プロメテウス

Prometheus (2012) 124分
Prometheusリドリー初、Red Epicによる3Dデジタル撮影だけど2Dで観た。実はウェイランド社提供の映画だったけどw「トータル・リコール」に続いて故オバノン&シャセットもビックリな「エイリアン」プリクエルトリロジーの1作目。まだ湯谷と合併する前(2089)で、ノストロモミッション(2122)にはつながらないけど、タイトルがリチャード・グリーンバーグによる「エイリアン」の再現でワクワク〜。プロメテウス号ってゆーと、USSプロメテウスをイメージしちゃうけど、ちゃんとロン・コッブのデザインを踏襲してて嬉しい。ウェイランド翁の前説シーンで「エイリアン」のテーマが流れたりしてね。でも宇宙服はメビウスじゃないけど。

エーリッヒ・フォン・デニケンの「神々の大いなる秘密―宇宙考古学が解き明かす異星人の足跡」にインスパイアされたらしい。人類の起源の探求なら「エイリアン」でなくていいのに。ざっくりしすぎでリドにしては期待はずれ。プロメテウスに何人乗ってるかわからんし、LV223の探査は乱暴すぎる。子犬で3Dマッピングした割にジャガーノートの構造も謎だし、迷っても船から誘導できんとは。プロローグは別の船か。

ピアスのないリスベットがフツーすぎて、博士というよりママチャリが似合いそうなオバサン。ヤング・マグニートー顔のロボットはウェイランドのロゴ入り指紋がおしゃれ。しゃべり方はHAL9000だけど「アラビアのロレンス」が大好き。なぜか異星人のテクノロジーを操れる。ウェイランド翁、顔は100歳だけど手は若い。白いドクター・マンハッタンみたいなエンジニア、生き残ったのは「AVP」シリーズのプレデター俳優イアン・ホワイト。クリーチャーは白ウナギ+女で白タコ、白タコ+エンジニアでビッグチャップってことでいいのかな。赤い宇宙服は何?

続きを読む

tag : フランチャイズ Sci-Fi

トータル・リコール

Total Recall (2012) 118分
Total Recall22年前のバーホーベン版「トータル・リコール」のリメイクと言うより別バージョン。新設定だし火星は?って思ったけど、これはこれで面白かった。さすがカート・ウィマー。ファーストショットが困ったコリン・ファレルのドアップでウケた。

ワイズマンはリドリーみたいに自分の街を作りたかったんだね、ただしアクションのための街を。コロニーが「ブレラン」で、ブリテン連邦が「マイレポ」だな。オレは誰だ?と自分探しを始めるとジェイソン・ボーンのように街中を逃げ回り、ホバーカーでのF-ZEROチェイス、エレベーターシャフトの上下左右チェイスとアクションは見応えあった。最後はアンドロ軍団が攻めて来て、困り顔はキャシャーンばりに大活躍。ジェシカ・ビールも悪くなかったけど、やっぱベッキンセールがカッコイイ。セリーンも驚く超絶アクション、強くて動けてタフ!あと、顔が割れないオバチャン、よく探してきたなあ。

フォール乗りてえ、コア付近の無重力では銃で飛ぶ!そうそう、ビークルはSFメカなんだけど、銃は基本的に現用モデルなのが嬉しい。G-36以外は未来感あるセレクトで、ウィマーもワイズマンもそのへんは心強い。

続きを読む

tag : リメイク Sci-Fi

ハート・アタッカー

Battle for Haditha

イラク戦争を描いたイギリス映画「Battle for Haditha」(2007)は日本ではDVDスルー。邦題は「ハディサの戦い」でなく「ハート・アタッカー」。心臓発作人か?「ハート・ロッカー」(2008)の二番煎じ扱いじゃん。こっちの方が先なのに。実はこの映画、米海兵隊の民間人虐殺事件を描いたシリアスなドラマで、「ハート・ロッカー」よりいいらしいよ。

tag : 類似 戦場 実話

アベンジャーズ

Marvel's The Avengers (2012) 165分
The Avengers先行で観た。ただし3D変換好きじゃないので2Dで。「アイアンマン」から4年、ついにこの時が。こんだけ主役が共演しながら、それぞれのからみと見せ場のバランスがよくてゴージャスで楽しい映画だった。全日のオープン選手権(75)を彷彿、夢のシングル対決も実現。アイアンマン対ソー、キャップ対アイアンマン、ハルク対ソー、ハルク対ロキ、ハルク対F-35…。

ストーリーはシンプルでわかりやすさ重視。前5作見てなくてもわかるほどド親切。チームは確執や対立を経て仲間割れしながらも再びまとまって共闘する爽快感。ニューヨーク決戦がすげえ!衝撃を受ければ洗脳が解けたり、チタウリ母艦破壊でアーミー全滅はお約束。

トニーがマーク6を修理するシーンが嬉しい。歩きながらのってカリオストロか?そしておニューのマーク7がボロボロになるほどの大活躍。そのアイアンマンを救ったのがロキをもボッコボコにしたハルク!今回のバナー博士はM.ラファエロ、E.ノートンよりよかった。リーダーシップ発揮しながら体張ってたキャップ、フルCGのアクションもカッコよかった。空に向かってグロックを撃つNYPDの警官たちもキャップの指示には従ってね。ブラック・ウィドウ、つええ!両手のグロック撃ちまくり。ホーク・アイ、シブイ!話しながら後ろから来た敵を討ったり。コールソンはイイ奴だ。今後が楽しみマリア・ヒル。ついにヘリキャリア登場、離水シーンが壮大。F-35より使えるクインジェット(インクジェットじゃなく)はハリアーっぽくてBATよりイイ。

銀行でキャップに救われたウェイトレスがいい。インタビュー映像泣ける。この女優、子役出身で「愉快なシーバー家」で次女役だった人。バナー博士に「エイリアンか?」って聞いたのがなんとハリー・ディーン・スタントン、大ウケ!エンドクレジット後の食事シーン最高!

続きを読む

tag : フランチャイズ 空母 アンサンブル 侵略 コミック MCU ヒーロー チーム

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪 (2012) 118分
おおかみこどもの雨と雪ウェアウルフものとしては異色だった。とゆーか見事な着想。「サマーウォーズ」よりは好き。「おみやげ3つ、たこ3つ」懐かしい〜。でも何だったか忘れた。

第1幕はかったるいけど、山に引っ越してから俄然面白くなる。新しい土地でがんばる花に感情が入る。雪山で戯れるシーンも秀逸。次第に村人との交流が深まって行き、助けられながら花も成長する。こうなると展開に予想が立つんだが、豪雨シーンから意外な展開になって、話をたたんでしまう。あれー、何やそれ。狼子供でも人間に育てられれば人間として成長するので雪は自然。雨が拒絶した狼を選ぶ方が不思議。作画はよかったなー、影なしでリアルで。

でもCGアニメがキモかった。街のシーンでエキストラの通行人がゾンビみたいに歩いてんの。寄りだとFPSが手描きと同期してなくて見苦しいし。小学校の子供達は手描きで歩いてたので自然なの。山のPOVなんか背動っつーより実写やん。車も全部CGIなので無駄に動き過ぎ。ドア閉めただけで車体がゆっさゆっさw。

tag : アニメーション

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer