FC2ブログ

メイキング『ダーククリスタル: エイジ・オブ・レジスタンスの裏側』

The Crystal Calls
The Crystal Calls - Making the Dark Crystal: Age of Resistanc(2019)82分

The Crystal Calls監督:ランダル・ロッブ
出演:ブライアン・フロウド、トビー・フロウド、リサ・ヘンソン、ジェフリー・アディス、タロン・エジャトン、ナタリー・エマニュエル、ジェイソン・アイザックス、サイモン・ペグ、エリック・ウィルソン、ダニエル・ペンバートン、シェリル・ヘンソン、ルイ・レテリエ

Netflixの『ダーククリスタル: エイジ・オブ・レジスタンスの裏側』見た。メイキングドキュメンタリーなんだけどめちゃめちゃ感動した。

ブライアン・フロウドの参加。37年前と同じく膨大なデザインをしてる。しかもジム・ヘンソンの好みやスタイルも熟知してるから前作と違和感がない。そしてすべてゼロから作り込んでる。芸術の集大成の塊みたいな。これはとてつもないこと。

なんとパイロット版ではゲルフリンがCGアニメだった。だからアクロバティックなアクションこなすけど、コレじゃない!結局ゲルフリンもパペットになるわけだけど、質感がリアルなのは当然として、細かな表情芝居もパペット(手+アニマトロニクス)の方がいいとは。置いてあるパペットは人形なのに、パペッターの人が操ると命が吹き込まれる!すごい演技力を発揮することに感動。

テクノロジーの進歩でVFXやアニマトロニクスが加わったけど基本的に37年前と同じメイキング。ちゃんと受け継いでるジム・ヘンソン・スタジオ!これはすごいと思った。当時の映画作りを再現することで最新の映画を作ってしまう。アニメ業界では37年前の技術は過去のもので、引き継がれず埃かぶって廃れていくだけなのに。

続きを読む

tag : Netflix メイキング TVシリーズ

1000年前の『ダーククリスタル: エイジ・オブ・レジスタンス』

The Dark Crystal: Age of Resistence
The Dark Crystal: Age of Resistence(2019)1シーズン全10話

The Dark Crystal: Age of Resistence監督:ルイ・レテリエ
VFX:DNEG
音楽:ダニエル・ペンバートン、製作:ジム・ヘンソン・カンパニー
出演: タロン・エジャトン(鈴木達央)、ナタリー・エマニュエル(東山奈央)、ドナ・キンボール(八百屋杏)、アニャ・テイラー=ジョイ(伊藤静)、ジェイソン・アイザックス(広瀬彰勇)、ヘレナ・ボナム=カーター(くわばらあきら)、サイモン・ペグ(深増祐一)

映画版のリメイクかと思ったらプリクエルだった。なのでゲルフリンがいっぱい出る!7種族!懐かしさと新鮮さでいいシリーズだった。作り込みがすごい。表情芝居が緻密。石の守護者ロアが好き。

第5話から俄然面白くなる!ゲルフリンは反乱軍とスケクシス従属の2派に分かれる。小さな反乱軍が大きくなっていき、最終話でバトル。ガーシムが1体誕生したとこで終わる。てことはもう1シーズン作れるじゃん。

続きを読む

tag : ファンタジー 特撮 TVシリーズ Netflix

2013年の『モリーズ・ゲーム』

Molly's Game
Molly's Game(2017)140分

Molly's Game監督・脚本:アーロン・ソーキン
原作:モリー・ブルーム『モリーズ・ゲーム
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン、音楽:ダニエル・ペンバートン
VFX:Mr. X、モーション・グラフィックス:Alphonse Swinehart
出演: ジェシカ・チャステイン(佐古真弓)、イドリス・エルバ(斉藤次郎)、ケビン・コスナー(内田直哉)、マイケル・セラ(小野賢章)

Netflixで見た。スキー選手からポーカールーム運営に転身して成功したモリー・ブルームの実話。父親によって文武両道に育てられたが、『アンブロークン』みたいにオリンピックに出場し損ねて、『ハスラーズ』みたいに金儲けの才能を発揮して金持ち男から大金を稼ぐ。そして転落の人生。

すげーテンポいいし、見せ方がいちいちカッコいい。インフォグラフィックの多用もモリーのキャラクターにピッタリ。泣けるのはNYに父親が会いに来るシーンと判決の瞬間。ジェシカ・チャステインがうますぎて見応えあった。イドリス・エルバの弁護士もよかったー。

星一徹ばりのスパルタオヤジはケビン・コスナー、出番は少ないけど物語上、重要な人物。Xはスコット・ピルグリムだ。NYの客で『ストレンジャー・シングス』のスティーブ!

続きを読む

tag : 実話 クライム LA NY FBI

2008年の『ハスラーズ』

Hustlers(2019)110分

Hustlersr監督・脚本:ローリーン・スカファリア
原作:ジェシカ・プレスラー『The Hustlers at Scores
撮影:トッド・バンハザル
出演:コンスタンス・ウー、ジェニファー・ロペス、カーディ・B、キキ・パーマー、ジュリア・スタイルズ、リリ・ラインハート、マーセデス・ルール

有楽町よみうりホールへ。列の最後尾につく。18時に列が動き出す。後ろに並んでる人たちが持ってる試写状が青い!自分のは紫なのに。え、朝日ホールやん!無意識によみうり来て並んどったわ。ここは『イントゥ・ザ・スカイ』だと。エレベーターで1階に降りてビックからマリオンへ。エレベーターで11階へ。『ハスラーズ』のっ試写はこちら。

『ショーガール』や『バーレスク』みたいな映画かと思ったら、『グッドフェローズ』な犯罪ドラマだった!しかも明るい実録もの。大雑把だけどいいシーンもある。クリスマス・パーティーのシーンが好き。ジェニファー・ロペスがイイ!50歳でポールダンス!みんなの憧れラモーナ姉さん。そのモデルのサマンサ・バルバッシュに訴えられたそうだけど。

主人公は真面目なデスティニー。ラモーナ姉さんとの最強コンビのはずが、結構曖昧でモヤモヤする。お金の流れも。カードをリーダーに通すショットは気持ちいい。おばあちゃんは『デアデビル』『アイアン・フィスト』のマダム・ガオ。「フランキー・ヴァリとダンスを踊ったことがあるわよ」が大ウケ。

続きを読む

tag : 実話 クライム 警察 コメディ NY

『ドラキュラ伯爵』

dracula.jpg
Dracula(2020)1シーズン3話

Dracula原作:ブラム・ストーカー
脚本: マーク・ゲイティス、 スティーヴン・モファット
音楽:デビッド・アーノルド
出演: クレス・バング(山路和弘)、ドリー・ウェルズ(加藤有生子)

Netflixで見た。BBC制作のドラキュラドラマ。いろんなドラキュラ見てきたけど、このドラキュラ伯爵はとにかくよくしゃべるwおしゃべり好きなおっさん。

第1話「怪物の定め」は迷宮編。HBO『ウエストワールド』のジョニー・キャンベルが監督。よかった。そうきたか!って感じ。ハーカーさん、迷ってる割にちゃんと戻ってるし。アガサ率いる修道院の尼さんたち、カッコよかったけどあっとゆーまに餌食に。修道女アガサはいいねえ。さんまに似てるけどヘルシングなんだ!
第2話「血塗られし航海」は『ラッキーナンバー7』のポール・マクギガンが監督で、まあ面白かった。
第3話「闇の羅針盤」は花嫁編。つまらんかったなー。いろいろがっかり。つながり上おかしいとこあるし。

tag : ホラー TVシリーズ クリーチャー

1943年の『不屈の男 アンブロークン』

Unbroken
Unbroken(2014)137分

Unbroken監督:アンジェリーナ・ジョリー、脚本:コーエン兄弟、リチャード・ラグラヴェネーズ、ウィリアム・ニコルソン
原作:ローラ・ヒレンブランド
撮影:ロジャー・ディーキンス、音楽:アレクサンドル・デスプラ
VFX:ILM
出演:ジャック・オコンネル(岩田翼)、ドーナル・グリーソン(野島裕史)、ギャレット・ヘドランド(石田登星)、MIYAVI(土田大)、フィン・ウィットロック(加瀬康之)

Netflixで見た。監督はアンジェリーナ・ジョリー、脚本はコーエン兄弟。東宝東和が国内配給を断念した問題作。前半の漂流、後半の収容所と気が重くなる。明るい材料はB-24がたっぷり見れること。渡邊睦裕の鬼畜行為は惨すぎるのか、目を背けたくなるような描写なしに、厳しさに立ち向かうルイを引き立ててた。捕虜たちが憔悴しきってて、見た目ガリガリだった。

主人公のルイ(1917.1.26 - 2014.7.2)はB-24の爆撃手。エンジントラブルで海に墜落。サメの海を45日漂流して日本軍に拾われ、大森捕虜収容所へ。今の平和島競艇場、東京オリンピックで来るはずだった東京で味わう地獄の捕虜生活。ここで鬼畜所長、バードこと渡邊睦裕(1918.1.18 - 2003.4.1)に目をつけられて虐待され続ける。捕虜全員が1発ずつルイを殴るってゆー歓迎。「私を見ろ!」って言ったり「私を見るな!」って言ったり。直江津収容所に移送されて再び渡邊の監視下に。炭鉱で強制労働。最後に、長野オリンピックで80歳のルイが直江津収容所付近を聖火ランナーで走る映像が流れる。

大森捕虜収容所


直江津収容所

続きを読む

tag : WWII 実話 航空機 昭和 日本 サバイバル 場所

1914年の『コールド・スキン』

Cold Skin
Cold Skin(2017)108分

Cold Skin監督:ザヴィエ・ジャン、脚本:ヘスス・オルモ
原作:アルベール・サンチェス・ピニョル『冷たい肌』
撮影:ダニエル・アランヨ、音楽:ビクトル・レイズ
VFX:エル・ランチート
出演:レイ・スティーブンソン、デビッド・オークス、アウラ・ガリード

Netflixで見た。1914年、老灯台守しかいない島に気象調査員がやってくる。景色はいいし、夜になると海から半魚人が襲ってくるし退屈しない。それもラゴンやギルマンみたいに単独でなく大群!ゾンビの群れみたいに襲ってくる半魚人ものって意外となかった!これを毎晩撃退しなくちゃならんから忙しい。なかなかのゴア描写。

灯台守がおとなしい女半魚人を飼い慣らしてる。気象庁調査員がアネリスと名付けると情が湧く。知性も愛情もあって人間的な生物だとわかる。灯台守はイカレてて、アネリスを虐待するし、群れを大量虐殺するしで、残虐度アップ。アネリス逃がして半魚人と和解すればいいのに、って思いつつ。

続きを読む

tag : サバイバル ホラー 時間 クリーチャー

『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』

Scott Pilgrim vs. the World
Scott Pilgrim vs. the World(2010)112分

Scott Pilgrim vs. the World監督:エドガー・ライト、原作:ブライアン・リー・オマリー
脚本:マイケル・バコール&エドガー・ライト、撮影:ナイジェル・ゴッドリッチ
音楽:スコット・ボマー、VFX:DNEG
出演: マイケル・セラ(水島大宙)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(本田貴子)、キーラン・カルキン(野島健児)、クリス・エヴァンス(間宮康弘)、アナ・ケンドリック(大倉彩)、アリソン・ピル(冠野智美)、ブランドン・ラウス(松田健一郎)、ブリー・ラーソン(楠見藍子)

Netflixで見た。この邦題だと普通は見ないけどエドガー・ライトだから見とかないと。この攻めすぎた演出はすごい楽しかった。バトルは『ドラゴンボールZ』、回想は原作絵の2Dアニメーション、擬音や効果線。あとゲームの引用多数。

ScottPilgrim1.jpg
画面分割
ScottPilgrim2.jpg
擬音とショック
ScottPilgrim5.jpg
流し背
ScottPilgrim3.jpg
アニメーション

続きを読む

tag : アクション コメディ コミック 格闘

1975年の『ルディ・レイ・ムーア』

Dolemite Is My Name
Dolemite Is My Name(2019)95分

Dolemite Is My Name監督:クレイグ・ブリュワー、脚本:スコット・アレクサンダー&ラリー・カラゼウスキー
撮影:エリック・スティールバーグ、音楽:スコット・ボマー
出演: エディ・マーフィ(山寺宏一)、ウェズリー・スナイプス(江原正士)、キーガン=マイケル・キー(山野井仁)、マイク・エップス(竹田雅則)、クレイグ・ロビンソン(天田益男)、タイタス・バージェス(野沢聡)、ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ(斉藤貴美子)、クリス・ロック(斎藤寛仁)

Netflix映画。 エディ・マーフィの吹替えは山寺宏一。ラップの元祖ドールマイトことルディ・レイ・ムーアが主演作『ドールマイト』を製作する話。エディ・マーフィが出演した『ビッグムービー』に似てるけど、こっちは実話。

映画製作のことはわかってないけど、全財産と版権を手放して借金して主演作を作る。素人が力を合わせて作品を作る過程は熱くなる。黒人の笑いは白人の笑いと違う。『フロント・ページ』を観ても何が面白いのかわからない。逆に映画会社は『ドールマイト』の面白さが理解できない。そして自主上映で観客が劇場に集まってくる!大ウケの観客を見るルディの表情。やったぞ!これをきっかけにディメンション・ピクチャーズが全国配給、大ヒット。プレミアに向かうリムジンの中で「お客が来なくてもオレたち5人は勝者だ」と讃える。劇場には黒山の人だかり!黒人だけでなく白人も大勢観に来てくれて感動した。

Dolemite Is My Name
このラストカットの後、実際の『ドールマイト』のフッテージが。

続きを読む

tag : Netflix 実話 コメディ LA メイキング

2001年の『WASABI』

WASABI
WASABI(2001)95分

WASABI監督:ジェラール・クラヴジック、脚本:リュック・ベッソン
撮影:ジェラール・ステラン、音楽:エリック・セラ&ジュリアン・シュルタイス
出演: ジャン・レノ、広末涼子、ミシェル・ミューラー、キャロル・ブーケ、笈田ヨシ、平田晴彦

Netflixで字幕。インド映画を勝手にリメイクしたフランス映画。ベッソンにしては稚拙な脚本。舞台は日本。18年前の日本ってこんなにやかましかったか?クライマックスの銀行銃撃戦が初台だった。銀行はカシオ本社。ジャン・レノの357マグナムはS&W M686。それと44マグナムはトーラス・レイジングブル、でかっ。着弾すると粉砕するんでなく人が遠くに吹っ飛ぶw。

w001.jpg
ジャン・レノと広末が銀行(カシオ本社ビル)から出てくるショット。当時は玉井病院があって、ココイチはない。うちのマンションもまだ建ってない。いまは玉井病院の看板がなくなって、うちのマンションが見える。西新宿ジャンクションができて橋脚が立ってる。

w002.jpg
クライマックスシーンで警察車両が集まってくるローアングル。

w003.jpg
カシオ本社前に集結した警察。パトカーから銃を構えて降りてくる警官とか、SWAT(SATじゃなく)とか。ほとんど変わりなし。

続きを読む

tag : 警察 日本 コメディ 場所

TODAY
プロフィール

深谷暎作

Author:深谷暎作
A.e.Suck、アクションスター。撮影で無茶して瀕死の重傷を負う。だが、NASAのメディカルスタッフによって人体改造手術、Flashアニメーターとなる。その費用600万ドル。左目はズームツール、右腕はコンテを切り、アニメーションを描くアトミックパワー、そして24FPSで突っ走る超能力の男!

最新記事
カテゴリ
タグ
検索フォーム
最新コメント
リンク
Connect the Movie
RSSリンクの表示