ハッピーフライト 創作ノート

ハッピーフライト 創作ノートハッピーフライト 創作ノート
矢口史靖 (著)
キネマ旬報社(ISBN: 978-4-87376-674-4)

「ハッピー・フライト」って映画はグウィネス・パルトロウがエリートCAを目指すミラマックス映画ですが、「ハッピーフライト」(ナカグロなし)は綾瀬はるかが出てた邦画です。TVでOAの度に見てしまうお気に入り映画です。ヒコーキ好き、ANA好き、B4好き、羽田好きにはたまりません。従来のヒコーキ映画と違って、本格的でありながら面白くて、これまでになくよくできたヒコーキ群像劇です。何度も見たのでDVDもBDも買ってませんが、キネ旬ムックの創作ノートは矢口監督の絵コンテ集ってことで買ってみました。当初はVFXがらみのシーンしか絵コンテを描くつもりはなかったようですが、撮影をスムーズにするために全編自ら絵コンテ化したとのことです。それがシーン解説とともにボリュームタップリ収録されてます。アニメの絵コンテ本と違うのは尺が入ってないことと、絵コンテを描くにあたっての準備、リサーチのメモも収録されてることです。ほぼコンテ通りに撮影されてますが、ラストシーンなど一部本編との違いも見られます。


tag : 絵コンテ 航空機

Star Wars Storyboards: The Original Trilogy

Star Wars Storyboards: The Original TrilogyStar Wars Storyboards: The Original Trilogy
Joe Johnston, Nilo Rodis-Jamero
J. W. Rinzler (編)(ISBN: 978-1419707742)

「スター・ウォーズ」の絵コンテはこれまで「Art of」にちょこっと掲載されたりしてましたが、1冊まるごと絵コンテです。しかも待望の旧3部作です。既発売の新三部作の絵コンテ集「Star Wars Storyboards: The Prequel Trilogy」よりも推す理由、それはプロダクション・デザインも担当し、数々の傑作メカを生み出したジョー・ジョンストンが多くの絵を担当してるからです。ジョンストンはILM創立からのスタッフで、「スター・ウォーズ」だけでなく「アイアン・ジャイアント」のデザインも担当してます。「ミクロキッズ」「ロケッティア」「遠い空の向こうに」「キャプテン・アメリカ」などの監督としても有名です。この本には15人のストーリーボード・アーティストの絵が掲載されてますが、ジョンストンは1/3くらいあります。それだけビジュアル面での貢献度が高いんです。しかもジョンストンの絵はホント、カッコイイです。洋書ですが中身は絵コンテなので翻訳なくても平気ですよ。絵コンテと言えば、


続きを読む

tag : 絵コンテ

The Art of Drew Struzan

The Art of Drew Struzan
written by Drew Struzan & David J.Schow
foreword by Frank Darabone
Titan Books

ポスター・アートの第一人者ドリュー・ストルザンのハードカバー画集。「レイダース/失われたアーク」から「ヘルボーイII」までお馴染みの40作品。作品ごとにラフ、別案、別パターンなどボリュームたっぷり収録されてる。



Star Wars Visions

Star Wars Visions
Foreword by George Lucas Introduction by J.W.Rinzler
Harry N. Abrams

アレックス・ロス、シド・ミード、ギーガー、メビウス、ビラル… ルーカスが世界中から選んだ絵描き93人のスターウォーズ・アート98点掲載したハードカバー画集。日本人は天野喜孝 、美樹本晴彦、西又葵。フラゼッタが亡くなる前に企画してほしかったなー。マッカリー、ストルザン、生頼画伯など、これまで「スター・ウォーズ」に関わったアーチストは入ってません。40USドルの本が2,741円。 すげーイイ。


tag :

メイキング・オブ・ブレードランナー

メイキング・オブ・ブレードランナー
Making of Brade Runner by Raul M. Sammon
ポール・M.サモン(著), 品川四郎+石川裕人(翻訳) 、ソニー・マガジンズ

初公開から15年後に出た「ブレードランナー」のメイキングに「ファイナルカット」までを加筆した改訂版。R.スコットの映画を構築していく様から、ディレクターズカット公開まで詳しく追っている。その反面、現場での不人気ぶりも凄まじい。巻末付録も豊富で、バージョンの検証やスコットのロングインタビューが面白い。


tag : メイキング

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示