fc2ブログ

May the force be with you.

Carrie Fisher
Carrie Fisher
キャリー・フィッシャーの訃報が!ああ、なんてこった。あのまま逝ってしまうとは。容態安定は誤報だったのか。『ローグ・ワン』のラストが思い出される。そしてデビー・レイノルズまで!キャリーの容態は安定したってツイートを最後に、救急搬送されてなくなった。娘がなくなった翌日だよ!『雨に唄えば』かわいかったなあ。

R.I.P. Carrie Fisher
1956.10.21 - 2016.12.27

R.I.P. Debbie Reynolds
1932.4.1 - 2016.12.28

tag : 訃報

『バイオハザード:ザ・ファイナル』完結?

biohazard.jpg
Resident Evil: The Final Chapter(2016)106分

バイオハザード:ザ・ファイナル海外の評価がないと思ったら日本最速だったのね。最終作ってことで観てみればうまくまとまってた。アバンタイトルで発端から説明され、そんな前まで!って思ったが意味があった。原点回帰なのね。つまり、Tバイラスとアリスの真相が明らかになる。

映画としてはアクションアクションで、細かいカット割りで、ポール得意の「よくわからんがすごいことになってる」って思わせる。ナイトシーンは物量がすごいけど暗いし。最終作だけにアーカイブフッテージも大量投入。ポールがやり残したアイデアを全部ブチ込んだようで、ストーリーテリングはまるでホラ話。懐かしのハイブでは1作目のたけし城で面白かった。続き作る余地は残してあったけど、もうないだろうな。

クレア、ウェスカーそしてアイザックス再登場。禁断のクローン設定も使って来たなーw、今なら「カリーシ」って言いそう。ローラはセリフ1言ですぐ死ぬチョイ役だけど、クレジットの扱いはでかかったw。

続きを読む

tag : フランチャイズSci-Fiゾンビ続編クローン

コードネームは『ローグ・ワン』新たなる希望の元

161216.jpg
Rogue One: a Star Wars Story(2016)134分

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー戦争映画としては期待はずれだったけど、期待以上にスター・ウォーズで感激した。『STAR WARS』のタイトルとクロールはなくても。生き別れの父親が新兵器を開発してると知って娘が会いに行くわけで、『海底軍艦』みてえだなwって思いつつ観てたんだけど気付いた!ジンって名前は神宮寺真琴のジンか!ジョン・ノールは『海底軍艦』が好きに違いない!

このジンちゃんがかわいくないし戦士としても魅力ないし、不安を感じ始めたところでモフ・ターキン!これ、もう、1978年に初めて『スター・ウォーズ』観たとき「ピーター・カッシングだ!」ってのと同じ感動。だってピーター・カッシングなんだもん、そっくりさん?いやいやCGI。もう大感激!『2010』に登場したボウマン船長を彷彿。

K-2SOも好き。懐かしのヤヴィン。シャトルが9番パレットにランディング時、マーシャラーがライトスティック振ってたのがかわいい。そしてクライマックスのSW名物3元バトルは宇宙と地上とセンター内。プロトン爆弾を投下するYウィングもよかったし、TIEファイターの照準器がダン・オバノンオマージュ。ブロッケード・ランナーがリリースされるエピソード4に繋がるシーンは涙が溢れた。でもギャレスはうまい監督とは言えないので、ルーカスだったらって考えちゃう。

続きを読む

tag : スターウォーズSci-Fi戦場続編シリーズチーム

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』

Jack Reacher: Never Go Back
Jack Reacher: Never Go Back(2016)118分 2.35 : 1

Jack Reacher: Never Go Back監督:エドワード・ズウィック 脚本:リチャード・ウェンク、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコビッツ
原作:リー・チャイルド「ネバー・ゴー・バック
撮影:オリヴァー・ウッド 音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:ジャック・リーチャー:トム・クルーズ、スーザン・ターナー少佐:コビー・スマルダーズ、アンソニー・エスピン大尉:オルディス・ホッジ、サマンサ・ダットン:ダニカ・ヤロシュ、ハンター:パトリック・ヒューシンガー、サム・モーガン大佐:ホルト・マッキャラニー、ジェームズ・ハークネス将軍:ロバート・ネッパー

ほらー、前作を『アウトロー』なんて的外れな邦題にするから。原題そのままはないよ。世界的に不評だけどいい映画だった。ミステリアスで静的なテイストの前作より動的要素増えて面白かった。ストーリーテリングが丁寧でサービス精神もたっぷり。

アクションは派手になったけどボディカウントは前作の22人に対して今作12人と少なめ。3人で逃げてそして追う。人物たちもコビー・スマルダーズがとにかくかっこええ!互角のタッグパートナー。さすが元S.H.I.E.L.D.、いやMP。娘はカワイクないんだが、ちゃんといいオチがつく。ロバート・ネッパーにはびっくり。吹替えで観たくなるじゃないか。

今作もフィルム撮影。製作費は前作と同じく6000万ドル。一応、前作をhuluで見ておいたけど、話がつながってるわけではなかった。

続きを読む

tag : アクション続編格闘兵士

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ