トム・ヤン・クン2

トニー・ジャーを忘れちゃいけない!「トム・ヤン・クン」の続編!

tag : アクション 続編 格闘

ロボコップのパスケース

「ロボコップ」のパスケース(1987)がでてきた。前売り特典だったのか売店で買ったのか不明。
パスケース

tag : 小物 警察

ロボコップ

RobocopNI-408とロボコップ(左)、オート9とオリジナルロボコップ

RoboCop (2014) 117分

RoboCop「ジャッジ・ドレッド」のリブートかと思ったら「ロボコップ」のリメイクだったwこんなことになったのは、製作費1億ドル越えでR指定からPG-13にしなきゃならなくなったとか、ブラジル人監督はやりたいことの9割を却下されたとか?アロノフスキーに任せるべきだったね。

バイオレンス描写のない世界にロボコップはフィットしない。「SHERLOCK」っぽい演出活かして、サイバー犯罪とか母さん助けて詐欺とか今の犯罪も描けばいいのに。警察の内部調査つまんねー。デトロイト警察との関わりも希薄。ルイスは黒人男性でびっくり、相棒らしいことしないし。お話の要素がくだらねー。こんなリメイクなら「ロボコップ4」がよかった。

メイド・イン・チャイナのロボコップは65億ドル。アーマーでなくスーツっぽい。バイザーは結局ご都合。パトカーじゃないから街では警察には見えない。オート9の代わりはオムニコープ製NI-408、3点バーストだけどテーザーガンなの。SMGはHKのMP7だし。CGアニメのED-209は全然カワイクない。ちょっとだけコマ落としやってたけど。

ノートン先生も微妙。お披露目優先でロボコップのウリである人間性を簡単になくしちゃうし(でも戻っちゃうし!)。ノートン先生と言えば懐かしのNorton Utilitiesだが、E.ノートンに断られ、G.オールドマンに。結果よかった。セラーズ社長はH.ローリーに断られ、M.キートンに。結果よかった。サミーの番組、いらん。ところでマーフィー役、誰?

続きを読む

tag : フランチャイズ リメイク 警察 SWAT Sci-Fi

マチェーテ・キルズ

Codpiece Revolver
「マチェーテ・キルズ」の股間リボルバー(左)と「フロム・ダスク・ティル・ドーン」の(中)と「デスペラード」の(右)進化してるよねー

Machete Kills (2013) 108分

Machete Kills「マチェーテ、ツイートしない」トラブルメーカー制作でもないロシア資本の自主映画になっちゃった。前作の面白さからすると、ただの安っぽいバカ映画。敢えて目指したのかもしれんが、幼稚すぎるよ。製作費は1200万ドル。50万ドルアップだが撮影はわずか29日、初悪役のメル・ギブソンはそのうち1週間。

まあ、死ぬ死ぬ、主要キャラも惜しみなく死にまくる。死体の数は98体から101体に増えた。「Machete Kills Again... In Space!」次回はさらにアホになる予定、予告だけで終わるかも。

今回はプログラムあるよ、なんと500円!プロダクションノートないけど。

続きを読む

tag : アクション バイオレンス 殺し屋 続編

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示