fc2ブログ

2104年の『エイリアン:コヴェナント』

Alien: Covenant(2017)122分

Alien: Covenant監督:リドリー・スコット 脚本:ジョン・ローガン&ダンテ・ハーパー
原案:ジャック・パグレン&マイケル・グリーン
原作:ダン・オバノン&ロナルド・シャセット
製作:デヴィッド・ガイラー、ウォルター・ヒル、リドリー・スコット
撮影:ダリウス・ウォルスキー 音楽:ジェド・カーゼル
VFX:MPC、フレームストア、ライジングサン
出演: マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン、ビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル、カルメン・イジョゴ、エイミー・サイメッツ、ジャシー・スモレット、キャリー・ヘルナンデス(、ナサニエル・ディーン、アレクサンダー・イングランド、ベンジャミン・リグビー、ウリ・ラトゥケフ、テス・ハウブリック、ローレライ・キング、ジェームズ・フランコ、ガイ・ピアース

『エイリアン』と『エイリアン2』から引用がたくさんあって楽しいけど、怖くも面白くもない。『プロメテウス』から起動修正したのはよかったけど、『エイリアン』を9倍の製作費9700万ドルかけてセルフリメイクしたようなもので、嬉しいやら白けるやら。タイトルも音楽も水飲み鳥も。でもこーゆーのが観たかったんだけどね。

ネオモーフはバッタもんかと思ったら、まったく別物のパンズ・ラビリンス、動きはいいけどなくてもよかった。エッグ→ハガー→バスター→ゼノモーフは後半のお楽しみ。生き残ったダニエルズがリプリーばりに活躍しだすんだけど、イマイチ感がハンパない。顔が『エイリアン2』のバーク似で萌えないアンドロイドの名前は「E」のはずが「W」って、ウォルター・ヒルかよ。デビッド(ガイラー)は次もあるね。

続きを読む

tag : 続編Sci-Fiホラーフランチャイズ宇宙エイリアン脱出

ひかりのたび

ひかりのたび
ひかりのたび(2017)91分

hikarinotabi_pos.jpg脚本・監督の澤田サンダーの商業映画デビュー作。新幹線で旅行する話じゃないよ。まず、SEがすげえ。モノクロに合う。

いい映画だった!お話もストーリテリングも好み。丁寧な演出の積み上げが気持ちいい。不動産ブローカーの父ととばっちりで気の毒な娘のお話が、顧客側3人のサイドストーリーと合流。特にお父さんよかったー。

自転車の二人乗りは昭和かよ?みたいな。でも跨いでたな。坂道の長回しはよかったなあ。奈々ちゃんが最後にやっと笑顔、これ大事。『戦メリ』のハラ軍曹の笑顔、、、いや、『バードマン』のサムだな、いいラスト。

続きを読む

ハリー・ディーン・スタントン

Harry Dean Stanton
ハリー・ディーン・スタントンは好きな役者だったなー。『エイリアン』のブレット、ノストロモでいちばんやる気なさそうな気だるさがよかった。あんときすでに53歳だったんだなあ。RIP.

Harry Dean Stanton
1926.7.14 - 2017.9.15

tag : 訃報俳優

1940年の『ダンケルク』3つの時間

Dunkirk(2017)106分

DunkirkIMAX(2K/12.1ch)で観た。絵も音も超ド迫力。IMAXシアターで観るべき映画の究極。通常上映版はやめといた方がいいよ。「ダンケルク 額縁」でググってみて。ラージスクリーンのTCXでもひとまわり小さく上映されるそうで。どーせIMAXで見直したくなるので、最初から500円のっけてIMAXで観た方が得策。TOHOシネマズ新宿のスクリーン10のIMAXイイ!オススメはE列センター。絵も音もド迫力です。品川のIMAXはもっとイイはず。

陸の1週間、海上の1日、空の1時間のカットバック。こんなメメントな戦争映画は初めて。手持ちで揺れる大画面は脳内モーショントラッキング。ハンス・ジマーのハラハラ音楽付き。

それぞれのドラマは大したことないけど、最後に収束するのは心地いいし感動的。特に空がよかったな、IMAXの大スクリーンの中を実機のスピットファイアが飛ぶ観れるなんて、ノーランに感謝。ガス欠とかキャノピーが開かないとかギヤが降りないとか危機要素も外せない。

涙が出たのはケネス・ブラナーが双眼鏡覗いたら小船がいっぱい見えるシーン。それとハインケル He111からガス欠のスピットが助けてくれるシーン。そして希望通り新聞に載ったシーン。

イベントムービーとしては申し分ないけど、本物に拘りすぎて史実じゃなくなってる。書き割り入れてもせいぜい1万人、40万人もいるように見えない。空の1時間は嘘っぽくて、スピット3機はしょぼいし、メッサーも別物。本物でモーキャプしてCGIでもよかったと思う。製作費1億ドルのうち、ノーランのギャラは2000万ドル。さらに興行収入の20%。

続きを読む

tag : 航空機実話WWII戦場海軍IMAX

『新感染 ファイナル・エクスプレス』は釜山行き

Train to Busan
Train to Busan(2016)118分

Train to Busan監督:ヨン・サンホ 脚本:パク・ジュスク、ジョースーク・パーク
撮影:イ・ヒョンドク 音楽:チャン・ヨンギュ
出演:ソ・ソグ:コン・ユ、スアン:キム・スアン、ソンギョン:チョン・ユミ、ユン・サンファ:マ・ドンソク、ミン・ヨングク:チェ・ウシク、キム・ジニ:アン・ソヒ、ヨンソク:キム・ウィソン、ジョンギル:パク・ミョンシン、インギル:イェ・スジョン、乗務員:チャン・ヒョクチン、ホームレス:チェ・グィファ、感染者の女:シム・ウンギョン、運転士:チョン・ソギョン、キム代理:キム・チャンファン、チーム長:ハン・ソンス

この映画観るのは2回目。去年 YouTube で見たとき、スクリーンで見たいと思った。『釜山行き』でいいのに『新感染』ってフザけたタイトルがクソ。20分で最初の感染者が出て来る。KTXと大量の感染者すげー。感染者はグロくないぶん動きがいい。モブもすげーいい。とにかく元気なヤツら。

自分だけ助かればいいって主人公が斬新。逆にマ・ドンソクのサンファいいわあ、ヤな奴かと思ったらイイ奴。自己犠牲のカッコいい描写。キャラがよくできてる。バス会社の重役や姉妹、野球部。よくできたパニック映画だった。韓国映画でいちばん好きかも。別れたくないスアンと噛まれたパパ。機関車から落ちる影、感動のラスト。

監督のヨン・サンホってアニメの監督なんだ。韓国のブラッド・バードだな。製作費は850万ドル、セットは2両ぶん。

続きを読む

tag : 鉄道ホラーアクションサバイバルゾンビパンデミック

『ダンケルク』のフォーマット

大画面&フィルム大好きノーランの『ダンケルク』の劇場フォーマットは6種類。このうち日本で上映されるのは4種類。『ダンケルク』は75%をIMAX70mmフィルム、25%をパナビジョン65mmフィルムで撮影・編集してる。
画面比だけで比較するとIMAXがいかに縦に広いかよくわかる。
dunkirk_AR.jpg
解像度の比較は、

続きを読む

tag : 劇場IMAX

2001年の『スポットライト 世紀のスクープ』

Spotlight
Spotlight(2015)129分

Spotlight監督:トム・マッカーシー 脚本:ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー
撮影:高柳雅暢 音楽:ハワード・ショア
出演:マイク・レゼンデス:マーク・ラファロ(宮内敦士)、ウォルター・“ロビー”・ロビンソン:マイケル・キートン(牛山茂)、サーシャ・ファイファー:レイチェル・マクアダムス(森なな子)、マーティ・バロン:リーヴ・シュレイバー(大塚明夫)、ミッチェル・ガラベディアン:スタンリー・トゥッチ(岩崎ひろし)

huluで吹替版見た。好きなタイプの映画。被害者は主に教会しかない貧困層。キャストがいい。「ボストン・グローブ」スポットライト・チームは素晴らしく特にキートン!感づいてはいても告発できなかったことに気付き、自分は運がよかっただけと気付き、20 人リストを無視したのが自分だと気付く。

続きを読む

tag : 実話クライムドラマオスカーチーム

2021年の『トランセンデンス』

transcendence.png
Transcendence(2018)107分 2.35:1

Transcendence監督:ウォーリー・フィスター 脚本:ジャック・パグレン
撮影:ジェス・ホール 音楽:マイケル・ダナ2021
出演:ウィル:ジョニー・デップ(平田広明)、エヴリン:レベッカ・ホール(北西純子)、マックス・ウォーターズ:ポール・ベタニー(内田夕夜)、ブリー:ケイト・マーラ(坂本真綾)、ブキャナン捜査官:キリアン・マーフィー(鈴木正和)、スティーヴンス大佐:コール・ハウザー(さかき孝輔)、ジョセフ・タガー:モーガン・フリーマン(坂口芳貞)、マーティン:クリフトン・コリンズ・Jr(高木渉)

huluで見た。キャストは豪華だけど、陳腐な話。瀕死の意識を人工知能にアップロードするって。そこそこサイバーパンクだったけど。イーロン・マスクがカメオで出てる。

続きを読む

tag : Sci-FiAIカメオKGB

リチャード・アンダーソン

Richard Anderson
科学情報局のゴールドマン部長。「ジェミー」の頃は局長になってたけど、丸くなっちゃって。厳しい上司だった部長時代の方がよかった。RIP.

Richard Anderson
1926.8.8 - 2017.8.31

tag : 訃報俳優

ニックネームは『ベイビー・ドライバー』

新宿バルト9
Baby Driver(2017)113分 2.39:1

ベイビー・ドライバー監督・脚本:エドガー・ライト
撮影:ビル・ポープ 音楽:スティーヴン・プライス
出演:ベイビー /マイルズ:アンセル・エルゴート、デボラ:リリー・ジェームズ、ドク:ケヴィン・スペイシー、バディ:ジェイソン・ヴァン・ホーン - ジョン・ハム、ダーリン:モニカ・カステロ - エイザ・ゴンザレス、バッツ:レオン・ジェファーソン - ジェイミー・フォックス、グリフ:ジョン・バーンサル、エディ:フリー 、J.D. :ラニー・ジューン、ジョセフ:CJ・ジョーンズ

エドガー・ライトの映画がバルトのシアター9だなんて超贅沢!しかもこのキャパがぎっしり埋まるとは!めちゃくちゃイイ映画だった!

1カットめ、えらいローアングルだなあって思ったらタイヤがイン。サイコーの出だし!『ザ・ドライバー』+『トゥルー・ロマンス』+『俺達に明日はない』がギッシリ詰まった話がスピーディーでごろごろ転がる。ラストの逆転劇に泣けた!

車のセレクト、曲のセレクト、銃のセレクト、かわいいウェイトレス、折りたたみの携帯、クリックホイールのiPod、出所後の虹、全部イイ!映像と音楽がシンクロした編集も抜群。キャラもみんな立ってる。特にベイビーとデボラ、ベイビーとバディの関係変化が素晴らしい。ウォルター・ヒルが声でカメオって気付かんかった!

続きを読む

tag : カメオ強盗チェイスチームApple

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ