エリジウム

Elysium (2013) 143分

Man of Steel被爆して余命5日の主人公が治療に行く話。ありがちな世界観に医療格差。第9地区は好きだけど、斬新なアイデアはなさそうだし、期待しちゃいなかった。

でも面白かった。メカのデザインと見せ方が好みなの。特にビークルと銃がカッコいい。赤いブガッティのシャトル、レーザーポインタやエアバースト弾装備のAKM、エクソスーツ&レールガン、地上からシャトルを撃破できる4連ミサイルランチャー。地球とコロニー、どっちも好きなビジュアルセンス。その間を行くちっこいシャトル。エリジウムのコンセプトデザインなんてシド・ミードだもの!テーマ曲なんてチューリッヒのCMの音楽だし。

過去の思い出を交えたり、女子供を絡めたりしてアンドリュー・ニコルっぽいドラマ要素は仕立ててあったけど、やっぱりブロムカンプのメカフェチ趣味はすばらしい。

続きを読む

tag : ロボ Sci-Fi

マン・オブ・スティール

man of steel

Man of Steel (2013) 132分

Man of Steel 2D字幕で観た。リチャード・ドナーから始まったスーパーマン映画は、愚作だった3と4はなかったことにして前作を3作目として完結。リブートはノーラン+ゴイヤーだからこうなるだろうとは思ったが、あまりにもダークで回りくどくてスーパーマンぽくない。どのビジュアルもパブリックなイメージとかけ離れてるので新鮮と言うより別のもの見せられてる感じ。

スナイダーもアロノフスキーの手前、やりにくかったんじゃないかな。むしろマーベルを意識しすぎたDCダークナイトバージョン。クリプトンは「ソー」、能力の苦悩は「X-メン」、自分探しは「ウルヴァリン」、飛行は「アイアンマン」、市街戦は「アベンジャーズ」。メトロポリスでの戦いは迫力があったものの、スピードありきで結構適当。特に軍とのからみもなく、見せ場は高層ビルの崩落。スーパーマンが青くないし、赤パンツもベルトもない上、ウロコに見えてアクアマンかよ。

ヘンリー・カビルは11ヶ月の肉体改造でスーパーマンの体を作ってきたのに戦闘スーツ着せられてかわいそ。L.フィッシュバーンがさらにデブになってた。E.アダムスのロイスも太ってたし、色っぽくない。D.レインのマーサはよかったなー。思わず身を乗り出してしまったのは、A-10の登場。これまで扱いが小さかったけど、しっかり活躍。それとF-35Aの編隊、CGIだけど映画でこんだけの数飛ばしたのは初めて。スーパーマンのベイパーコーンがいいね。

続きを読む

tag : フランチャイズ リメイク 航空機 コミック ヒーロー DCEU

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示