グラビティ 宇宙撮影メモ

「ゼロ・グラビティ」メイキング関係。映画の内容には触れてません。

3D
・デジタル2D撮影(Arri Alexa)
・IMAXカメラではなく65ミリのArriflex 765も
・元々3D企画なので3D撮影を試したもののキャメラの動きが不足
・3D撮影と2Dをステレオ化したものを比較しても差がわからない
・2Dをステレオ化する方が遠近を制御できるので都合がいい

無重力撮影
・「インセプション」で使った飛行機の自由落下では長回し撮影ができない
・LEDライトをしきつめた10m×10mの箱の中で撮影
・詳細なプリビズありき。プリビス通り寸分違わず撮影
・産業用ロボットアーム+モーションコントロールカメラ
・セットはカプセルユニット内のみ

衣装
・宇宙服はマーカー付きの簡易版
・ヘルメットはバイザーなしの簡易版

操演
・ワイヤーは腰の両側と両肩に3本ずつ、計12本
・ワイヤーは舞台版「戦火の馬」のチームが操演

VFX
・グリーンバックでないためコンポ用マスクは1コマずつ手作業
・俳優の顔以外はフルCG
・実写作品だけどライブアクションは30%ほど
・70%はCGIアニメーション
・モーキャプでは無重力が出せないのでキーフレーム法で手付けアニメ

tag : 3D VFX IMAX

ゼロ・グラビティ

Gravity (2013) 91分

Gravity宇宙で孤立してサバイバル、ありがちなプロットだけどキュアロンの演出が加わって、「2001年」以来のエポックメイキングなスゴイ映画になった。「トゥモロー・ワールド」にも超絶カットがあったが、やってくれたなー!17分に及ぶファーストカットで、観客は宇宙空間に。映画を観てる感覚じゃなく、宇宙を体感する錯覚で呼吸するのを忘れちゃう。映画史に残る導入なのは間違いない。しかも編集以外の映画の要素が集約されてる。

ライアンが飛ばされて切り返し2カットめ。キャメラがライアンのヘルメットに入ってPOVになったり、恐ろしく緻密なショットでこれまた長尺でマットと出会うまで1カット!とにかく手が込んでる。「VGR」の「名誉の日」でトムとベラナは酸欠と戦いながら漆黒の宇宙空間で救出を待ったが、助けの来ないライアンは自力で帰還するしかない。マットは「2001年」のプールのように…ISSでは突然「バーバレラ」が始まってホッとしてたらデザスター。望みのソユーズでがっかりし、STS-157は危機また危機。天宮から神舟。

ライアン役をアンジーに断られユニヴァーサルからワーナーに移り、サンドラ・ブロックがライアンに。全編ほぼ1人芝居ながら見事な熱演!死を待つ身から再生する様は感動した。

続きを読む

tag : サバイバル

かぐや姫の物語

かぐや姫の物語 (2013) 134分
かぐや姫の物語鳥、虫、けもの〜、草木、花〜、せっかくプレスコだけど、音がなくても観れる映画だった。この映画が見事なのは、1人のアニメ作家が10年かけて作ったんじゃなく、大勢で描き、2年で作ったこと!

画面の情報量は少ないようで実は通常のアニメで表現しにくい情感が入ってくる。簡単に言うと作画が凄いの。作画と塗線作画だって。原画も動画も大変だわ。手間もかかってるけど、その価値はある。特に線は色がなくてもいいくらい憧れる。姫と捨丸は似せにくそうで、ガラッと顔が変わったりするけどこのタッチだからもってる。背景がアオリなのに真横顔でひっかかったり、急に「ウマッ!」ってシーンになったり、ダイナミックなアクションになったりで見応えあったなー。絵描きとしてはたまらん映画だ。かぐや姫はハイジとか言われてるけど、繊細だったり力強かったりでヒルダだね。テーマはフェイクと向き合うこと。製作費50億円とか作画枚数50万枚って冗談だよね?

続きを読む

tag : アニメーション

キャプテン・フィリップス

captains
Captain Phillips (2013) 134分

Captain Phillips海賊の人質になった船長の手記「キャプテンの責務」を映画化。グリーングラス得意のホームムービースタイルが相変わらず生々しく、臨場感たっぷり。撮影セオリー関係ないのでフレームアウトなし。

墜落した航空便から生還したトム・ハンクスが、コンテナ船の船長になったら海賊の襲撃、物流はツイてない。海賊つってもジャック・スパローみたいなんじゃなくてソマリアのチンピラ日雇い。いったんは追い払ったんだけど諦めてくれんかった。フィリップス船長が誘拐される第2幕、でもさすがキャップだね、「座席は15番」など極限状況で何度か機転を効かせる。

C-130で駆けつけたSEALsはハイスピード・マニューバーを展開するけど詳しく描かれず、塊として扱ってたのが残念。救出もあっさり。この映画で一番の見せ場は、映画の最後にUSSベインブリッジの医務室にて。救出されたキャップを看護士長が問診するシーン。このハンクスの演技はすげえぞ!説得力あるし感動的で見事。

続きを読む

tag : 実話 SEALs 海軍 空母 人質 海賊

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示