スティーブ・マックィーン

Steve McQueen やっぱ「大脱走」のバージル・ヒルツからですよ。私はこれで外国映画にハマったですよ。初めて見たのはゴールデン洋画劇場で、前後編で初放送した時。声は宮部昭夫でしたね。それ以来、マックィーンと言えば、宮部昭夫じゃないと納得しなかった。内海賢二じゃしっくりこなかった。だって、内海氏は黒人俳優を主に担当してたしイメージはそっち。宮部氏はカーク・ダグラスもやってたけど、「拳銃無宿」が日本で放送された時からずっとマックィーンだったのです。(*1)

 右の絵はスイス国境のフェンスをジャンプするヒルツのBMW。「大脱走」の有名なシーンだよね。脚本では列車を使うはずだったのを変更して、このチェイスを考案・自演したのはヒルツ役のスティーブ本人だけど、このジャンプだけは彼のバイク仲間(*2)であるバッド・イーキンスによるスタント。ちなみに飛び越える鉄条網はゴム製だったけど。しかし、キャストの中でも、スティーブは実際に少年院から脱走経験があるってんだから凄い。

 デビューはロバート・ワイズ監督でポール・ニューマン主演の「傷だらけの栄光」のチンピラ役。この頃、ニール(*3)の方が売れてて、彼をプッシュしたらしいんだ。ロバートは後年「砲艦サンパブロ」で、スティーブにアカデミー・ノミネートをもたらしたよ。初期のスティーブはアクション・スターって見られがちだけど、人間の描写が優れてたね。それにユーモラスな面が印象的だった。ジョニー(*4)はそのあたりを引き出すのがうまかったな。ま、「ル・マン」じゃ、脚本にドラマがないって、監督降りちゃったけど。「ダンディー少佐」でもめて、ホサれてたサム・ペキンパーと取り組んだのが「シンシナティ・キッド」だったんだけど、サムが3日でクビになってね。その後「ワイルドバンチ」で復活したサムは「ゲッタウェイ」で、やっとコンビ実現ってわけ。

 レースは好きでさぁ、バイクから4輪まで…レースで獲得したトロフィーは20個以上、特に、70年のル・マンにポルシェで出場してクラス優勝(総合2位)だもの。ジョニーが監督でF1映画も準備してたよ、フランケンハイマーに先越されてぽしゃったけど(*5)。役者とレーサー、両方やってた。実際、BMCってゆー英国の名門チームからの誘いもあって、「大脱走」の話がなければレーサーに転向してたんだ!

 ブルース・リーの葬儀にもコバーンと参列してたっけ。日本にも来たよね。確か、肖像権訴訟を起こして東京地裁にやって来たんだ。顔じゅう髭だらけだった。「栄光のル・マン」のときのタイアップ広告だっけ。判決は彼の死後下されて、敗訴しちゃったけどね(*6)

(*1)マックィーン役の声優は、他に磯部勉、寺田農がいる。
(*2)ヘンドレイ役で共演したジェームズ・ガーナーも仲良しレーサー仲間だ。
(*3)スティーブの最初のカミさん、女優のニール・アダムズ。奥さんとしての苦労話は泣ける!
(*4)言わずと知れたジョン・スタージェス監督。
(*5)レース仲間のジム・ガーナーが主演した「グラン・プリ」
(*6)スティーブ・マックィーン事件

Steve McQueen (1930-1980)

続きを読む

tag : 俳優 マックィーン

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示