミー・モス
原作:ドン・キース&ジョージ・ウォレス『ハンターキラー 潜航せよ
撮影:トム・マライス 音楽:トレヴァー・モリス
VFX:ワールドワイドFX
出演:グラス艦長:ジェラルド・バトラー、ドネガン:ゲイリー・オールドマン、フィスク少将:コモン、アンドロポフ艦長:ミカエル・ニクヴィスト(遺作)、ビーマン隊長:トビー・スティーブンス、マルティネリ隊員:ゼイン・ホルツ、ザカリン大統領:アレクサンドル・ディアチェンコ、ジェイン:リンダ・カーデリーニ、ドーヴァー大統領:キャロライン・グッドール

ハンターキラー 潜航せよ』の映画化。映画の中心になるバージニア級潜水艦USSアーカンソー(SSN-800)は実在する。ただし建造開始は2018年、就航は2023年予定。

艦首が降りた時に斜めに立ってるのがイイ!ジェラルド・バトラー艦長が敵潜を魚雷攻撃してびっくり。潜水艦映画としては物足りなさもあったけど、後半は好みの要素が多くて満足した。銃撃戦、海峡突破、爆雷、魚雷、デコイ、対艦ミサイル、特にF-35Bの発艦シーン、いいタイミングでインサートされて感激。

SEALsはショボかったものの、降下後に回収した装備をチェックするとか、怪我してるのに木からスナイプ支援する新人とか、逆に隊長が助けに来るとか熱い!ロシア側のキャラもよかった。ゲストのアンドロポフ艦長と駆逐艦の皆さん、ロシアの警護官の「FuckYou!」、SEALsに負けてないロシア大統領。米露の艦長がお互いに敬意を表するのは『眼下の敵』のようでいいラストになった。

続きを読む

tag : 潜水艦救出空母海軍SEALsスナイパーミッション銃撃戦

1987年の『バンブルビー』

TOHOシネマズ新宿
Bumblebee(2018)114分

Bumblebee監督:トラヴィス・ナイト、脚本:クリスティーナ・ハドソン
撮影:エンリケ・シャディアック 音楽:ダリオ・マリアネッリ
VFX:ILM
出演:チャーリー: ヘイリー・スタインフェルド、ジャック:ジョン・シナ 、メモ:ジョージ・レンデボーグ・Jr、パウエル博士:ジョン・オーティス、オーティス:ジェイソン・ドラッカー、サリー:パメラ・アドロン、バンブルビー:ディラン・オブライエン、オプティマス・プライム: ピーター・カレン、ブリッツウィング:デイビット・ソボロブ、シャッター:アンジェラ・バセット

アバンタイトルはサイバトロンでの大バトル。ディセプティコンがオートボットを圧倒、がんばれオプティマス!『トランスフォーマー』はここまで。バンブルビーことB-127は1987年の地球へ。80年代ポップカルチャーキター!期待はしてたんだけど、その期待を超えてた。『アイアン・ジャイアント』『ヒックとドラゴン』に並ぶ傑作!さすがトラビス・ナイト、うまい!映像にない部分も頭に浮かぶ。もう、うるうるしっぱなし。

父親の死を乗り越えられずに家族から置いていかれるチャーリーが、誕生日に出会ったバンブルビーとの友情を経て前に進む。素晴らしい!出会いは秀逸、ビートル底部の顔!一度は背中を押されても引き下がる。でもクライマックスの飛び込み!見事な伏線回収!イヤな子になったと自覚もしてたチャーリーが最後にはかわいくなってる!コルベットも自力で修理したんだろうな。

ビーの感情芝居も見事。しつけ、留守番、意地悪の仕返し、カーチェイスも楽しい思い出。拷問もされる。ディセプティコンもF4、ハリアー、コブラと好みのチョイス。バンブルビーのプロレス的戦いっぷりもよかった。ブッ飛ばされて車にトランスフォームして方向転換、また変形。そしてフランケンシュタイナー!最後にシナがビーに「ソルジャー」と声をかけて敬礼する!なるほどシナだ〜!エンドクレジットはストレート・カット・カードで2分、短かっ!

続きを読む

tag : フランチャイズSci-Fiスピンオフロボ航空機拷問1980s侵略エイリアン

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ