fc2ブログ

目指せ『タイタン』

thetitan.jpg
The Titan(2018)97分

The Titan監督:レンナート・ルフ
脚本:ジェフ・ヴァンダーミア
出演: サム・ワーシントン(東地宏樹)、テイラー・シリング(園崎未恵)、トム・ウィルキンソン(羽佐間道夫)、アギネス・ディーン(中原麻衣)

Netflix映画。タイタンって土星の衛星ね。そこに移住するために、人間をタイタンの環境に適応できるように強制的に進化させようというプロジェクト。『タイタンの戦い』のサム・ワーシントンが無理やり進化させられる。それに何の意味があるんだか。そこまで手間かけて移住する?実験が成功したとして、どーやってタイタンまで行くのやら?だんだん人間じゃなくなっていくわけだけど、いいのか?それで。断るか逃げるかでしょ。移住するのはもはや人類じゃない。作ってるのはタイタン人なんだから。

続きを読む

tag : Sci-FiNetflix

1971年の『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

The Post(2017)116分

The Post監督:スティーヴン・スピルバーグ、脚本:リズ・ハンナ&ジョシュ・シンガー
撮影:ヤヌス・カミンスキー、音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:キャサリン・グラハム:メリル・ストリープ、ベン・ブラッドリー:トム・ハンクス、トニー・ブラッドリー:サラ・ポールソン、ベン・バグディキアン:ボブ・オデンカーク、フリッツ・ビーブ:トレイシー・レッツ、ロバート・マクナマラ:ブルース・グリーンウッド、アーサー・パーソンズ:ブラッドリー・ウィットフォード、ダニエル・エルズバーグ:マシュー・リース、ロジャー・クラーク:ジェシー・プレモンス、エイブ・ローゼンタール:マイケル・スタールバーグ、リチャード・ニクソン:カーゾン・ドベル

4Kで観た。原作は『キャサリン・グラハム わが人生』。脚本見てからファイナルカットまでわずか9ヶ月。ペンタゴン文書の予習は不要だった。文書作成の経緯から顛末までわかりやすくて面白い!さすがスピルバーグ。ベトナムの戦場から始まる!夜で雨、スピルバーグ版『プラトーン』。

そして1971年のDC。記者と言えばタバコ。メリルがレストランにやってきて、ハンクスが待つテーブルにつき、会話が始まる。周囲を入れ込んだ画角で見せた後、会話する2人にフォーカスした構図に。ここまでながーーーい1カット。頭っからすげえ。文書の4000ページ入手〜記事になるまでのスリリングな展開!地方紙ワシントン・ポストの上場直後って事情もあって、掲載成否の息詰まる葛藤あって、決断からドーンな展開!最高裁の判決というクライマックスのオマケ付き。ラストは『大統領の陰謀』につながるプリクエルになってて感動!

続きを読む

tag : 実話戦場長回し

アローバース

arrowbirth.jpg

アローバースは『ARROW/アロー』と世界観とキャラクターを共有するDCヒーローTVシリーズ群。今のところ、『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『コンスタンティン』『スーパーガール』『レジェンド・オブ・トゥモロー』のTVドラマ5作品とショートアニメ『ビクセン』があるよ。
TVドラマの方はNetflixやhuluですべて見れる。

Netflix:『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』
hulu:『THE FLASH/フラッシュ』『コンスタンティン』『スーパーガール』『レジェンド・オブ・トゥモロー』

huluならシリーズのうち4作品が見放題。でも、かつてはhuluでも配信してた『ARROW/アロー』はNetflixがにぎってるのでめんどくさい。だってアローバース内でクロスオーバー・エピソードがあるんだもん。『FLASH』に続く!とか『アロー』に続く!とか、1つのお話が複数の番組をまたぐので、米国での放映順どおりに見た方が話がつながって面白い。まとめてみると、

『ARROW/アロー』シーズン2#8「来訪者」

『ARROW/アロー』シーズン2#9「過去からの亡霊」

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン1#1「誕生」

『ARROW/アロー』シーズン3#8「アロー vs フラッシュ」

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン1#8「フラッシュ vs アロー」

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン1#19「共同戦線」

『ARROW/アロー』シーズン3#18「アトム参戦」

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン2#8「レジェンド・オブ・トゥデイ」

『ARROW/アロー』シーズン4#8「レジェンド・オブ・イエスタデイ」

『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン2#8

『スーパーガール』シーズン2#8「メドゥーサ」

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン3#8「インベージョン!」

『ARROW/アロー』シーズン5#8「インベージョン!」

『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン2#7「インベージョン!」

『スーパーガール』シーズン2#16「プリンス・オブ・ダクサム」

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン3#17「デュエット」

『スーパーガール』シーズン3#8「クライシス・オン・アースX Part 1」

『ARROW/アロー』シーズン6#8「クライシス・オン・アースX Part 2」

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン4#8「クライシス・オン・アースX Part 3」

『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン3#8「クライシス・オン・アースX Part 4」

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン5#9「エルスワールド パート1」

『ARROW/アロー』シーズン7#9「エルスワールド パート2」

『スーパーガール』シーズン4#8「エルスワールド パート3」

『スーパーガール』シーズン5#9「クライシス・オン・インフィニット・アース パート1」

『バットウーマン』シーズン1#9「クライシス・オン・インフィニット・アース パート2」

『THE FLASH/フラッシュ』シーズン6#9「クライシス・オン・インフィニット・アース パート3」

『ARROW/アロー』シーズン8#8「クライシス・オン・インフィニット・アース パート4」

『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン5#1「クライシス・オン・インフィニット・アース パート5」

2018年5月、Netflixで『アロー』シーズン5の配信開始に続いて、huluが『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン2の配信が始まった。なんと「インベージョン!」でつながるクロスオーバーを含む。これによってNetflixとhuluのクロスオーバーが実現されたようなもの!

エピソードはつながってなくても、『ARROW/アロー』にバリー・アレンやシスコ&ケイトリンが出たり、コンスタンティンやビクセンが出たり、俳優は別だけどヒューマン・ターゲットが出たり、『THE FLASH/フラッシュ』にフェリシティやレイ・パーマーが出たり、『スーパーガール』にバリーが出たりする。

アローバースではマルチバースが形成されてる。つまり複数の次元が舞台になる。アローやフラッシュはアース1に存在する。スーパーガールやスーパーマンはアース38が拠点で、次元移動によってアース1に来る。ただしスーパーマンは今のところアース1には来てない。

クロスオーバー回のアースXは53番目のアースでナチスが支配してる。総統はグリーン・アローのドッペルゲンガー、ダークアロー。その妻はスーパーガールのドッペルゲンガー、オーバーガール。このアースではヒーローたちがヴィランでヴィランがイイ奴。

『レジェンド・オブ・トゥモロー』はリップ・ハンターのチームに、『ARROW/アロー』からサラ・ランス/ホワイトキャナリー、レイ・パーマー/アトム、『THE FLASH/フラッシュ』からファイアーストームのシュタイン教授&ジャックス、悪党コンビのレナード&ミック、輪廻転生カップルのケンドラ&カーターがメンバーに加わる。シーズン2からは『ARROW/アロー』シーズン4に登場したビクセンもメンバー入り。マリ・マッケイブの祖母に当たるアマヤ・ジウィなので女優は別。西部劇になればガンマンのジョナ・ヘックスもいる。ヴィランは『ARROW/アロー』からダミアン・ダークとマルコム・マーリンが君臨。『THE FLASH/フラッシュ』からはイオバード・ソーンが。

続きを読む

tag : コミックヒーローチームTVシリーズアクション

『バクマン。』

bakuman
Bakuman。(2015)120分

バクマン。監督・脚本:大根仁
出演: 佐藤健、神木隆之介、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー

huluで『バクマン。』見た。原作もアニメ版も知らんけど、映画はエンドクレジットまで面白かった!日本の映画やドラマが偉いのは、登場する漫画家やイラストレーターが「描いてる」描写がちゃんとあるとこ。『バクマン。』なんて描いてるシーンがふんだんに出る。絵がどんどん仕上がっていくシーンなんて快感すぎる!

外国の映画やドラマだとさ、99.9%〜100%仕上がった絵にチョチョっと手を加えてる演技で、ハイ、この人が描いてましたって描写がほとんどだから。絵が巧い設定のキャラクターでも描いてるとこナシで出来上がった絵を見せるだけ。なんでいっつも完成しとるん?美術さんが完成させちゃうんでしょ。って思っちゃう。

tag : コミック

『ベイビー・ドライバー』の特典映像

Baby Driver
Baby Driver(2017)113分

ベイビー・ドライバー監督・脚本:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート(下川涼)、リリー・ジェームズ(竹内恵美子)、ケヴィン・スペイシー(石塚運昇)、ジョン・ハム(東地宏樹)、エイザ・ゴンザレス(きそひろこ)、ジェイミー・フォックス(江藤博樹)、ジョン・バーンサル(坂詰貴之)

『ベイビー・ドライバー』のBDを見た。まだ本編ディスクだけだけど、特典映像のボリュームが凄い!最近では珍しいほどの物量。本編の感想と関連映画はこちら

・メイキング:これはまー、特典としてはベーシックな、よくあるビハインド・ザ・シーンとインタビューをまとめたもの。
・削除シーン集:シーンのロングバージョンや、別の曲での別編集。曲が違えば編集も変わってくるから。11種。
・アニマティックス:特典で一番見たいのがこれ。ボリューム多め。車だけ3Dモデルで他は2Dアニメ。音楽の関係もあって、アニマティックス段階で完成映像とほぼほぼ同じ!アバンタイトルのチェイスやラストの駐車場のシーン、市場の銃撃戦、ベイビー逃走、ラストシーンなど。それぞれアニメにアクションの実写テストを混ぜたバージョンも収録。スタンドインのTシャツに役名が書いてある。あと、通常のコンテ撮(ストーリーボードのビデオ化)も。
・テスト映像集:キャストが劇中の衣装を着て、アドリブ芝居。この段階で各キャラクターができてる!あと『ハーレムシャッフル』のテスト撮影もまるっと収録。曲に合わせてSEのタイミングが書き込まれてる。細かい!
・ミュージックビデオ:『ベイビー・ドライバー』の元ネタ。エドガー・ライトが14年前に監督したMV。アバンの冒頭がまんまだ!
・絵コンテ:アニマティックスから切り出してコンテ形式にしたものや、ストーリーボード。4種。
・プロモーション映像集:宣材で使われたりしたやつが18種。
・コメンタリー:監督のみと監督&撮影監督の2種類。

以上が本編ディスク。さらに特典ぎっしりのボーナスディスクもある。

tag : 強盗チェイスチーム

シーマ内部調査隊『アナイアレーション - 全滅領域』

annihilation
Annihilation(2018)115分

アナイアレーション監督:アレックス・ガーランド
脚本:ジェフ・ヴァンダーミア
原作:ジェフ ヴァンダミア 「全滅領域 サザーン・リーチ
出演: ナタリー・ポートマン(坂本真綾)、ヴェネディクト・ウォン(板取政明)、オスカー・アイザック(小松史法)、ジェニファー・ジェイソン・リー(藤本喜久子)、ジーナ・ロドリゲス(宮澤はるな)、ツヴァ・ノヴォトニー(七緒はるひ)、テッサ・トンプソン(木下紗草)

エクス・マキナ』のアレックス・ガーランドによる監督2作目。SF小説『絶滅領域』の映画化。パラマウント映画なんだけど、知的で複雑すぎた内容からか試写の結果がよくなかった。そこでパラマウントとスカイダンスは主人公に共感できるように変更を求めたが、ガーランドとプロデューサーのスコット・ルーディンは拒否。北米と中国以外の配給権はNetflixに売り払われて、日本ではNetflixで公開された。
annihilation1.jpg
エイリアンの侵略モノ。にしちゃあ、ハデなアクションやBGMはなく、まったりしたシーンの流れはタルコフスキーの映画みたい。退屈はしないけど、最後まで見てもわからんことだらけ。
annihilation2.jpg
ナタリーはジョンズ・ホプキンズ大学で教えてる生物学者だけど、陸軍に7年いた元軍人なので射撃はうまい。ナタリーたち5人の女性は、調査のためにシーマに入るけど、調査らしいことをしてるのはナタリーだけで、他のメンバーは変異した世界を記録すらしないのが気になった。

続きを読む

tag : Sci-FiチームNetflixエイリアン侵略異世界

『1973「日本沈没」完全資料集成』

1973「日本沈没」完全資料集成『1973「日本沈没」完全資料集成』
友井健人(著)、洋泉社

新宿の紀伊国屋で買って来た『日本沈没』(1973)の超豪華な資料集。あとシナリオ掲載してくれてたら完璧。まあ、貴重な写真がタップリ。BTS写真、特撮、特美資料、絵コンテ、インタビュー、スチル、宣材、企画。劇中のシミュレーション映像は天才アニメーター月岡貞夫によると判明した、とあるけど、前から知られてたと思う。



tag : メイキング

人間&オーク『ブライト』+エルフ

Bright
Bright(2017)117分

Bright監督:デビッド・エアー
脚本:マックス・ランディス
出演: ウィル・スミス(東地宏樹)、ジョエル・エドガートン(楠大典)、ノオミ・ラパス(小林沙苗)、エドガー・ラミレス(加瀬康之)、ルーシー・フライ(能登麻美子)、ハッピー・アンダーソン(遠藤純一)、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ(山野井仁)、エンリケ・ムルシアーノ(烏丸祐一)

Netflix映画『ブライト』見た。製作費9000万ドルの超大作なんだけど、半分はウィル・スミスのギャラじゃねーの?でも脚本がマックス・ランディスだし、監督がデビッド・エアーってことで、豪華な80年代風アクション・ファンタジーだった。魔法の杖を巡る最悪の一夜。『エイリアン・ネイション』(1988)+『ゴースト・ハンターズ』(1986)って感じ。この世界観は面白い。すでに続編製作も決まってるんだって。

tag : Sci-Fiファンタジーアクション警察Netflixある夜

ワカンダ『ブラックパンサー』ヴィブラニウム

ブラックパンサー
Black Panther(2018)134分 2.39 : 1

ブラックパンサー監督:ライアン・クーグラー 脚本:ライアン・クーグラー、ジョー・ロバート・コール
撮影:レイチェル・モリソン 音楽:ルドウィグ・ゴランソン
VFX:ILM、DNEG、Luma Pictures、デジタル・ドメイン、メソッド・スタジオ、RISE 、トリックスター
出演:ティ・チャラ / ブラックパンサー:チャドウィック・ボーズマン(田村真)、エリック・“キルモンガー”・スティーヴンス / ウンジャダカ:マイケル・B・ジョーダン(津田健次郎)、ナキア:ルピタ・ニョンゴ(皆川純子)、オコエ:ダナイ・グリラ(斎賀みつき)、エヴェレット・K・ロス:マーティン・フリーマン(森川智之)、ウカビ:ダニエル・カルーヤ(中井和哉[)、シュリ:レティーシャ・ライト(百田夏菜子)、エムバク:ウィンストン・デューク(木村昴)、ウンジョブ:スターリング・K・ブラウン(遠藤大智)、アヨ:フローレンス・カサンバ(織部ゆかり)、ティ・チャカ:ジョン・カニ(佐々木敏)、ラモンダ:アンジェラ・バセット(幸田直子)、ズリ:フォレスト・ウィテカー(玄田哲章)、ユリシーズ・クロウ:アンディ・サーキス(広田みのる)

MCUも18作目。監督は『クリード』のライアン・クーグラー、31歳。NYのVFXスタジオ、Perception制作のプロローグが『ゲーム・オブ・スローンズ』でウケた。

話はありきたりで展開が平凡。どんだけ最先端いってても、王座を懸けて殺し合いするんだね。ティ・チャラが優等生すぎるし、ヴィブラニウムに包まれたブラックパンサーが強すぎる。知られざるワカンダの突出した科学力、ムー帝国を彷彿。ロイヤル・タロン・ファイター、カッコイイ。ワカンダに帰還したとき、地上で手を振ってるのがイイ。

親衛隊、いい動きだった。ラストバトルはサシ&地上戦+空中戦のスター・ウォーズ形式。クールなキルモンガーよりイカレ野郎のクロウが好き。エンドタイトル後はバッキーが!

続きを読む

tag : フランチャイズ続編コミックヒーロースパイSci-FiMCU

1962年の『シェイプ・オブ・ウォーター』

strickland1.png
The Shape of Water(2017)123分

width=ギレルモ印の低予算モンスター映画なのに大して面白くはない。エグいシーンはさすがにうまい。1962年で米ソ冷戦時なんだけど、ギレルモにとってはおとぎ話の時代かもしれんが、オレは生まれてたので、レトロ感しかない。スパイは出て来るけど冷戦の緊張感はなく、大らかでいい時代。でかい映画館の上に住んでたり、近所でチョコレート工場が燃えてたりの素敵環境。

基本的に『キングコング』で、それを越える面白さや意外性はなく平凡な映画だった。半魚人とイライザの愛が伝わりにくいし、どっちかってーとナンセンスすぎて美しくないんだよな。海に逃がせば終わりじゃクライマックスも盛り上がらんし。

半魚人は治癒能力あるのに、病気なの?E.T.みたいだな。中の人は『ヘルボーイ』シリーズのエイブと同じくダグ・ジョーンズ。『ディスカバリー』ではケルピアン人のサルー副長でもおなじみが、今回も素顔はナシ。マイケル・シャノンのストリックランドは怖くてよかった。

エンドロールにジェームズ・キャメロンとアルフォンソ・キュアロンとコーエン兄弟とアレハンドロ・イニャリトゥとエドガー・ライトの名前があった。

続きを読む

tag : 劇場ファンタジー低予算救出ミュージカルクリーチャーオスカー

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ