ダークナイト・ライジング

pod.jpg

The Dark Knight Rises (2012) 165分
The Dark Knight Rises先行で観た。フルスペックのフィルムIMAXで観たかったなー。今回もアクションシーン50分がIMAX撮影。115分は70mmと35mm併用。闇の監視者は引退引き蘢りで8年のブランク。1作目を承けてトリロジーが1本のお話にまとめた感じ。復活ブルースはすべてを失い、コテンパン。バットマンの気持ちいい活躍は少なく、結末もありきたり。スケールがでかくて壮絶だったけど、前作の方がヨカッタ。

真実の公表をやめちゃったゴードンだけど、相変わらずいいねえ、頼れるう〜。バットマンの正体気付いちゃった。出番の多かったブレイク、ロビンばりの活躍。泥棒で詐欺師キャットウーマンよかったけど、どうも「旧ルパン」の峰不二子と被るなー。
cat.jpg

敵は「バットマン・リターンズ」にも出てたベイン。ブルースの兄弟弟子でテロリストだが、こいつがよくわからん。いったい何をしたかったのか?バットマンは勝てっこないけどファイトシーンとして古くさかった。なぜバットマンにトドメをささず魂をいたぶることにしたか?ピットからどーやって出たのか?ゴッサム市民はベインを信じるとは思えないし、3000人の警官は3ヶ月も生き埋めだったようには見えない。ゴッサムが実はマンハッタン島だったとしても橋を壊して占領が成立するとは。ピットから出たブルースはどーやってゴッサムに帰ったか?

バットポッドは文句なしにカッコイイ。ハリアーとオスプレイとアパッチを混ぜたBATは主役メカなのにハンターキラーでインパクト不足だった。

続きを読む

tag : フランチャイズ SWAT 警察 コミック ヒーロー 続編

シャーク・ナイト

Shark Night 3D (2011) 91分
Shark Night 3D「ダークナイト」と間違える客もいるだろう。下記のように、オリジナルのロゴも明らかに意識している。

しかし、この映画のナイトは夜で暗い!暗くてわからん!超つまらんかった。今時サメスリラー作るなら、他にやることあるだろーにまったくズレちゃっとる。監督が「FD2」や「スネークフライト」の人なのにこれはない…何を楽しめと言うのよ?そもそもシナリオがアホすぎる。

サメも46種類でてくるんかと思ったら設定だけ。実際は6種類。出番もゴアも人間とのカラミも少なっ。USでPG-13、日本でもPG12という生温さ。3Dじゃなくていいよ!エンドタイトルだけで十分。

sharkknight.jpg

tag : ホラー 類似

アーネスト・ボーグナイン

A.borgnine
「北国の帝王」の鬼車掌シャックが最高!富田耕生の声で「オレの19号で無賃乗車はさせん!」と容赦なくハンマーでブチ殺す。あと「ワイルドバンチ」のダッチとか「ポセイドン・アドベンチャー」の刑事。最近だと「RED」で93歳の元気な姿を見せてくれた。
R.I.P.

tag : 俳優 訃報

ネイビーシールズ

Act of Valor (2012) 136分
Act of Valor冒頭の爆発がコンポジットで萎えた。射撃は実弾だけど。劇映画とドキュメンタリーの中間で中途半端な感じ。キャメラはハンディでめまぐるしく動きまくるかと思いきや、意外にもしっかり撮ってたのは偉い。

4つのミッション中、最初のCIAエージェント奪還が一番よかった。SEALS映画としては「ネイビー・シールズ」や「GIジェーン」の方が面白いし、ディスカバリーのドキュメンタリーの方がリアル。隊員や装備がホンモノなので映像が正確なのがウリだけど、リアルに感じないのは演出不足。強襲シーンは音楽不要、ミッションには時間を入れること。FPSゲームのような描写も余分。水面下のオハイオ級すげー。

Behind the Scenes

続きを読む

tag : 特殊部隊 CIA 潜水艦 アクション SEALs

アメイジング・スパイダーマン

The Amazing Spider-Man (2012) 136分

Enthiran3D撮影だが2Dで観た。ピーターが卵買ってくる映画だったのでそれでよかった。あとは「ザ・フライ」。退屈で、いくつものサブプロットが曖昧で気持ち悪かった。両親、裏窓、タトゥーの男、トカゲ、解毒剤?グウェンがピーターに惹かれる理由がわからんしピーターがグウェンを振るのもどうかね。

スパイダーマン、素顔見せ過ぎ。期待のアクションも見せ方がヘタ。列車内や橋のシーンも雑だし、クレーンは期待させられた割にお粗末。後味もよくない。

エマ・ストーンはキルスティン・ダンストより断然カワイイ。特に7/3での振り返りがいいね。日本版ではエンディングに日本語のテーマソング?が流れる。名古屋のバンドの曲らしいがキモイ。バジェットは2億1500万ドル、使い過ぎ。サム・ライミの「スパイダーマン4」が観たかった。続編も同じ監督なら観たくない。

続きを読む

tag : フランチャイズ コミック ヒーロー

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer