完全なる報復

Law Abiding Citizen (2009)108分

完全なる報復脚本がカート・ウィマーなので興味があったんだけど、発砲はリモート操作のブローニング M2HB重機関銃だけだった。銃撃戦がないなんて意外。知的なスリラーだったのね。

前半はスピード感もあって面白い。獄中の発明家クライドに翻弄されるニック検事。遠隔殺人はいいネタなんだが、クライドが司法への宣戦を明かしてからはテックス・エイブリーのアニメかと。種明かしに唖然としたのはニックとチーフ・オブライエンだけではなく観客も。結末の付け方も犯則ぎみ。

クライドは「デクスター」と「マクガイバー」を足したようなキャラ。J.バトラーはニック役のプロジェクトだったけど、J.フォックスが演りたがったのでクライド役になった。それでよかった。バトラーの映画だからね。ローガン大統領も出とったよ。ディレクターズ・カットは劇場版より10分長い。

tag : クライム

RED/レッド

RED (2010)111分

REDDCコミックスの「RED」ってコミックを映画化したんだが、REDって引退した危険な年金受給者だってさ。かったるい映画だった。年寄りのチームならもっと年寄りらしくしてほしい。目が悪いとか薬を忘れたとか思い出せないとか息が切れるとか、いろいろあるじゃん。クリント演出なら活かすんだけどなあ。

ハゲことブルース・ウィリスはまるでターミネーター。冒頭、ハゲんちの襲撃はグロック17付きコーナーショット、でも見るだけw。CIA、FBI、地元警察、シークレット・サービスが銃撃戦を盛り上げるけど、中心はカール・アーバンのエージェント。CIAなのに目立ちすぎ。銃の豊富さには満足だけど、なかなか話が進まない。情報を隠したストーリー進行に付き合わされるのは辛い。

ヘレン・ミレンがMP5KやブローニングM2HBを乱射する姿がオモロイ。後方支援ではスナイパーライフル使ってほしかったなあ。マルコビッチが45口径のS&W460VでRPGを迎撃するのはやりすぎー。これだからコミック調は…。

ラングレーの資料保管庫にアーネスト・ボーグナイン!94歳ながらお元気でなにより!その姿に感激してくれ!

続きを読む

tag : CIA MI6 アンサンブル コミック

ザ・タウン

The Town (2010)125分

ザ・タウン原作は「強盗こそ、われらが宿命」。東映セントラルフィルムの映画かと思ったわ。劇場公開バージョンは125分だけど、DVDだとエクステンデッド版があって、そっちは25分長い。タウンってのは実在するチャールズタウンのこと。


大きな地図で見る

武装強盗の部分は面白い。冒頭の銀行強盗はCSIシリーズ見てるだけあってw手際イイ。現金輸送車襲撃は銃撃戦とカーチェイスが楽しい。球場の売上金強奪は、一度は断るほど難易度高いか?こんだけの銃器をどこで調達したんだか。包囲戦はスリリング。

イイ人ぶった主人公ダグには共感できない。それより殺したがりのジェムが素敵!TEC-9が似合うぜ。ラスト壮絶だし。 花屋のジジイは先月亡くなったピート・ポスルスウェイト、記憶に残るジジイ。分け前何パー?

続きを読む

tag : クライム FBI

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer