FC2ブログ

『最後のジェダイ』のフォーマット

別に『最後のジェダイ』って期待してるわけじゃないんだけど、IMAXフィルムは国内で観れないし、IMAX Laserは大阪でしか観れないし、都内で観るなら1.90 : 1のIMAXが最適な画面比なわけで。だったらTOHOシネマズ新宿のシアター12で観たい!
てことで『スター・ウォーズ』を初めてIMAXで観ることにしたけど、そもそもIMAXの画面比で『スター・ウォーズ』って違和感ある。じゃあDCPで観りゃいいって話なんだけど、IMAX映画として作っちゃってるから、2.39 : 1のDCPだと天地が結構欠けちゃう。そもそも、3種類もあるってどうよ?って話。
starwars_AR.jpg
これまでの『スター・ウォーズ』初回はどこで観たか思い出してみると、
  1. 『スター・ウォーズ』中日シネラマ劇場(スーパーシネラマ)
  2. 『帝国の逆襲』テアトル東京(スーパーシネラマ)
  3. 『ジェダイの復讐』有楽座(70ミリ)
  4. 『スター・ウォーズ<特別編>』日比谷スカラ座
  5. 『帝国の逆襲<特別編>』日比谷スカラ座
  6. 『ジェダイの復讐<特別編>』日比谷スカラ座
  7. 『ファントム・メナス』日本劇場
  8. 『エピソード2 クローンの攻撃』日劇1
  9. 『エピソードIIIシスの復讐』日劇PLEX1
  10. 『クローン・ウォーズ』新宿バルト9
  11. 『フォースの覚醒』新宿ピカデリー
  12. 『ローグ・ワン』TOHOシネマズ新宿

中日シネラマやテアトル東京はスーパーシネラマつっても、70ミリフィルムをリボンスクリーンに映しただけなんだけど、IMAXよりは『スター・ウォーズ』に相応しかった。

tag : 劇場 IMAX

『ダンケルク』のフォーマット

大画面&フィルム大好きノーランの『ダンケルク』の劇場フォーマットは6種類。このうち日本で上映されるのは4種類。『ダンケルク』は75%をIMAX70mmフィルム、25%をパナビジョン65mmフィルムで撮影・編集してる。
画面比だけで比較するとIMAXがいかに縦に広いかよくわかる。
dunkirk_AR.jpg
解像度の比較は、

続きを読む

tag : 劇場 IMAX

駅前IMAX

IMAX画面比

明日オープンの品川のIMAX、復活というより新生だね。スクリーンサイズがわからんけど、都内最大ってことは成田(14m×24.5m)よりはちっさいはず。

元のフィルムIMAXシアターを通常劇場に改装したときに、スクリーンを16m×22mから6.7m×16.5mに小さくしちゃってるけど、横を22mに戻したとしてもデジタルIMAXは16:9なので縦は12m。なので4:3のIMAXが復活するわけではないです。しかも2Kだし。デュアルだから合わせれば4Kか…

期待の池袋のレーザーIMAXシアターは18m×26mで日本最大、4:3で4KなのでガチのIMAX。でもオープンは2019年。

tag : 劇場 IMAX

シネマライズ

シネマライズ渋谷
シネマライズが2016年の正月番組で閉館だと。シネマライズの前売り半券を並べてみた。ハズレがないと言うか、満足度の高いタイトルがほとんど。

1986年開館。初めて行ったのは翌年の「ブルー・ベルベット」かな。この頃はまだ1スクリーンだった。96年、2スクリーンになってミニ・シアターブーム到来。「トレイン・スポッティング」「ファーゴ」「ビッグ・リボウスキ」「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」「ビヨンド・ザ・マット」「アメリ」を観た。2004年に3スクリーン化されて「ロスト・イン・トランスレーション」「リボルバー」「レスラー」を観た。2010年に1スクリーンに戻ってからは行ってない。
2001年の8月、「ビヨンド・ザ・マット」を観に行ったらすげー行列でびっくりしたんだけど、ぜーーーんぶ「チアーズ!」の客だった。

tag : チケット

ニュー東宝シネマ

ニュー東宝シネマ
有楽座になってから行ったことないわ。でもニュー東宝シネマ時代はよく行ったよ。2004年のT.ジェーン版「パニッシャー」が最後だったな。他にここで観たのは「隣のヒットマンズ2」「ランダウン」「テキサス・チェーンソー」「バリスティック」「ワイルドスピードX2」「ブレイド2」「ロードキラー」「ダンジョン&ドラゴン」「ピッチ・ブラック」「アンツ」「グリード」「モノリス」…アクション&ホラーばっかしって凄くない?
ニュー東宝シネマ1時代は、地下にニュー東宝シネマ2があって、そこで「ファンタジア」とか「ヘビーメタル」観たなあ。

tag : チケット

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示