トラ・トラ・トラ! コレクターズ・ボックス

TORA! TORA! TORA!(1970) 143分
searchers_a.jpg「トラ・トラ・トラ!」のHDリマスター(左)を通常版(右)と比較。画角はシネスコの周囲がトリミングされて16:9になってた。画質は明るくなった反面、シャープさが失われた。英語訳字幕(4コマめ)や日時の英字スーパー(5コマめ)はなくなった。コメンタリーは同じもので、ケチャップ野郎ことリチャード・フライシャー監督が、黒澤の奇行、降板事件を米国視点で証言。また撮影に纏わるユニークなエピソードをいくつも語ってくれる。特典には日本公開版の3シーンを追加収録。特典ディスクで全長版が見られる。いずれもフライシャー監督が侮辱だと嫌悪するTVトリミング版なのが残念。もう1枚の特典ディスクは、製作ドキュメンタリー。

続きを読む

tag : 航空機 ビフォ-・アフター 戦場 空母

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

"The Curious Case of Benjamin Button (2008)167分
The Curious Case of Benjamin ButtonRCの「2時間35分」は長電話の歌だけど、この映画は尺が2時間47分もある。長っ。80年の人生を描くにはかなり端折った方か。でも長っ。 主人公が気色悪くて共感できん。胴体は生身の人間なのに、顔だけフルデジタル、そんなやつおるかーーー!でもD.フィンチャー技術的な挑戦がしたかったワケだな。

J.キャメロンやR.ゼメキスを追うようなD.フィンチャー、北米ではやたら評価が高いのが不思議。金かけただけあって技術点は高いけど、若返りは突飛すぎる。最後は大人サイズの身体で、顔や皮膚は赤ちゃんでなきゃいかんでしょ。人物の行動動機も希薄で物足りない。気まぐれで話題を変えて、いい場面をつなげたような展開。 だからこそデイジーの存在感には救われた。違和感を感じさせないキャラクターだった。

80年の人生で出会った人々は少ないながらも主人公より素敵で印象的だった。特にハチドリ船長と落雷じいさんは忘れられない。老け顔はデジタル・ドメインによるフルCGI。顔面にパウダー塗った表情をキャプチャするcontourってシステムでハルクにも使われてた。バジェット1億5000万ドル。

続きを読む

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー

"Hellboy II: The Golden Army (2008)119分
Hellboy II: The Golden Armyレボリューション・スタジオがソニーに切られ活動停止になったんで、製作がユニヴァーサルに移った。

冒頭の人形劇(!)から歯車タイトルは嬉しかった。M.ミニョーラのカラーを反映してた前作から一転、G.デル・トロ版ヘルボーイって感じ。メインストーリーはありがちな復活劇でオチが読めるし、サイドストーリーはヘルボーイらしからぬ大衆向け。

でもそれぞれのキャラは活かされてたし、ギャグも多いし、デル・トロなクリーチャーやプロップもたっぷり。トロル・マーケットは行ってみたいし、超カコイイ森の精霊は間近で見たいし、岩男の入り口はくぐりたいし、歯の妖精はカワイイし…てことは、歯車の決闘はカリ城…宮崎駿やりすぎ~。バジェット7200万ドル。

続きを読む

tag : フランチャイズ

十一人の怒れる男

12angrymen.jpg
「十二人の怒れる男」(1957)のエンドクレジットで、228号室のフカンのショットが使われている(左)。これは本編にはないアングルで、10番が空席になっているので11人しかいない。偏見を持つ者は議論に不要というルメットのメッセージだということらしい。偏見に満ちた10番は、他の陪審員達から拒絶され(右)離席後は口を開くことはない。

続きを読む

tag : 吹替え

ワールド・オブ・ライズ

"Body of Lies (2008)128分
Body of Liesこちらラングレー、小太り局長こと中東担当のホフマンです。何か食いながら、中流お父さんとして家族と過ごしながら、非情な命令を下したり、作戦かき回したりしてます。これがリドリーのアメリカのイメージなんだろう。フィールドエージェントのフェリスさん、生きてますか?

はい、こちら現場です、騙し騙されで命懸け。RPGで急襲されるわ、G-36撃ちまくるわ、小太りは情報くれんわ、味方にジャマされるわ、拷問されるわで散々。ちょっぴりイイコトもあったけど。地元ヨルダンGDIのハニさんは心強いです。クールでオシャレでカッコイイし、信頼重視の割にはポーカーフェイスで出し抜きます。そんなハニさん最高~!言語学者と建築家はお気の毒。バジェット7000万ドル。

続きを読む

tag : 戦場 CIA

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示