FC2ブログ

22年続く『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

Mission: Impossible - Fallout(2018)147分

Mission: Impossible - Falloutクリストファー・マッカリーは前作から進歩なく、今回も駄作にしちゃった。いきあたりバッタリでミッション遂行中にハードルが上がってくパターンばっかし。マヌケだし都合よすぎるし。イーサンは老けたし、ルーサーは太ったし、解散でいいんじゃないの?

車幅より狭い路地で車が動けなくなるとか、黒ずくめのライダーがメットを脱いだら女でしたとか、クライマックスが核爆弾の解除とか、もう見飽きた。パリのチェイスは撮影も編集もよかった!最後の崖ッぷちアクションはハラハラした。

ヘリ後部座席のウォーカーなめのイーサンヘリのカットが出る度に笑えた。「ウォーカー、後ろ後ろ」状態。Minimi役に立たへんし。

続きを読む

tag : フランチャイズ アクション CIA MI6 格闘 チェイス チーム 続編

14年ぶりの『インクレディブル・ファミリー』

vaiolet.png
Incredibles 2(2018)118分

Incredibles 2シンデレラ城はインクレタッチ!14年前の前作ラストからの続き!アンダーマイナーのドリルタンク暴走から!列車、ヘリ、船と乗り物祭りだ。

今回はイラスティガールが大活躍!バイクチェイスからの暴走列車のシーンは見応え会った!あと、スクリーンスレイバーのアジトのシーン、光の部屋でのバトルがカッコイイ。

でもやっぱりバイオちゃん最高。特にアクションの中で見せる表情がたまらん!水噴射は爆笑した。ドクター・ストレンジなヴォイドとイヴリンもよかったなー。

エンドタイトルの出だしが1作目と同じでおぉ〜ってなった。アンダーマイナーとの決着は次作?『JQ』懐かしかった!

続きを読む

tag : アニメーション ヒーロー チェイス 救出 アクション 続編

中世日本の『ニンジャバットマン』

Batman Ninja(2018)85分

Batman Ninja戦国時代にタイムスリップして、全ての武器も失って、忍者の修行をするバットマン、ではなかった。主役はジョーカーだね。芝居の密度が高え。バットマンはいいとこなし。騙されたりヴィラン助けたり、騙されたり。話がもっと盛り上がればなあ。

ニンジャバットマンになるのは最後。絵柄がとっつきにくいかと不安だったけど、いい感じのアメコミレンダリングでカッコよかった。音楽がラロ・シフリンっぽかった。ガラッと絵柄が変わったファーマー・ジョーカーのシーンは想定外だったなー、よかった。変形は好きだが合体は好きじゃない、もうええわって感じ。町民がただいるだけで影響が描かれないのと、日本の歴史を変えたままとっとと帰ちゃうのは残念。まあ、DC得意の別アースってことで。エンドタイトルにゴードンいた!

tag : ヒーロー アニメーション コミック

3年後の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

Jurassic World: Fallen Kingdom(2018)128分

Jurassic World: Fallen Kingdom前作が極上の出来だったので、物足りない感のある続編だったけどがんばってた。10人しか死んでないけど。前半が島、後半が屋敷という2本立て。こんな火山島をパークにしてたとは!火山の噴火で恐竜たちが逃げるシーンは『バンビ』のようにすごい!ラスト、ブラキオサウルスのフルサイズ正面のカットはウルウルきた。見事!元ネタは『怪獣大戦争』と『ラドン』だと思うけど、マジで泣けた。絵も美しかった!

屋敷の地下に研究所と競売場があって、まるで『空飛ぶゆうれい船』の黒潮邸のよう。気付けよ、ジェームズ・クロムウェル!屋敷内ではインドラプトル大暴れ。そーゆーサイズなの。ラスト、森に去るブルーもよかった!ライトが当たってブルーの影が木にでっかく映るの、もう、神懸かってた。たった2カットで満足させてくれる映画は珍しい。全米各地に放たれた恐竜達は3作目でどうなるのかなー。

続きを読む

tag : フランチャイズ 続編 怪獣 サバイバル

1906年の『ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』

Winchester.jpg
サラ・ウィンチェスター本人(右)と映画版
Winchester(2018)99分

Winchesterスティーブン・キングのTVシリーズ『ローズ・レッド』と同じく、カリフォルニア州サンノゼに実在する幽霊屋敷ウィンチェスター・ミステリー・ハウスがモチーフ。製作費350万ドルの低予算オーストラリア映画。

実在したサラ・ウィンチェスター未亡人がヘレン・ミレンでいい感じに雰囲気。外では普通に大工達が幽霊屋敷を絶賛建設中。365日24時間休みなく。幽霊屋敷映画としては大して怖くない。ゾッとする感じじゃなく、音でびっくりさせるタイプ。小賢しいテクニック。

1906年のサンフランシスコ地震や精神科医の自殺した嫁とかからめて盛り上げて、イイ話にもっていきたかったんだろうな。姪の「私は恐怖に支配されない」って唱えるのはよかった。

続きを読む

tag : ホラー 場所 低予算 復讐 実話

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示