客席に飛び出せ!3D映画

ハリウッドの3Dブームまた来たみたい。うんざりするなあ。多くの3D立体視映画は、イベントとしては楽しめても、物語を語る手段としては相応しくないと思います。情報量は2Dと同じだし、メガネが必要だし、3Dだから面白くなるわけでもない。びっくりはするだろうけど。

3D映画も、元々3D撮影されたものと、2Dで撮影して3D化したものがあります。もちろん前者の方がいいに決まってます。後者のように元々2Dで製作した場合、3D化でよりよくなるわけはありません。ブームに便乗した集客目的でしかないです。「アリス・イン・ワンダーランド」(2010)や「タイタン戦い」(2010)がそうです。どちらも2Dで成立しているので、3Dにデッチあげたものをわざわざ高い金払って観る必要はありません。

今後公開される大作シリーズの「バイオハザード4」「シュレック4」「スパイダーマン4」「トランスフォーマ-3」「タイタンの戦い2」「ナルニア3」「ハリー・ポッター8」は話題性というよりも飽きられるのを嫌っての3Dでしょう。でも、3Dで観客動員できるほど甘くはないと思います。2Dで面白くない映画は3Dでも面白くない。2Dで面白いなら2Dでいいんです。映画の作り手は、立体視システムに頼らなくても面白い映画を作るべきなんだけど、スタジオ側は3Dを望みます。3D TVが普及するまでは興行価値があるということなんでしょう。3Dで観たがってる人って市場になるほどいますかね?「コララインとボタンの魔女」(2009)なんて、2Dでよかったのに3D版で観ましたよ。だってそれしかやってないから。「トイ・ストーリー3」(2010)も2Dで観たいです。

3D映画ブームはこれまでも何度かありました。しかし、コストがかかるので定着しませんでした。だって右目用と左目用が必要なので、撮影するのにキャメラが2台でフィルムは倍。現像もプリントも倍のコストがかかります。しかし近年は映画の製作もデジタル化され、立体視のためのハードルが下がりました。2D撮影された映画を3D化する技術もあります。

3D映画って50年の歴史がある割に大して進歩してないですねー。50年前からメガネ着用!3D映画の歴史はメガネの歴史と等しいのです。それでいいんです。3D映画はあくまで見せ物なのです。そもそもがTVの普及で劇場から離れて行った観客を呼び戻すために導入されました。巨大スクリーンや立体音響と同じですが、感動したり考えさせられたりするわけじゃありません。狙いはショック演出です。観客もそれを楽しむために劇場に行くわけです。

続きを読む

tag : 3D

アイアンマン2

Iron Man 2 (2010)124分

boondock_saints2.jpgダウニーJr.のはしゃぎぶりやコワレっぷり、G.パルトロウのイライラぶりを始め、お笑いシーンが多くて楽しかった。トニーのオヤジとのちょっとエエ話もあったし。

ローディ役がドン・チードルになって中佐に見えんし、神経質そうでヤだなあ。ミッキー・ロークも物理学者には見えんが、存在感あったなー。カッコエエ。

アクションシーンのストーリーボードはゲンディ・タルタコフスキーなので、アニメ的構図がしっくり。編集もアクションつなぎが絶妙で心地よかった。メカの切り株描写多数!空中戦は夜だし早すぎて、よーわからん。昼間やれよ。マーク6と改造マーク2のタッグはいい絵だった。ウィップラッシュやハマードローンズ、登場が大袈裟な割に弱すぎる。

お気に入りはS.ヨハンソンのブラック・ウィドー。頼もしくて超カッコイイ。ハマー社潜入のアクションは撮り方も好み。アヴェンジャー計画も進んでるようで、キャプテン・アメリカのシールドとかマイティ・ソーのハンマーとかわかりにくいアイテムでアピール。

続きを読む

tag : フランチャイズ コミック 続編 MCU ヒーロー

サバイバル・オブ・ザ・デッド

George A. Romero's Survival of the Dead (2009)90分

boondock_saints2.jpgロメロゾンビでは、前々作「ランド・オブ・ザ・デッド」に続くシネスコで、前作「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」からのスピン・オフ。

今回の低予算映画は、意外にもゾンビが増え続ける中での人間同士の抗争がメインだった。川を挟んで対立する2つの家族。一方はゾンビは殺すべき。もう一方は殺さずに家畜化し、人を食わないようにしつけようとする。ちょっと死霊のえじき。豚は食わなかったが馬は食った!そして乗馬ゾンビと潜水ゾンビ。ただ、今回は内容が浅くて地味すぎた。公開しただけでも偉いけど、DVDスルーでもいい。USはRだろうけど、日本はR-18って厳しすぎ。

続きを読む

tag : ホラー ゾンビ

シューテム・アップ

Shoot 'Em Up (2007) 86分

Shootemup.gif監督・脚本:マイケル・デイヴィス
出演:クライヴ・オーウェン(古澤徹)、ポール・ジアマッティ(大川透)、モニカ・ベルッチ(岡寛恵)、スティーブン・マックハッティ(有本欽隆)

96時間いや~、劇場でも観たんだけど、DVD買ってよかった。マイケル・デイヴィス監督のガン・アクションへの思い入れたっぷり。40種の銃が200丁。主人公だけでも18種。撃たれて死ぬのは106人。特典見た。削除シーンと十分なボリュームのメイキング。15分のアニマティック全編はコメタリ付き。特典は削除シーンと十分なボリュームのメイキング。15分 のアニマティック全編はコメタリ付き。公開当時WEBでも見たけど、これは見応えある。最初は紙に描いてスキャンしてたが時間がかかりすぎるってことで、intuos を購入してデジタル作画。ツールは不明。17,000 枚の絵を iMovie に読み込んでアニメにしたんだと。Flash だったらもっと効率よかっただろうに。


tag : クライム 吹替え 殺し屋

フェイク シティ ある男のルール (特別編)

Street Kings(2008) 109分
フェイク シティ監督:デヴィッド・エアー
原作・脚本:ジェームズ・エルロイ
脚本:カート・ウィマー、ジェイミー・モス
出演:キアヌ・リーヴス(森川智之)、フォレスト・ウィッテカー(立木文彦)、ヒュー・ローリー(牛山茂)、クリス・エヴァンス(土田大)、コモン(高瀬右光)、マルタ・イガレータ(小林沙苗)、ナオミ・ハリス(若原美紀)、ジェイ・モーア(横堀悦夫)、ジョン・コーベット(相沢正輝)、アマウリー・ノラスコ(飯島肇)、テリー・クルーズ(乃村健次)

フェイク シティハウス先生もスクレも声が違う。でも、ヒュー・ローリーの声は牛山茂の方が合ってる。腐敗した警察の話で、銃もマニアックで面白かった。善人だと思った人達が実は悪人で、一見悪な人達が善人だった。その渦中にキアヌ。悪の側面を持った善人。


tag : 吹替え クライム 警察

グリーン・ゾーン

Green Zone (2010)114分

boondock_saints2.jpgグリーングラスのグリーンゾーン。本編前にミニ解説があったのは東宝東和の親切。でも字幕はショボかった。イラク戦争ってことでは「ハートロッカー」と兄弟。撮影監督が同じ人だが、リアリズムのアプローチが違うのがいい。

グリーングラス印のハンディ撮影がひたすらリアル。出てくる兵士のほとんどが帰還兵。MET DELTAはM.デイモン以外全員。装備から行動から徹底的にリアル追究。ナイトシーンのチェイスはフィルム粒子がリアルだし、ブラックホーク視点も嬉しい。

国防総省とCIAの情報戦の中、ガセ情報のソースを探るドラマが軸なので面白すぎ。軍を信用できない主人公にはCIAが心強い。不審に感じたらGoogleで検索。イラク人のフレディがよかった。本当に国のことを思ってるいい奴だ。「自分の国の未来をアメリカに委ねたくない」ってメッセージはイラク人の思いを代表してるようで響いた。返す言葉もないミラー准尉。

続きを読む

tag : 特殊部隊 戦場

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示