fc2ブログ

『エクスペンダブルズ2』

エクスペンダブルズ2
The Expendables 2 (2012)103分 2.39 : 1

エクスペンダブルズ2監督:サイモン・ウェスト 脚本:シルヴェスター・スタローン、リチャード・ウェンク
撮影:シェリー・ジョンソン 音楽:ブライアン・タイラー
出演:バーニー・ロス:シルヴェスター・スタローン、リー・クリスマス:ジェイソン・ステイサム、イン・ヤン:ジェット・リー、ガンナー・ヤンセン:ドルフ・ラングレン、ツール:ミッキー・ローク、チャーチ:ブルース・ウィリス、トレンチ:アーノルド・シュワルツェネッガー、トール・ロード:ランディ・クートゥア、ヘイル・シーザー:テリー・クルーズ、レイス:カリスマ・カーペンター 、ジャン・ヴィラン:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ビリー「ザ・キッド」ティモンズ:リアム・ヘムズワース、マギー・チャン:ユー・ナン、ヘクター:スコット・アドキンス、ブッカー:チャック・ノリス

前作は面白かったのに消化不良。冒頭のアクションだけよかった。敵がヴァンダム率いる悪者一味じゃスケール小せえ。チープなドラマやお笑い入れたりさー、消耗品軍団のくせに大して消耗しないの。多すぎる登場人物がさばけてなくてお祭り的にドンパチやってるだけ。空港の銃撃戦とかアルバトロスで鉱山突入とか無茶しすぎ。

新キャラもダメだわ。若いスナイパーは前作から削除されたキャラらしいがオチがミエミエだし、中華女子も安っぽいので映画をつまんなくしてる。だったらジェット・リー出せよ、最初だけじゃなく。チャック・ノリスのテーマがなんで「続・夕陽のガンマン」なんだよー、でもなんか笑っちゃうけど。スタローン対ヴァンダムも物足りんかった。3作目の製作は決定してる。

続きを読む

tag : フランチャイズ戦場アンサンブル続編チーム銃撃戦ミッション傭兵近接戦

1979年の『アルゴ』

Argo (2012) 120分

Argo監督:ベン・アフレック クリス・テリオ
原作:アントニオ・J・メンデス『The Master of Disguise』、ジョシュア・バーマン『The Great Escape』
撮影:ロドリゴ・プリエト 音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:トニー・メンデス:ベン・アフレック、ジャック・オドネル:ブライアン・クランストン、スター・シーゲル:アラン・アーキン、ジョン・チェンバース:ジョン・グッドマン(、ボブ・アンダース:テイト・ドノヴァン、コーラ・ライジェク:クレア・デュヴァル

1979年に起きて1997年に明るみになった映画みたいな実話の映画化。創設間もないデルタフォースを初投入したライスボール作戦は出てこない。CIAのメンデスが6人の米人外交官をテヘランから救出する作戦。「アルゴ」ってのは「スター・ウォーズ」のパチモンSF映画だけど、偽装のためのフェイク企画。ポスターやストーリーボードまで作り込んだニセプロダクション。子供がテレビで「最後の猿の惑星」見てたことからジョン・チェンバースにつながるのがゾクッときた!入り口がここなのか!

史実なんで盛ることもできん割には見応えある再現ドラマだった。結末わかってても出国はスリリングだった。作戦中止なのに決行したからね。でもパトカーは滑走中のB4のエンジンの真後ろを走れねーよ。寡黙なメンデスの強気とか自信は無謀で気味が悪い。

冒頭で当時の情勢をストーリーボードで解説するのが斬新。劇中の人物やシーンを本物と比較するエンドタイトルはこれ見よがしでシラけた。キースがボーカルの「Little T&A」が流れるけど「Tattoo You」の曲だからフライングだよな。A.アーキンが演じたプロデューサーは実在しない。「スター・ウォーズ」キャラ、多数登場!

tag : 実話救出脱出CIAオスカー

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ