fc2ブログ

パラノーマル・アクティビティ

日本でやんねえかなーって期待してた「パラノーマル・アクティビティ」の日本公開が決まった。配給のプレシディオのメールニュースで知った。
Presidio News号外より
全米が震撼!スピルバーグも脱帽!!数々の記録を更新中のモンスター映画の誕生!!
もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今アメリカでムーブメントを巻き起こしている映画『Paranormal Activity』が、2010年公開が決定いたしました!!

本作は2008年の世界最大級の映画マーケットAFMにて世界中のバイヤー達の話題をさらい、たった3日間で総制作費の3万倍の金額でセールスされるという驚異的な記録を残しました。そのクオリティの高さは、世界的な大ヒット作を連発するスティーヴン・スピルバーグ監督が「これ以上怖い作品は作れない」と言ったほど。それくらいむちゃくちゃ怖いんです。 一般のお客さんの反応もすばらしく、アメリカ公開は9月25日からレイトショー限定でたった12館でスタートしましたが、上映希望の声が殺到し、10月1日からは規模を33館へ、10月9日からは159館まで公開規模を拡大。それだけの館数で全米トップ5を獲得。
通常全米トップ5に入る作品であれば2000館~3000館の公開は当たり前なので、その勢いの凄さは半端じゃないです!その翌週には、約800館まで拡大し、全米3位。そして先週末約2000館まで拡大し、遂に全米1位を獲得いたしました!!

で、「Paranormal Activity」のオリジナル予告編は、観客の反応も組み込まれてて面白い。

tag : ホラー

『ファイナル・デッドサーキット 3D』

ファイナル・デッドサーキット 3D
The Final Destination(2009)82分 2.39 : 1

ファイナル・デッドサーキット 3D監督:デヴィッド・R・エリス 脚本:エリック・ブレス
撮影:グレン・マクファーソン 音楽:ブライアン・タイラー
出演:ニック・オバノン:ボビー・カンポ、ローリ・ミリガン:シャンテル・ヴァンサンテン、ハント・ウィノースキー:ニック・ザーノ、ジャネット・カニンガム:ヘイリー・ウェブ、ジョージ・ランター:ミケルティ・ウィリアムソン、サマンサ・レーン:クリスタ・アレン、アンディ・キューザー:アンドリュー・フィセラ、カーター・ダニエルズ:ジャスティン・ウェルボーン、ナディア・モンロイ:ステファニー・オノレ

待望の4作目は3D上映。液晶シャッターメガネはXpand 3D。3D効果は満点。特にタイトル前のレースシーンはスタンドも含めて迫力あった。パーツが飛んできたときゃ、思わず目をつぶっちゃった。破片、水しぶき、血しぶき、炎、肉片、全部こっちに飛んでくる!アクションだけでなく、通常シーンの奥行き感もバッチリ。 監督は「2」や「スネーク・フライト」のD.R.エリスなんで期待したんだが、あからさまに3Dを意識した演出で、2Dだったらしょーもない映画になっちゃった。死に方が安直で、ながーい段取りのピタゴラ系を期待すると裏切られる。死に様で感心できるものはなかった。人体粉砕描写も控えめで、すでに肉片だけだったり。吹替えはかなり醜い。日本版は吹替え版のクレジットもあるんで2分長い。バジェット4300万ドル。USはR、日本はR-15。

続きを読む

tag : 3D続編ホラーレーススリラーシリーズ

『シャーロットのおくりもの』スペシャル・コレクターズ・エディション

charlottesweb.jpg
Charlotte's Web(2006) 97分 1.85 : 1

シャーロットのおくりもの監督:ゲイリー・ウィニック 脚本:
原作:E・B・ホワイト「シャーロットのおくりもの」
撮影:シェイマス・マクガーヴェイ 音楽:ダニー・エルフマン
出演:ファーン・エラブル:ダコタ・ファニング(福田麻由子)、シャーロット:ジュリア・ロバーツ(鶴田真由)、テンプルトン:スティーヴ・ブシェミ(山寺宏一)、ウィルバー:ドミニク・スコット・ケイ(小清水一揮)、サミュエル:ジョン・クリーズ(青野武)、グッシー:オプラ・ウィンフリー(松本伊代)、ゴリー:セドリック・ジ・エンターテイナー(ヒロミ)、ビッツィー:キャシー・ベイツ(LiLiCo)、アイク:ロバート・レッドフォード(高橋英樹)、ブルックス:トーマス・ヘイデン・チャーチ(千原ジュニア)、エルウィン:アンドレ・ベンジャミン(千原靖史)
ナレーター:サム・シェパード(高橋英樹)

TVでちらっと見て、面白そうだと思ったので買ってみた。原作は有名な児童文学だと。それをこれ以上ないってくらい完璧に映像化。農場の素朴な人々と、家畜小屋には2頭の牛、2羽のガチョウ、4匹の羊、1頭の馬、小汚いネズミ。そして死にたくない豚と醜悪だがチャーミングで社交的な蜘蛛。悪人の出てこない、ほのぼのとした奇蹟の物語。がんばった蜘蛛がまったく評価されず、豚のウィルバーが注目される不思議。作り込まれた農場の風景もいいけど、子蜘蛛たちの旅立ちは壮観。

ウィルバーは47匹の豚が演じているほか、訓練された動物たちとVFX、アニマトロニクス、パペットなど考え得る最高のスタッフと技術が融合されて、素朴~な物語が丹念に作られてた。日本語吹き替えも実によかった。特に蜘蛛の鶴田真由、ジュリア・ロバーツに負けずいい味。

特典もメイキング、調教、撮影中のハプニング、その後の動物アクターたち、削除シーンなど充実。


続きを読む

tag : ファンタジーリメイク冒険コメディ

『サブウェイ・パニック』

takingofpelham123.png
The Taking of Pelham One Two Three (1974) 100分 1.33 : 1

takingofpelham123-pos.jpg監督:ジョセフ・サージェント 脚本:ピーター・ストーン
原作:ジョン・ゴーディ「サブウェイ・パニック
撮影:オーウェン・ロイズマン 音楽:デヴィッド・シャイア
出演:ガーバー:ウォルター・マッソー(富田耕生)、ブルー:ロバート・ショー(中村正)、グリーン:マーティン・バルサム(緑川稔)、グレイ:ヘクター・エリゾンド(若本紀昭)、ブラウン:アール・ハインドマン(幹本雄之)、リコ:ジェリー・スティラー(玄田哲章)、フランク:ディック・オニール(兼本新吾)、ダニエルズ警視正:ジュリアス・W・ハリス(杉田俊也)、ニューヨーク市長:リー・ウォレス(阪脩)、ウォレン:トニー・ロバーツ(小川真司)

特典は予告編しかないけど、何と言っても素晴らしい吹替え版を収録してる。それだけでも買った価値があった。気高く知的な主犯Mr.ブルーと、ベテラン警部補のやりとりが絶妙。映画も絶品の犯罪サスペンス。手に汗握る緊迫感と、ユーモアが絶妙な融合!



サブウェイ・パニック
サブウェイ123 激突』(2009)の主人公は、デンゼル・ワシントン演じるウォルター・ガーバー、普通の地下鉄職員。一方、ネタ元の『サブウェイ・パニック』(1974)ではウォルター・マッソー演じる地下鉄公安局のザカリー・ガーバー警部補(右)。犯人との交渉役なのは同じだが、両者の職業は全く違う。どれくらい違うかと言うと、W.マッソーのネクタイが黄色なのに対して、D.ワシントンはシャツが黄色だ。

続きを読む

tag : オマージュクライム俳優鉄道スリラーチーム

プロフィール

A.e.Suck

Author:A.e.Suck
『キン肉マン』『ビックリマン』などアニメーター歴44年、FLASHアニメーター26年■『FLASHアニメーション制作バイブル』著者■アニメーション作画/絵コンテなどの仕事してます■ツールはAdobe Animate■ae-suck.com

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ