fc2ブログ

ロック・ボトム

Furious7rock.jpg
ワイルド・スピード SKY MISSION」の冒頭でステイスと戦ったロック様は、ロック・ボトムを繰り出す。なんと映画でこの技が観られるのは「ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン」(右)以来12年ぶりになる。今回、横位置でキャメラを回転させながらのショットで迫力倍増。プロレスならこの後ピープルズ・エルボーへとつながるが、なんとステイスの反撃にあい、病院送りにされる!

tag : 近接戦アクション格闘

『ワイルド・スピード SKY MISSION』

C-130ドロップ
C-17グローブマスターIIIからのドロップシーン(上)、撮影は一回り小さいプロペラ機のC-130ハーキュリーズで行ってる(下)。C-17は速度が速いので落下する車の間隔が開きすぎてしまい、1画面に収めて撮影できない。そこで撮影ではC-130が使用されたんだろうね。

Furious 7 (2015) 137分

Furious 7監督:ジェームズ・ワン 脚本:クリス・モーガン
撮影:スティーヴン・F・ウィンドン、マーク・スパイサー 音楽:ブライアン・タイラー
ドム:ヴィン・ディーゼル、ブライアン:ポール・ウォーカー、ルーク・ホブス:ドウェイン・ジョンソン、レティ:ミシェル・ロドリゲス、ミア:ジョーダナ・ブリュースター、ローマン:タイリース・ギブソン、テズ:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、エレナ・ネベス:エルサ・パタキー、デッカード・ショウ:ジェイソン・ステイサム、ミスター・ノーバディ:カート・ラッセル、ラムジー:ナタリー・エマニュエル、モーゼ・ジャカンディ:ジャイモン・フンスー、キエット:トニー・ジャー、カーラ:ロンダ・ラウジー、サファー:アリ・ファザル

デッカード「敵の敵は友人でもある」
ドム「友達はいない。ファミリーだけだ」
前作から2年。衝撃のラストに登場したジェイソン・ステイサムはオーウェンの兄デッカード・ショウだった。ブリッジの回収とセットアップかと思ったら、ブライアンがミアに電話するシーンで泣けた。ジェームズ・ワンの映画で泣けるなんて。

破格のバジェット1億9000万ドルでチャンバラ、ドンパチ、カーチェイス!C-17(撮影はC-130)からダイブしての山道チェイス!いつものイリミネーション形式!崖から脱出するブライアンをレティが救出!カッコええ!アブダビではライカン・ハイパースポーツのエティハッド・タワーズ渡り(VFX)!壮絶LA市街戦!ヘリ、ドローン、ミサイル、F-16。緊急参戦のホブスはドローンからもぎとったM134を撃ちまくる!カート・ラッセルはMAC10使ってほしかったなー。

ファイトシーンはブラーレス撮影が嬉しい。ロック様はステイサムをロック・ボトムで沈めたもの病院送りにされ。ブライアンはトニー・ジャーと2度ファイト。レティが戦うのはジーナ・カラーノに代わってロンダ・ラウジー。ドムとデッカードの一騎打ちは互角!

Furious7.jpg入場時にシールもらった。4月18日の「王様のブランチ」でLiLiCoや谷原章介が「ワイルド・スピード SKY MISSION」をツッコミどころ満載とか、笑えるバカ映画みたいに紹介してて違和感を感じた。じゃ「007」や「M:I」もバカ映画か?w

【注】この続きはラストについて触れてますので、閲覧注意です。

続きを読む

tag : フランチャイズ格闘アンサンブルチェイス航空機続編チームNY

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

イミテーション・ゲーム
左からアラン・チューリングさん本人、エニグマの暗号を解読するマシンのbombe(女性はボンビーガールw)、エニグマ実機。
The Imitation Game (2014) 114分

Enigma暗号機エニグマへの挑戦」を映画化したイギリス映画「エニグマ」(2001)はフィクションだった。暗号解読の中心になるのは史実と違って天才数学者トム・ジェリコ。期待した話とは違って、ミステリアスな女に騙された天才が、女の正体を追う話だったんで、それなりに面白かったけど、うっかりすると眠っちまいそうな前半は実は伏線だったりする。生真面目ケイト・ウィンスレットと謎の女サフロン・バロウズが対照的でよかった。製作のミック・ジャガーが出てたりね。
imitationgame2.jpg
左が「イミテーション・ゲーム」で右が「エニグマ」

The Imitation Game今作は「エニグマ アラン・チューリング伝」が原作の実話版。期待通りのいい映画だった。暗号解読チームを率いる天才数学者アラン・チューリングの戦前、戦中、戦後が並行。1400万ドルの低予算ながら奥深い!よく2時間以内にまとめたなあ。どの時代も「時として、誰も想像し得ない人物が、想像し得ない偉業を成し遂げる」って言葉が鍵になる。

暗号解読チームの中でアランはミスター・スポックだけど、ジョーンを軸にアランと解読チームがまとまっていく。解雇されるアランをチームが救うシーン(ヒューはいいヤツ)、婚約解消を宣告されたジョーンが反論する(普通じゃない同志の関係)シーン、ジョーンの友人の言葉をヒントにクリストファーを完成させるシーンにはグッとくる。資料を燃やしながらの「チューリング・マシンは後にコンピューターと呼ばれた」って文字にうるっときた。カンバーバッチの演技も凄いが、キーラ・ナイトレイのジョーンもめっちゃよかった。あと、MI6のマーク・ストロングが嬉しい!
imitationgame3.jpg
ベネディクト・カンバーバッチとキーラ・ナイトレイの普通じゃない美形コンビ、右は「エニグマ」からダグレイ・スコットとケイト・ウィンスレットのオタクコンビ。

続きを読む

tag : 実話MI6チームAppleWWIIオスカー

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ