パシフィック・リム コメンタリーメモ

「パシフィック・リム」のコメンタリーはギレルモ・デル・トロ単独でしゃべりまくる。
・フォーマットはアクション映画ではなくスポーツ映画
・キーカラーは赤。赤は生命のメタファー
・色彩は1942年版「ジャングル・ブック」が参考

イェーガー
・ジプシーはジョン・ウェインがモデルのガンマン
・戦争映画で戦車に乗った気分になれるので、イェーガーも人が乗ることにした
・発進シーンは「サンダーバード」

怪獣
・デザインは中に人が入れること
・オオタチのトランスフォームは「大アマゾンの半魚人」の影響

VFX
・波は葛飾北斎
・海のライティングは「海底二万哩」
・ジョン・ノールとILMに感謝

追加撮影
・ボクの映画で初めて予算が余った
・余った予算で最後の海上シーンを追加撮影
・仮編集をイニャリトゥやキュアロンやキャメロンに見せてアドバイスをもらった
・ローリーのセリフ「You are squeezing me too tight.」はキュアロンの案
・最終的に余った制作費はワーナーに返した
・トロントではデビッド・クローネンバーグに世話になった、感謝

3D
・EPICで3D撮影する案もあったが断念した
・ワーナーから3D変換をすすめられた
・試しにステレオD社がクライマックスの海底シーンを変換して決定
・変換の条件は通常の3倍のスケジュール、ギレルモが監修、OKすること
・3D変換は「タイタニック」の3D変換経験のあるジェームズ・キャメロンがアドバイス
・奥行き感を出すために前景を配置

続きを読む

tag : 3D VFX 怪獣 ロボ 特撮

ワイアット&ドク

tombstone

同じ話を立て続けに見てみた。「ワイアット・アープ」だけ初見。

伝説のワイアット・アープはJ.フォードと親交があったので「荒野の決闘」のH.フォンダが本人のイメージを反映してるんだろうな、堂々とした安定感。「OK牧場の決斗」のB.ランカスターは優しすぎでいい人すぎ。史実に忠実な「トゥームストーン」のK.ラッセルは渋くてカッコイイ。「ワイアット・アープ」のK.コスナーはただのK.コスナー。

ドク・ホリデイは「荒野」のV.マチュアが強烈な印象。「OK」のK.ダグラスはカッコよくて頼もしいけど美化しすぎかも。「トゥーム」のV.キルマーは人間味があって好感がもてる。「ワイアット」のD.クエイドは病的で恐ろしく、まるでクリーチャー。

続きを読む

tag : 類似 実話 西部劇 保安官

馬映画

馬映画

午年なので好きな馬映画を3本。馬映画は感動する話が多いです。
「シービスケット」(2003)は実在した競争馬シービスケットのお話。走る馬の撮影が凄い。特に好きな映画です。この映画を見る度に映画館で観なかったことを後悔させられる。それほど完璧な映画!シナリオと撮影がすげえ。ラスト、POV Follow で終わるのが超感動 。


「戦火の馬」(2011)は児童文学の映画化。スピルバーグのドSぶりは軍馬ジョーイに向けられる!助けてあげて!


「オーシャン・オブ・ファイヤー」(2004)は実在した競走馬ヒダルゴのお話。ダイナミックな野生馬の群れに泣ける。

続きを読む

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示