夜明け告げるルーのうた

Lu over the wall(2017)107分

Lu over the wall線細っ!アバンタイトル長っ!湯浅さんは宮崎さんを目指してるのかと思ったけど、後半は湯浅テイストが炸裂してバカ盛り上がって映画としても面白かった。『ポニョ』よりは湯浅版『パンダコパンダ』みたいで楽しい。アンチ人魚の人たちを描いてるのがいい。忌まわしい過去の真実が明かされるカタルシスもあった。人魚に噛まれると人魚になるってゾンビかよ!光を浴びると死ぬってヴァンパイアかよ。あと泳いでも乱れないトイプーのパピーちゃん。

ルーのキャラデザは気色悪くて好きになれんかった。Flashアニメとしては極上。手間がかかってる。すげえ背動もあるし。原画は紙で動画以降がFlash。原画マンは豪華だったので芝居は安心。クレジットによるとFlashアニメーターは16人。

tag : アニメーション

サー・ロジャー・ムーア

170524.jpg
絵を描くのが好きだったロジャー・ムーアは、ロンドンのソーホーにあるアニメ制作会社に就職した。アニメーターだったかどうかはわからんけど、セルを台無しにした件でクビになっちゃった。

そこで彼のお父さんが映画監督のブライアン・デスモンド・ハーストと知人だったので紹介してもらって仕事を得た。

それが1945年公開の『シーザーとクレオパトラ』のエキストラだった。これがきっかけで演技の道に進んだ。R.I.P.

tag : 昭和 チケット 訃報

『デッドプール』はラブストーリー

Deadpool(2016)108分

Deadpoolオープニングから凝った映像にふざけた味。ギャラとりすぎの役立たず監督+少ない予算?でもしっかり作り込んだコメディだった。ヒーロー映画の茶化し方がおもろいし、ヒーロー否定もする!

アクションはハデでシャープでカッコいい。両手にデザートイーグルでトリッキーな銃撃三昧。赤は血が目立たなくてよい。デッドプールは映画に出てて、客は映画を観てる前提。第四の壁を破って語りかけてくるぞ。バッグ一杯の銃器を使うかと思ったのに。

「ワム!」だよ!ラストはヒュー・ジャックマンからの『ケアレス・ウィスパー』。『エイリアン3』のリプリーことウォーヘッドチャン、イイ!エンドタイトルのアニメーションが面白い。そしてクレジット後はてっきりドピンダーのその後かと思ったら「早く帰れ」って言われたw。ケーブル?続編も楽しみ〜。

続きを読む

tag : フランチャイズ コミック ヒーロー 拷問 人質 DCEU 救出 コメディ

憧れの街『ズートピア』

Zootopia(2016)108分

ZootopiaTCX、字幕で観た。『48時間』の動物版だろうと思ってたら、それだけじゃなかった。『ジャイアンツ』も入ってた。意外にも偏見と差別からのマイノリティの排除って重い内容なんだが、物語の作りがうまいので楽しく観れちゃう。

キツネは確かにずる賢いイメージだが、ウサギとカメのウサギはどうよ。泣けるシーンは3つ。ジュディがズートピアに列車で来るシーン(ルーフが濡れたり!)、かわうその奥さんが懇願するシーン、ジュディが愚かな自分に気付いてニックに謝罪するシーン。

動物の演技がすばらしい。デザインも含めて、ディズニーらしさがよく出てた。陸運局のフラッシュが好き、笑った。

続きを読む

tag : バディ 鉄道 アニメーション 警察 クライム 人種差別

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示
pictlayer