fc2ブログ

『ハクソー・リッジ』は前田高地


Hacksaw Ridge(2017)139分

Loganメル演出に期待した生々しい戦闘描写には満足だけど、丁寧に描かれた前半も予想外によかった。嫁さんとの出会い、楽しい崖登り。訓練の中盤、良心的兵役拒否。憎かったパパドスには感謝だな。ヒューゴ・ウェービングよかったー。

後半は前田高地の激戦。運命の崖登り。白兵戦で殺し合う中「1人くらい助けるヤツがいてもいい」ドス君視点で描かれた地獄の戦場。日本兵こんなに強かったの?史実だけど盛ってるんだろうね、いい方に。その盛り方がメル流にすげえ。ヘルメットに弾が直撃したときの音!銃に触らないはずのドス君がM1を手にとるシーンにハッとした。聞こえてくる日本語は違和感無し。

「神よ、あと1人助けさせてください」もやい結びが役にたつ!多くの命を救ってたドス君に日本兵が迫った時、崖下から支援の銃撃!こーゆーのたまらん。戦場でもドス君の信念は固くブレない。その影響で周囲が変わる。そういえば兄貴はどうなった?

続きを読む

tag : 実話戦場日本WWII救出近接戦場所

『夜明け告げるルーのうた』

Lu over the wall(2017)107分

Lu over the wall監督:湯浅政明 脚本:吉田玲子、湯浅政明
キャラクターデザイン・作画監督:伊東伸高
撮影:バテイスト・ペロン 音楽:村松崇継
制作:サイエンスSARU
出演:ルー:谷花音、足元カイ:下田翔大、ルーのパパ:篠原信一、カイの祖父:柄本明、国夫:斉藤壮馬、海老名遊歩:寿美菜子、足元照夫:鈴村健一、江曽島:大悟(千鳥)、髭反大:ノブ(千鳥)、タコ婆:青山穣、ワン魚:新谷真弓

線細っ!アバンタイトル長っ!湯浅さんは宮崎さんを目指してるのかと思ったけど、後半は湯浅テイストが炸裂してバカ盛り上がって映画としても面白かった。『ポニョ』よりは湯浅版『パンダコパンダ』みたいで楽しい。アンチ人魚の人たちを描いてるのがいい。忌まわしい過去の真実が明かされるカタルシスもあった。人魚に噛まれると人魚になるってゾンビかよ!光を浴びると死ぬってヴァンパイアかよ。あと泳いでも乱れないトイプーのパピーちゃん。

ルーのキャラデザは気色悪くて好きになれんかった。Flashアニメとしては極上。手間がかかってる。すげえ背動もあるし。原画は紙で動画以降がFlash。原画マンは豪華だったので芝居は安心。クレジットによるとFlashアニメーターは16人。

続きを読む

tag : アニメーションFlashファンタジー

『ブレイブストーム』レッドバロン+シルバー仮面

BraveStorm(2017)81分 1.78 : 1

http://www.bravestorm.jp監督・脚本:岡部淳也
原作:宣弘社「レッドバロン」「シルバー仮面」
クリーチャーデザイン:竹谷隆之
撮影:野口裕希 サウンド:マイク・バータ
VFX:ブラスト 特殊造形:ゼペット
出演:春日光二:大東駿介、シルバー(R2):新田匡章、紅健:渡部秀、春日はるか:山本千尋、春日光三:タモト清嵐、春日光一:春日光一、春日ひとみ:壇蜜、紅健一郎:吉沢悠、ボーグ:松崎悠希、トレーナー:泉谷しげる、静弦太郎:寺脇康文

スタッフ家族試写で初号に続いて2度目の鑑賞。試写室と違ってアキバシアターは設備がよくて、印象が10倍アップ。特にTHXの音響がド迫力。

製作委員会が絡まないので認知されにくいけど、自主映画の強みでやりたい放題なので見応えある。日本の特撮映画としては最高水準。81分尺中、人間対エイリアン、ヒーロー対サイボーグと様々なバトルが盛り込まれ、アクション映画としても見応え十分。

ラストは巨大ロボット同士の白昼の銀座決戦!これが巨大重機対決で大迫力。『ロボジョックス』や『パシフィック・リム』よりよくできてて、これが見たかった!って大満足の映像。ハリウッドから来日したチームによる撮影は独特なルック。サウンドもカラコレもハリウッド仕込みでいい感じ。

続きを読む

tag : Sci-Fi救出ロボ侵略特撮アクションタイムトラベル格闘ヒーローエイリアン

『LOGAN/ローガン』

logan
Logan(2017)138分

Logan監督:ジェームズ・マンゴールド 脚本:マイケル・グリーン、スコット・フランク、ジェームズ・マンゴールド
原案:デヴィッド・ジェームズ・ケリー、ジェームズ・マンゴールド
原作:マーク・ミラー、スティーブ・マクニーブン『オールドマン・ローガン』
撮影:ジョン・マシソン 音楽:マルコ・ベルトラミ
出演:ローガン:ヒュー・ジャックマン、チャールズ・エグゼビア:パトリック・スチュワート、ドナルド・ピアース:ボイド・ホルブルック、キャリバン:スティーヴン・マーチャント、ザンダー・ライス博士:リチャード・E・グラント、ローラ/X-23:ダフネ・キーン

前々作前作>今作と、だんだんつまんなくなってる?アダマンチウム中毒でボロボロのローガンは運転手しながらアルツでボケちゃったチャールズの介護。気分が滅入る鬱設定だからか、ストーリーの進行が遅い。『シェーン』の引用もなんかズレてて。

監督のマンゴールドは『リトル・ミス・サンシャイン』と『ザ・レスラー』を参考にしたそうだが『ペーパー・ムーン』+『レオン』だね。老いて死にかけた2人を見るのは辛い分、寡黙でワイルドすぎるX-23ことローラちゃんがイイ!仲間のちびっ子ミュータント団もがんばる!と思ったら逃げるのか、でも最後は戦う!

アダマンチウム弾はエクストリーム・ペネトレーターなので弾頭がX型。X-24に殺されたら自殺みたいなもんだね。

続きを読む

tag : フランチャイズ続編ヒーローコミッククローン

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ