ドラゴン・タトゥーの女

The Girl with the Dragon Tattoo(2011)158分

The Girl with the Dragon Tattooメインタイトルはリスベットの悪夢だそうだが、何だかなー。先にスウェーデン版の印象があったからか、ひっかかりがいっぱいあってがっかりな出来。構成やディティールいじってるからだと思うけど、編集のリズムも数コマ短めなカットが多くて嫌い。

情報量は「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 劇場版」より多いものの「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 完全版」より全然足りない感じ。リスベット役はスウェーデン版で演じたノオミ・ラパスに断られたので、ハリウッド版はまさかの箕輪はるか。全然カッコよくない。

ミカエルもリスベットもスウェーデン版と同じくMacユーザー。ソニー・ピクチャーズ映画でもVAIO使ったりしない。
dragontattoo1.jpg
Mac Book ProでiPhoto大活用。リスベットはハッカーなのに、Googleに頼り過ぎ。

USはR。日本はR15+で、稚拙なモザイク処理が醜すぎて萎える。ダニエル・クレイグのチンポが見える無修整のR18+もあるんならそっちを観せんかい、ボケ!

続きを読む

tag : リメイク Apple

TIME/タイム

In Time(2011)109分

In Time遺伝子操作で25歳どまりとは、また特異な設定もってきたなーと思ったが、最初のエピソードからハマった。邦題もキャッチもTVスポットもクソだが映画は素晴らしい!近未来の地球なんだけど、ミニマムで凝縮された社会描写。なんでこの社会になったか不明だけど、その設定から生み出されるドラマチックな出来事の数々が秀逸。物語の展開もうまいし、まったく飽きさせない。すんごくよく練ってあって説得力あるストーリー。アンドリュー・ニコルの最高傑作だな、こりゃ。

時は金なり、ボディ・クロック、貧民層と富裕層、2つの世界、長過ぎる寿命と短すぎる寿命、タイムキーパー、バトル、わずかな寿命のお裾分け、S&W 945、ジャガーEタイプロードスター、ローガンズ・ラン、鼠小僧、人間らしい生き方の考察。中盤でボニーとクライドっぽくなってきて、そうなると悲惨な結末がよぎるんだが、それも見事にサスペンスに変換してくれる。水中にボディクロックの光が浮かぶ深夜の海水浴、銃の練習、横位置ダイブの反復などいいシーンもいっぱい。

50歳の母さんは13番。スリルを求めて籠から飛び出した小鳥、シルビア役のアマンダ・セイフライドちゃんにうっとり~。赤毛のショートもかわいいー。プログラムにコラムを書いた斉藤綾子は映画をちゃんと観て書くようにね。
TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示