fc2ブログ

のたうち回る銃撃戦『フリー・ファイヤー』

アスミック

Free Fire(2016)90分

Free Fire英仏合作ドンパチ映画。M-16を30丁のはずがAR-70だったけど、ギャング同士の取引は成立するはずだった。これがメンバーの前夜の因縁から、双方生々しい銃撃戦に突入。たちまち血みどろの修羅場になって全編銃撃戦であっとゆーまの90分。

シューテム・アップ』になるかと思ったら吉本新喜劇的で、カッコええキャラは皆無。撃ち合いつっても、みんなカッコ悪く這いずり回って必死なのがコメディの味になってる。狙撃で介入したプロはあっさり死ぬけど、ギャングのメンバーはなかなか死なないのが面白い。そうそう、致命傷じゃなきゃすぐ死なないよね、みんなしぶといぞ。特にマーティン。最後までこの調子で楽しかった。完全に好み。ジョン・カーナハンも好きそう。髑髏島でカメラ持ってたヒロインもここでは銃撃しまくり。1シチュエーション、1000万ドルの低予算映画。

続きを読む

tag : 低予算クライムスナイパー銃撃戦

戦いながら食う『キングコング:髑髏島の巨神』

skullisland.jpg
大イカと戦うレジェンダリーコング、『キングコング対ゴジラ』(1962)で大ダコと戦う東宝コング

Kong: Skull Island(2017)118分

Kong: Skull Islandレジェンダリーの怪獣路線はどれもダメだな。稚拙なコング映画で眠気を我慢するのが大変だった。日本軍パイロットがモーゼル持ってたり、ヒューイの数が増えてたりで、なんかもうダメかなと。ストーリーが陳腐って言われてるけど、お話なんてない。

ヒューイで突破できる程度の嵐を抜ければ髑髏島。いきなりヘリ部隊全滅させられてバカすぎ。文化レベルが低そうな原住民だけど立派な壁を建設してるぞ。30年住んでて島に詳しい米兵がいてよかった。脱出用の船まで用意してくれてた。

秘境探検する登場人物たちはウロウロするだけ。怪獣だ〜、残弾気にせず撃ちまくり、逃げろー!吹っ飛ぶデジタルダブル、ばっかし。元SASはやめて。キング・コングと添え物達。コングのライバル怪獣は戦うのにほどよいサイズだった。

バジェットは1億8500万ドルとでかいけど尺は2時間ない。

続きを読む

tag : フランチャイズリメイク怪獣ヘリサバイバル

『君よ憤怒の河を渉れ』

君よ憤怒の河を渉れ
君よ憤怒の河を渉れ(1974)151分

君よ憤怒の河を渉れ
監督:佐藤純彌 脚本:田坂啓、佐藤純彌
出演:高倉健、中野良子、原田芳雄、倍賞美津子、池部良、田中邦衛、伊佐山ひろ子、大滝秀治、西村晃、岡田英次、内藤武敏

huluで観た。変な熊、変な中野良子、変なF-104、変な精神病院、人をロボット化する変な薬、シーンに合わない変な劇伴と盛りだくさんのヘンテコ映画。

健さんは北海道で大滝秀治から「東京までは十分飛べる」とセスナをもらう。操縦経験のない健さんは「基本は水平飛行」と教わって離陸→青森上空で空自のF-104Jの追撃に遭うが振り切る→茨城沖に着水→海岸に脱ぎ捨てた服。全裸でどこへ行ったか?→長野の善光寺でヒッチハイクしてる健さん→立川で倍賞美津子に助けられる→新宿東口で警官に追われる、という怒濤の展開。

圧巻なのは新宿駅周辺のモブシーン。東口にアルタはまだない。初詣並みの雑踏の中を逃げる健さん。追う警官たち「杜丘ッ、止まれー」と発砲!人混みの中で!健さんは角筈ガードを抜けて西口へ。普通なら車が来て「さあ乗って!」ってパターン。でもこの映画は馬の群れ!新宿西口で。そのうち1頭に中野良子が乗ってて「さあ乗って!」馬に乗る健さん。馬の群れは小田急百貨店前を通って甲州街道方向に走り去る!このシーンは大ガード西から京王百貨店前までを封鎖して撮影してる。何と壮大な!馬は走りにくいのか、転倒してるし。よく撮影許可降りたなあ。

tag : 殺し屋警察昭和日本航空機

エマ・ストーンで満足『ラ・ラ・ランド』

lalaland1.jpg
ミアのベッドサイドのポスターは左の写真を元に作られてる。

La La Land(2016)128分 Dolby Atoms

La La Land初ドルビーアトモス、TCXで観た。いきなり「Filmed in Cinemascope」デタ〜!サミットのロゴも変わって。「ゾンビランド」から「ラ・ラ・ランド」にやってきたエマちゃん、いっぱい観れてよかったー。ミュージカル映画としては完成度が高いわけではないけど、ミュージカルファンムービーとしては極上の映画。ミュージカルシーンは基本、カットを割らない!頭っから超絶1カットのキャメラワークに感激。『セッション』と同じクイックPANもやってた。

ミアとセブのお話は『ニューヨーク・ニューヨーク』のデ・ニーロとライザ・ミネリ。エマちゃんの感情を揺さぶるアップ芝居は見応えあって涙が出る。セブにひどいこと言われたときの表情!『理由なき反抗』を観に行くシーンはお気に入り。ディナーに付き合わされるミアに「早くリアルトへ行け〜セブが待ってるよ〜」って叫びたくなった。たまらずミアが席を立って拍手。

5年後、さりげなくリアルトは閉館し、成功したミアはセレブ暮らしの一方で、セブも夢を叶えててよかった。セブがあの曲を弾きながら妄想するシーンは客への大サービス。最後に見せるゴズの歯を見せない微笑は『ドライブ』を思い出した。
lalaland3.jpg
パナビジョンで35mmフィルム撮影、レンズはアナモフィックでシネスコ上映のフォーマット。
lalaland4.jpg
ホームビデオだけは16mmで撮影。16mmキャメラ用のアナモフィックレンズは作ったそうで。

続きを読む

tag : ミュージカルオマージュハリウッド1980sオスカーポスター

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ